pickup_0508_2

ライトボックスとは?

 

 

海外のインテリア雑貨で大人気のアイテム。シネマボックス、シネマライトボックスとも呼ばれています。

 

光を放つボックスに自分の好きなアルファベットやメッセージを並べ、飾るだけでオシャレでレトロな雰囲気が演出できる今注目のアイテム!

 

日本でもインスタグラムやお部屋インテリア、お子さまの記念撮影のアイテムとしても最近よく見かけるようになり、様々な場面に活用されています!

 

 

今回は、そんなライトボックスの活用法の一部と、ライトボックスを手作りしていらっしゃる方々の作品をご紹介させていただきます!

 

 

 

まずはライトボックス活用法

インテリアに

A post shared by YuKiNa (@kakihome) on

 

お部屋のインテリアとして飾るだけで、インパクト大!パッとライトボックスに目がいきますよね!

 

文字を自由に変えられるので、季節、イベントに合わせて文字を並べ替えられるところも魅力です!

 

 

 

ルームライトに

A post shared by Sayaka (@saaaaayka) on

 

ライトアップして飾ることで、ルームライトとして使用できます!

 

白い光を放つライトボックス。とってもオシャレで雰囲気が出ていて素敵ですね!

 

 

 

キッズルームに

 

キッズルームにもライトボックスを。モノトーンで統一されているオシャレなお部屋にモノトーンのライトボックスがとっても合いますね!

 

 

 

バースデー撮影に

 

バースデー飾りの一部に使用。他の素敵な飾り付けともマッチしていて、とっても可愛くてオシャレですね!撮影の際はライトアップして華やかさもアップ!

 

 

 

月齢撮影に

A post shared by yoshie (@hellohellokatie) on

 

ライトボックスを床に寝かせておくことで、まだお座り出来ないお子様や、寝相アートにも使用でき、オシャレな写真が撮れますね!

 

 

 

案内板に

 

案内板のように使ったライトボックス。一目で何のお写真かがわかりますね!ライトボックスもオシャレコーデの一部に!

 

 

 

ハンドメイド★ライトボックス

6名のハンドメイドライトボックス作成者様から使用する材料や作り方の説明をご提供いただきました。

 

ria.yuduki さんの作品

A post shared by @ria.yuduki on

 

使用材料
  • 100均の写真フレーム
  • (24×18cm使用)

  • コ型ジョイナー
  • (ホームセンターで購入)

  • 白プラ板もしくは白いファイル
  • 普通の透明プラ板
  • 両面テープ
  • ハサミ
  • カッター
  • 油性ペン

作製費用

約400~500円


作り方
  1. 写真フレームのサイズに合わせ白いプラ板をカットし写真フレームに両面テープで貼り付ける。
  2.  

  3. コ型ジョイナー6本を写真フレームの横幅に合わせカットする。
  4.  

  5. ②でカットしたものを①の白いプラ板の表面に、3等分(中2列は各2本ずつ使用)になるよう両面テープで貼り付ける。
  6.  

  7. ③で3等分した縦幅に合わせて透明プラ板をカットし、絵や文字を書く。
  8.  

  9. ④で出来上がったもので好きなアルファベットや絵文字を組み合わせて差し込むと完成です。

ria.yuduki さんよりプラスアドバイス

 

写真フレームを重ねると厚みが出るので、その中に100均などでも購入できるライトなどを入れ、ライトアップすると光を放つハンドメイドライトボックスができると思います!

 

 

 

maynum00 さんの作品

A post shared by ルル (@maynum00) on

 

使用材料
  • コレクションケース(セリア)
  • 透明プラ板(セリア)
  • ホワイトカブセ 2.7(1820mm)1本(ホームセンター)
  • アクリル絵の具(白・黒)
  • ハサミ
  • ボンド
  • カッター
  • 油性ペン

作製費用

約700~800円


作り方
  1. コレクションケースにアクリル絵の具を使って好きな色に塗る。
  2.  

  3. ホワイトカブセをコレクションケースの横幅に合わせハサミで6本にカット。
  4.  

  5. ②をコレクションケースの裏面に、レールのように向かい合わせになるようにボンドで取り付ける。
  6.  

  7. プラ板をカッターでカットし、油性ペンでアルファベットを書く。(透明ラベルに印刷して貼り付けてもOK)
  8.  

  9. ④で出来上がったものを差し込んで出来上がり♡

 

こちらの作り方を参考にされ、ハンドメイドライトボックスをご自身のインスタグラムで投稿される際は、@maynum00 さんのタグ付けをお願いいたします。

 

 

 

888akk さんの作品(2作品)

A post shared by ☆ake☆mi (@888akk) on

 

使用材料
  • ダイソーの木製ボックス
  • ダイソーのサイズ違い(幅が1cmと2.5cm)の細長い木材2本
  • ダイソーの白いカッティングシート
  • 白いペンキ(少量)
  • ボンド
  • カッター
  • ライトボックス用のアルファベット
  • (ネット等で販売されています)


作製費用

本体は約400~500円、ライトボックス用アルファベットは約2,000円


作り方
  1. 木製ボックスの外側の底に白いカッティングシートを貼ります。
  2.  

  3. サイズ違いの細長い木材をボックスのサイズに合わせて、それぞれ3等分にカットし、白いペンキで塗ります(全部で6本)。
  4.  

  5. ②で作った1cmの細長い木材をカッティングシートを貼ったボックスの上下真ん中3か所に均等にボンドでとりつけます。
  6.  

  7. ③の上に2.5cmの細長い木材を重ねてボンドでとりつけます。
  8.  

  9. ライトボックス用のアルファベットを木材と木材の間に差し込んで完成です。

 

 

 

888akk さん直伝
もっと簡単につくれるハンドメイドライトボックス

A post shared by ☆ake☆mi (@888akk) on

 

使用材料
  • キャンドゥの蓋付き小物入れ
  • (マグネットで蓋がしまるタイプ)

  • キャンドゥのウッドアルファベット
  • ダイソーの片面が白いマグネットシート
  • 接着剤
  • 黒いペンキ
  • カッター

作製費用

約500円


作り方
  1. ウッドアルファベットと小物入れの側面を黒いペンキでペイントします。
  2.  

  3. 小物入れの外側、底にマグネットシートを接着剤で貼り付けます。
  4.  

  5. 縦が約1cm、横は小物入れのサイズでカットしたマグネットシートを3本用意します。
  6.  

  7. ③を小物入れに貼り付けたマグネットシートの上下、真ん中の3か所に均等になるよう接着剤で貼り付けます。
  8.  

  9. 横約3.5cm、縦約5cmにカットしたマグネットシートにウッドアルファベットを接着剤で貼り付け、好きなアルファベットを並べ完成です。

888akk さんよりプラスアドバイス

 

マグネットシートは物によってはあまりくっつかない物もあるので、その点だけ注意してください。

 

 

※こちらのハンドメイドライトボックスは後ろは小物入れとしても活用でき、888akk さんは予備のアルファベットを収納されているそうです。

 

img_9056.jpg

画像提供:888akk

こちらの2作品の作り方を参考にされ、ハンドメイドライトボックスをご自身のインスタグラムで投稿される際は、@888akk さんのタグ付けをお願いいたします。

 

 

 

akkii1212 さんの作品

A post shared by aki.☺︎ (@akkii1212) on

 

使用材料
  • コ型樹脂ジョイナー
  • プラバン(透明、ホワイト)
  • マスキングテープまたはリメイクシート(黒)
  • 画用紙(黒)
  • 木の箱
  • タッチライト

作製費用

約800円


作り方

 

インスタグラムにてコメントやDMで直接ご質問ください。

 

akkii1212 さんのハンドメイドライトボックスはライト付きです。

 

作ってみたい!という方は是非インスタグラムにて直接ご質問されてみてください!詳しく教えていただけます!

 

 

 

ayako.anko さんの作品

A post shared by ankom.com (@ayako.anko) on

 

 

ayako.anko さんはインスタグラムで詳しく作り方をご紹介されています!

A post shared by ankom.com (@ayako.anko) on

 

使用材料(全てダイソーのもの)
  • 発砲スチロール
  • (3枚入りのもの)

  • ホワイトマグネットシート
  • マグネットバー4本
  • (3本入りで販売されているので2セット必要です)

  • プラ板
  • 黒板用リメイクシート
  • はさみ
  • カッター
  • 油性マジック
  • 両面テープ

作製費用

約600円


作り方
  1. まず、発砲スチロールを三枚入りのままカッターで好みのサイズに切って(なんなら包み紙もそのまんまで)周りをガムテープでぐるぐる巻いて固定。
  2.  

  3. その上から黒板用リメイクシートで包むようにして巻いていく。
  4.  

  5. 前面両面テープで同じサイズに切ったホワイトマグネットシートを貼り付ける。
  6.  

  7. マグネットバーを4本、均等間隔で両面テープで貼り付ける。
  8.  

  9. プラ板に好きな文字を油性マジックで書いて、マグネットバーのところに差し込むようにして入れていく。完成。

 

こちらの作り方を参考にされ、ハンドメイドライトボックスをご自身のインスタグラムで投稿される際は、@ayako.anko さんのタグ付けをお願いいたします。

 

 

 

img_8900-1-913x1024 (1)

画像提供:maynum00

 

インスタグラムでは #ライトボックス風 のタグで手作りライトボックスがたくさんご紹介されています。

 

今回ご紹介させていただきましたハンドメイドライトボックス、とってもわかりやすく作り方を教えていただきましたが、もっと詳しく。や、ご質問などございましたら、直接作成者様へおたずねください。その際は、『comonaで見た』と一言添えていただけると幸いです。

 

 

購入すると約5,000〜7,000円ほどするものが多いライトボックスも、手作りすることで、自分好みのライトボックスがお安くゲット出来ますよね!材料も100円ショップやホームセンターなどで手軽に揃えられるという点も魅力的です!

 

ライトボックスはいろんな場面でオシャレな演出をしてくれるアイテムですよね!インテリアとして飾るだけでも、もちろんオシャレですが、お子様の記念日や、イベントなどの飾り付け、写真撮影にもライトボックスをプラスすることでさらにオシャレな印象になると思います!

 

ライトボックス皆さまも是非とりいれてみてください♡

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!