A post shared by とん loves Y*M*A (@ton103) on

 

夏になると毎年ブームの、バンダナを使ったヘアスタイル♡頭に結ぶだけでこなれて見えて、かわいいですよね♡

 

でも元気なキッズには、結ぶだけだとすぐにはずれてしまいませんか?

 

そんな時に思い付いたのが、このリボンヘアバンドです。

 

100均のバンダナやスカーフで10分くらいで作れて、ゴムを入れるから外れにくいんです♡

 

もちろん、かわいいのは当たり前♡夏らしいコーデにもぴったりなリボンヘアバンドを作ってみましょう♡

 

 

 

リボンヘアバンドを作ってみよう♡

準備するもの

r2017-05-26_2

画像出典:ton103

  • お好みのバンダナかスカーフ
  • ゴム
  • 手縫いなら針と糸、ミシンならミシン糸

どれも100円ショップでそろうものばかり♡

 

ゴムは髪をくくるようの黒いゴムだと目立ちにくくていいですが、手芸用のゴムでも大丈夫です。今回は家にあった、帽子のあごひもに使った残りの白い手芸用ゴムを使いました。

 

 

作り方

  1. 半分に折ります
  2. r2017-05-26_3

    画像出典:ton103

    三角になるように半分に折ります。

     

     

     

  3. 線を書いて縫います
  4. r2017-05-26_4

    画像出典:ton103

    折った部分から2センチのところに線を引きます。私は100円ショップのしるしつけ用のペンをつかいましたが、鉛筆でもOK!

     

    線を引いたところをミシンか手縫いで縫います。ゴムが通ればいいので、ゆがんでも縫い目が汚くても大丈夫!

     

     

     

  5. ゴムをとおします
  6. r2017-05-26_5

    画像出典:ton103

    ゴムをとおします。わたしは100均でまえに買っていたひもとおしが家にあったので、それを使いましたが、なければヘアピンにくくりつけたらとおせます♡

     

     

    とおしおわったらこんなかんじ。
    r2017-05-26_7

    画像出典:ton103

    ポイント

    ・通し始めのほうは切らないでください!このままで、くくるときにきった方が捨てる部分が少なくて経済的♡

     

    ・通しきった方(ひもとおしをつけていた方)は、抜けてしまわないようにセロテープなどで布の端にとめておいてください。

     

     

     

  7. リボンをつくります
  8. r2017-05-26_8

    画像出典:ton103

    三角の頂点を折り目にむけております。

     

     

    r2017-05-26_9

    画像出典:ton103

    さらに半分に折ります。

     

     

    r2017-05-26_10

    画像出典:ton103

    もうさらに半分!こんな風に細長くなります♡

     

     

    r2017-05-26_11

    画像出典:ton103

    中央にむけて左右からリボンの形になるように折ります。このときにおった大きさで、できあがりのリボンの大きさが変わります!

     

     

    r2017-05-26_21

    画像出典:ton103

    中央に寄せた左右紐状の部分を交差させます。この交差させた部分がリボンの真ん中の部分になります。交差させたひもをうしろにまわして、リボン自体も裏返します。

     

     

    r2017-05-26_22

    画像出典:ton103

    裏側で二本をくくります。長く残してるゴムに注意してくださいね。

     

     

    r2017-05-26_13

    画像出典:ton103

    裏返すとリボンが完成しています♡左右の大きさが違っていたり、柄の出方が気に入らない場合はほどいて直しましょう。

     

     

    r2017-05-26_14

    画像出典:ton103

    子供にあててみて、リボンの大きさもチェックしてみられたらいいですね。(うちはここで少し小さいかなーと思ったので、ほどいてもう少し大きくなるようにくくりなおしました。)

     

     

     

  9. ゴムをくくる
  10. r2017-05-26_15

    画像出典:ton103

    ゴムの短く切っている方のバンダナをすこしくしゅっと上にあげます。あとでゴムの結び目を布のなかに隠したいので、くしゅっとさせた部分をもとにもどすと隠れる部分でゴムをくくります。

     

     

    r2017-05-26_16

    画像出典:ton103

    くくるために、ついに長く残していたもう一方のゴムをカットします。

     

     

    r2017-05-26_17

    画像出典:ton103

    結ぶとこんなかんじで、くしゅっと寄せていない方のゴムがもう一方のゴムより長くなります。くしゅっとしたところをもとに戻して、結び目が隠れることを確認しましょう。

     

     

     

  11. 完成!
  12. r2017-05-26_18

    画像出典:ton103

    できあがり♡私は②の工程をミシンで縫ったので、全部で10分かからずに完成しました!

     

    蝶ネクタイのように、ポロシャツの襟の下にいれてもコーデのポイントになりそう!

 

 

スカーフでもかわいい♡

r2017-05-26_19

画像出典:ton103

100均のスカーフだとこんなかんじにも♡光沢があって、バンダナでつくるのとはまた違った感じになりますね。

 

 

同じく100均のハンカチでも作れるので、同じ作り方でもいろんなヘアバンドが作れそう♡

 

とびきり大きくしたり、小さめでシンプルにもできます。ママのセンスで素敵なヘアバンドを作ってくださいね!

 

 

 

みんなのヘアバンドコーデを見せて♡

シンプルコーデのポイントに

A post shared by Ukari B (@ukarizuku) on

 

こちらはパパのTシャツをワンピースっぽくゆるっと着たコーデ。バンダナリボンがシンプルすぎないこなれ感を演出していますね♡

 

 

 

さりげないリンクコーデを楽しむ

A post shared by *c_s_r* (@c_s_r.1914) on

 

そんなに合わせているわけではないのに、リンク感がだせるのがリボンヘアバンドのすごいところ♡インパクトのつよいアイテムだからなせる技です。

 

 

 

ブラックリボンで甘辛に

A post shared by Misao Kunugi (@misao110) on

 

ブラックのふんわりボリュームのあるリボンが、大人っぽいサロペットによく合っています♡

 

アップヘアにヘアバンドをつけると、おしゃれなだけでなく後れ毛が目立ちにくくて、いいですよね!

 

 

 

ホワイトリボンで夏らしく

A post shared by ♡mami♡ (@ma.iro) on

 

ホワイトのフリルのように華やかなこちらのヘアバンド。刺繍トップス、レースパンツと合わせてガーリーに。女の子なら憧れる、カジュアルだけどかわいらしさもあるコーデです♡

 

 

 

バンダナリボンでマリンコーデ

A post shared by @macomama111 on

 

白いデザイントップスにフリンジデニムと、トレンドを意識したコーデにもバンダナでマリン感をプラス♡ヘアバンドの赤が、モノトーンコーデのいい差し色になっています。

 

 

 

オフショルにカジュアルさをプラスして

A post shared by Rie Momo (@hirimo625) on

 

レース素材のオフショルトップスを、ニット地のヘアバンドでカジュアルダウン。オフショル+デニムのよくあるコーデを自分らしく落とし込んで着こなしていますね!

 

 

 

柄物リボンでおそろ感◎

A post shared by Hikari (@picamama) on

 

同じ柄ではないけれど、どことなくお揃い感があるこちらのワンピースとヘアバンド。カラーがリンクしているから、柄同士でもごちゃつきません♡

 

 

 

リボンヘアバンドでおしゃれを楽しもう♡

18645405_1900828233539753_3238130308658233344_n

画像出典:Instagram@_tomomi18

 

かわいらしくもカジュアルにも決まるリボンヘアバンド♡ひとつ108円で手軽に作れちゃうので、たくさん作ってコーデに合わせておしゃれを楽しみたいですね。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!