夏に美味しいゼリーのおやつ♡

2fbf8ff63d114c0a2dfb0033f109a623_s
出典: 写真AC

だんだんと夏に近づき、冷たいデザートの美味しい季節。そんな暑い日のおやつに、ゼリーはいかがでしょうか♡

簡単に作れるレシピと、みなさんのアイディアをご紹介します。

▶ゼラチンの基本の使い方

ゼラチンには板状やパウダー状など様々な形状があります。
今回は、手に入りやすい粉ゼラチンの使い方についてお知らせしたいと思います。

ゼラチンの量&ふやかす水の量

ゼラチンの分量は、全体の水分量の2〜3%が目安。
ゼラチンは約10分間、水にふやかしてから使用します。ふやかすのに使用する水の量は、ゼラチンの4〜5倍です。

例えば500ccのコーヒーゼリーを作る場合、ゼラチンの分量は約10g、ふやかす水は約50ccとなります。
コーヒーを約60度に温め、ふやかしたゼラチンを溶かします。ふやかすのに50ccの水を使用したため、使用するコーヒーは450ccとなります。
完全にゼラチンが溶けたら、容器に流し入れ粗熱をとって冷蔵庫で冷やします。

ポイント

*ゼラチンは温かい水でふやかすとダマになってしまうので、常温〜冷たい水でふやかすこと。
また、ふやかす時には水をはった容器に粉ゼラチンをふり入れるようにする。
*ふやかしたゼラチンを溶かす際、ゼラチン液を沸騰させると固まりくくなるので、沸騰しないように注意。

こちらを基本に、ゼラチンの量でお好みの固さに調節してみて下さい。

▶おすすめレシピ

みかんの缶詰ゼリー


出典: cookpad

材料(2〜4人分)


  • みかんの缶詰 1缶(総量425g)
  • 粉ゼラチン 小さじ2(7g)
  • 水 大さじ3
  • 砂糖 30〜40g

 

 

作り方


  1. 缶詰を開け、シロップとみかんを分けます。
  2. 水に粉ゼラチンをふり入れて、約10分置いてふやかします。
  3. シロップに砂糖を加えて溶かします。
  4. 小鍋に②③を入れ、加熱してゼラチンを溶かします。沸騰しないように注意し、溶けたら粗熱が取れるまで冷まします。
  5. カップを、1度濡らしてからゼリー液とみかんを入れて、冷蔵庫で1〜2時間冷やして出来上がり。

 

 

jelly_1

撮影者:Misa

100円ショップでも販売されているみかんの缶詰。
大人も子供もお好きな味ですね♡

サイダーゼリー


出典: cookpad

材料(2〜3人分)


  • サイダー 280ml
  • レモン汁 大さじ½
  • 砂糖 大さじ2〜3
  • 粉ゼラチン 5g
  • 水 大さじ2
  • お好みのフルーツ 適量

 

 

作り方


  1. サイダーは常温に置いておく。ゼラチンは水でふやかしておく。
  2. 分量のサイダーから30mlとり、砂糖と合わせ、レンジで30秒かけて溶かす。
    ふやかしたゼラチンも、レンジで30秒かけて溶かす。
  3. 残りのサイダー250mlに②、レモン汁を入れて混ぜ、大きな泡をスプーンでとり、バットに流して冷蔵庫で固める。
  4. ③が固まったら、フォークで潰し、お好みのフルーツや缶詰とゼリーを交互に容器にいれる。

 

 

misa1

撮影:Misa

ゼリーにしても、炭酸が残ります♡
シュワシュワ感が強すぎないので、炭酸が飲めないお子さまでも食べることができます。

▶みんなの作ったゼリー

日向夏ゼリー

A post shared by @mmii.a on

中をくり抜いて、そのままゼリーに。
程よい酸味と爽やかな甘さが特徴の日向夏。
イエローのビタミンカラーで元気になれそうですね♡

苺ゼリー

A post shared by ミカ (@micamama) on

イチゴづくしの贅沢ゼリー♡
普通のゼリーよりも、少しかためにするのが綺麗に型から抜くポイントだそうです。
生のイチゴを使っているので、どこを食べても、イチゴのフレッシュ感を感じられますね♡

コーヒーゼリー

コーヒーゼリーには、たっぷりのクリームが合いますね♡
少し濃いめのコーヒーで作るのがおすすめです。
お子さまには、アイスをのせたり、練乳をかけても♡

クリームソーダゼリー

A post shared by chiro♡nori (@chiro_norikkm) on

こちらは炭酸水にかき氷のメロンシロップを入れたゼリーに、ヨーグルトムースをのせているそう。
懐かしいクリームソーダが素敵に再現されていますね。
お子さまも喜ぶこと間違いなしです♡

しましまゼリー

hirokoさん(@hiiirooo7)がシェアした投稿

グァバと杏仁豆腐のしましまゼリー。
トロピカルで、暑い日にぴったりですね♡

A post shared by hiroko (@hiiirooo7) on

こちらは、ブルーハワイとミルクのしましまゼリー。
涼しげなブルーが夏らしい♡

他にも色々なしましまゼリーを作られている@hiiirooo7さん
綺麗に作るコツを伺いました。

綺麗につくるためのアドバイス

まず大切なのは、しっかり固まらせるためにゼラチンを分量通りにいれること。
また容器に流し入れる際、ミルクゼリーや杏仁豆腐は膜が出来やすいので、静かに丁寧に入れること。
容器に少しでも白いゼリーが付いてしまったら、キッチンペーパーで拭きとり、気泡も潰しておきます。
冷蔵庫にいれる時も、揺らさずゆっくりといれて下さい。

材料を少しずつ冷やしては固めてを繰り返して作るしましまゼリー。
少し手間はかかりますが、キュートな見た目に、テンションが上がりますね♡

ミルクゼリー

A post shared by もこ (@mokoem) on

ミルクゼリーに黄桃の缶詰めを飾って。
飾り方次第で、可愛いバラのデコレーションに♡
おなじ厚さにカットし、外側から並べていくのがポイント。

抹茶ゼリー

A post shared by えいmama (@e.i.m.a.m.a) on

お茶の香りが引き立つ、サッパリとした抹茶ゼリーに、あんこをのせて。
和風なゼリーもいいですね♡
抹茶がダマにならないよう、先に少量のお湯でとき、ペースト状にしておくと扱いやすくなります。

ゼリーケーキ

A post shared by nosj (@nosuke0324) on

大きな型で作ればゼリーもバースデーケーキに。
ケーキが苦手な息子さんのために作られたそうですが、フルーツたっぷりでとっても美味しそうですね♡

いかがでしたでしょうか?
つるんと食べれるゼリーのおやつ♡
みなさんもぜひ作ってみて下さいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!