お気に入りの服は大事にしたい

dc4e7037f1b5c2d44eb1aae81e8d85b6_s

画像出典元:写真AC

お子さんがお気に入りの服、
ママや祖母が気に入って着せていた子供服。

 

やはりお気に入りは大切に、長く着ていたいですよね!

 

 

そんな時に重要なのは、きちんと“洗濯表示に合った洗濯をすること”

 

 

ママたちが小さい時に家庭科の授業などで習っていた“洗濯表示”

 

実は、新しく洗濯表示が変わっているのです!

 

 

2016年12月から変わった”新しい洗濯表示”

75dca06eaffb2b73079993604de19d46_s

画像出典元:写真AC

2016年12月1日から変わった”洗濯表示。
今までの絵のような記号や日本語で表記されていましたが、少し記号のようなマークに変化しました。

 

 

なぜ新しい洗濯表示になったの?

98c16508a3146c36d687e2979ea0d376_s

画像出典元:写真AC

前々から国内外ともに統一したいという動きがあったようです。衣料品のグローバル化が進んでいる中で、洗濯方法のみ日本や他の国で統一されていないのも消費者にとっては不便でならないですよね。

 

しかし洗濯表示の統一をしたくても、欧米では自然乾燥させる習慣がなく、洗濯表示もなかったようです。

 

そこから自然乾燥の方法も洗濯表示に追加されるようになり、日本の衣料市場や洗濯事情の変化に伴い“新しい洗濯表示”になったようです!

 

 

簡単にまとめると、

・ドラム洗濯機が一般家庭にも普及され、タンブル乾燥を使うようになり洗濯事情が変わった

・H&MやZARAなど、海外輸入衣料品の需要が高くなった

という2つの背景から

 

消費者がどの商品を買っても洗濯方法が分かるように統一した

 

ということです。

 

 

 

でも、覚えたところでどうするの?

洗濯表示をきちんと理解しているだけで、こんなメリットがあります。

 

メリット1:お気に入りの服を綺麗に長く保てるように

服生地のダメージを減らせ、服のヨレやしわが軽減します。

 

メリット2:シーンに合わせて服を選ぶことができ、手入れも楽に

登園・通学用は汚されるから洗濯しやすいものやノロウイルス対策しやすい塩素系が使えるものなど、色落ちやざっと洗ってしまっても問題ないものを選択できるようになります。

 

メリット3:洗濯での失敗が少なくなる

塩素系など漂白材で色落ちしてしまう、アイロンの温度が高すぎて生地が溶けてしまうなど、あらゆる洗濯失敗あるあるから脱却できます。

 

普段のお買い物や洗濯などの場で活躍するのが、“洗濯表示“です!ここで服を大事にすることで、服を捨てなくても良くなります。

 

フリマなどで販売できないと嘆くことも、買い足すことも必要なくなります。

 

メリットも大きいので、ぜひ覚えておきましょう!!

 

 

 

まだ見慣れない新しい洗濯表示たち

00

画像作成:comona

 

パッと見て、前回と似ているものや意味を想像できるものと
全く何の表示かわからないものもありますよね。

 

 

ここでわかりやすい“新しい洗濯表示”の見方をご紹介します!

新しい洗濯表示の見方
〜洗濯編〜

まずはよく使う洗濯機の表記から

家庭洗濯
Print Print Print

画像出典元:日本規格協会

このマークは前回の洗濯表示でいうと「手洗いする」表示でしたが、
新しい表記では「洗濯機で洗う」になります。

 

記号の下線部の数が増えると、洗う強度を弱くする必要があります。

 

左からいうと、
「普通」「弱く」「非常に弱く」と洗濯機の設定を変える必要があります。

 

 

Print Print

画像出典元:日本規格協会

右は「手洗いする」表示
左は「家庭洗濯できない」表示
となります。

 

 

 

続いては、真っ白にする際やノロウィルスなどで使用する際に見ておきたい表示です。

 

漂白
Print Print Print

画像出典元:日本規格協会

こちらは漂白や塩素系・酸素系の洗剤を使う際に、確認しておきたい表示です。

 

左から
「漂白OK」「塩素系・酸素系OK」「漂白NG」です。

 

漂白や塩素系などを使用する際には漂白したいものと一緒に洗うもの共に表示を確認すると、せっかくのお洋服が変色するということが防げますね!

 

 

 

新しい洗濯表示の見方
〜乾燥編〜

 

タンブル乾燥
Print Print Print

画像出典元:日本規格協会

乾燥機で回す際の温度や使用不可を表すマークです。

 

左から
「80℃設定」「60℃設定」「タンブル乾燥禁止」となります。

 

あまりにも温度設定を高いままにしてしまうと生地へダメージを与えてしまい、形崩れの原因になります。
また、乾燥機の性能以上の容量で乾燥かけないようにしましょう!

 

 

 

自然乾燥

 

日なた・日陰
Print Print

画像出典元:日本規格協会

自然乾燥は外で干し方の表示になります。
上図は「つり干し」です。
左が「日なた」、右が「日陰」と干し方が変わります。

 

 

その他の干し方
Print Print Print

画像出典元:日本規格協会

こちらは左から
脱水してないまま干す「濡れつり干し」
平らな面に置いて干す「平干し」
脱水なしで平らに置く「濡れ平干し」となります。

 

こちらの表示に左斜めの線が入ると、日陰干しになります。

 

 

 

新しい洗濯表示の見方
〜仕上げ編〜

 

アイロン
Print Print Print Print

画像出典元:日本規格協会

アイロンの温度をどれに設定したらいいかの表示です。
左から
「200℃設定」「150℃設定」「110℃設定」「アイロンNG」となります。

 

こちらも乾燥機の温度同様、衣類へのダメージとなるため高温での設定は禁物です!!

 

 

 

消費庁からわかりやすい”洗濯表示一覧”が公表されていますので、ぜひご覧ください。

 

 

新しい洗濯表示一覧

 

 

 

お気に入り子供服を、きちんと綺麗に

80643d5e7615d482827812fc86af23e5_s

画像出典元:写真AC

いかがでしたか?

 

これで買い物する時や洗濯する時の見方がレベルアップすることでしょう。
普段から意識して見てみましょう!

 

洗濯表示を見て、正しい洗濯をすれば
お子さんの服やご自分の服をより長く、綺麗に保つことが可能になります。
ぜひ実践してみてくださいね

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!