手作りヘアゴム、作っちゃおう♡

IMG_9430-1024x767

撮影:hiiragi

子供のアイテムって、すぐどこかにいっちゃいますよね。

ヘアゴムも、遊んでるうちにどこかに落としてきたり…。思い切り遊んでる子供に、いちいちヘアゴムくらいで怒ってたら疲れます(笑)

物を大切にするのも大事だけど、やっぱり子供は元気よく遊ぶのが一番。ってことで自分でたくさん作って、いつでも可愛くしてあげられるようにしてみましょう♡

よし!じゃあ作っちゃおう!

自分で作って壊れない?

大丈夫!私が作ったヘアゴムは、娘が使って一年経っても壊れてませんよ♡

ポイントさえ押さえれば、誰でも簡単に作れます!

作り方のご紹介

今回はハロウィンぽい組み合わせで紹介します。

必要な物

16-10-09-09-40-25-544_photo

撮影:hiiragi
  • リボンA13cm
  • リボンB15cm
  • リボンC4cm
  • ヘアゴム(輪でもヒモでもOK)
  • ボンド(乾くと透明になるもの。手芸用がベター)
  • 洗濯バサミ3個か4個

作り方

  1. リボンAとリボンBを輪にしてボンドでとめる。洗濯バサミで挟んでおく。
  2. 16-10-09-09-45-53-834_photo

    撮影:hiiragi

    16-10-09-09-46-30-146_photo

    撮影:hiiragi
  3. リボンCの両端を、写真の用にボンドでとめる。洗濯バサミで挟んでおく。
  4. 16-10-09-09-48-29-508_photo

    撮影:hiiragi

    16-10-09-09-49-34-153_photo

    撮影:hiiragi
  5. それぞれのボンドが乾いたら、下の写真の用に輪の接続部分同士を重ねる。
  6. 16-10-09-09-54-13-476_photo

    撮影:hiiragi
  7. 谷折りにして洗濯バサミでとめる。
  8. 16-10-09-10-00-07-963_photo

    撮影:hiiragi
  9. リボンCを真ん中に重ねて、裏にヘアゴムを置く。
  10. 16-10-09-10-02-29-918_photo

    撮影:hiiragi

    16-10-09-10-02-53-131_photo

    撮影:hiiragi

    ヒモタイプの場合は先に結んで輪にしておくとやりやすいかも。

  11. ヘアゴムを包むように下のリボンCを上へ→上のリボンCの端を折ってからボンドを付けて下へ。
  12. 16-10-09-10-03-18-891_photo

    撮影:hiiragi

    16-10-09-10-04-38-604_photo

    撮影:hiiragi

    16-10-09-10-05-41-150_photo

    撮影:hiiragi

    とめたところを洗濯バサミで挟んでおく。写真を参考にしてね。

  13. 完成♡

16-10-09-15-38-10-256_photo

撮影:hiiragi

半日くらい乾かせば、完全に固まります。ボンドは乾けば透明になるので、はみ出しても大丈夫!

途中で手についたものはウエットティッシュで拭きとればキレイにとれて、洗濯バサミに付いて乾いてしまったものは、ペリペリはがせます。

16-10-09-15-38-18-075_photo

撮影:hiiragi

裏から見たところ。

リボンがずれちゃう!って人は、リボンAとリボンBの隙間に少しだけボンドを足してね♡

ゴムは動いても大丈夫!

ここはしっかり!のポイント♡

ボンドは少ないより多めに!乾燥時間さえしっかり置けば、ガッチリくっついてくれるよ♡

細かいところにボンドが入れられない!って時は、爪楊枝にボンドをとってつけてみてね♪

パターンはいろいろ♡オリジナルヘアゴム

hiiragi1
出典: Photo AC

季節に合わせて作ってみたり子供とリボンを選んでみても楽しい!

いろいろなヘアゴムをたくさん作って
今日はどれにしようかな?

子供もママも、笑顔で行ってらっしゃい♡

hiiragi
comonaライター
7歳の男の子と4歳の女の子と、家族仲良く日々を過ごしてます。
子育ての中で、男子はやっぱり男子なんだなぁ。女子はやっぱり女子なんだなぁ。と、思うこと多々な今日この頃…。
不器用なママでも、パパでもできるようなものをご紹介できたらなと思っていますので、お付き合い頂けたら嬉しいです♪ヽ(´▽`)/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!