安心、安全、低コスト!手作りおやつ

yasai000

離乳食も進み、食べることに慣れてきた8ヶ月ごろから食べれる卵ボーロ。意外と簡単にできるって知ってましたか?

今回はさらにお野菜をプラスして、身体にそしてお財布に優しい手作りボーロをつくりかたを交えてご紹介します!

早速作ってみたくなること間違いなし!大人も美味しく食べれるレシピです♡

材料はこちら

yasai2

三種類各20個ずつできるレシピです。

・片栗粉 60グラム

・砂糖 大さじ1

・卵黄 1個

・粉ミルク 大さじ1

・野菜ペースト(今回は人参、かぼちゃ、ほうれん草各大さじ½ )

お砂糖は、野菜の色を生かすため上白糖を今回は使用しました。口どけにこだわるなら粉砂糖、まろやかな甘みが欲しければ三温糖でもOK。三温糖や黒糖は生地に色をつけますのでお好みで。

粉ミルクも、フォローアップミルクやスキムミルクをに変更可能です♩

早速作ってみよう!

yasai02

まずはオーブンを200度に予熱しておきましょう!

そして、ボールに卵を割り、卵黄だけ取り出します。そこにお砂糖を入れてゴムベラでなじませるように混ぜます。

残った卵白はラップに包んで、輪ゴムで縛り冷凍可能。お菓子作りやスープにどうぞ。

oyasai4

そこに片栗粉と粉ミルクを入れて、さらに混ぜます。ムラのないように押しつぶす感じで!

oyasai5

まとまりのないポロポロとした状態になったら、三等分にわけます。全体が90グラムなので30グラムぐらい。

oyasai05

野菜のペーストを入れて、ソフトキャンディぐらいの硬さになればオッケー!

ラップに包んで10分ほど寝かせます。水分は馴染んで片栗粉が吸うので、少し柔らかいぐらいで大丈夫です。

ベタベタしすぎたら片栗粉を入れて調整して。硬い時は牛乳を少し入れてみましょう。

oyasai06

後は丸めて、200度に熱したオーブンで7分。焼けてからも10分ほどオーブンに入れたまま乾燥させてください。

完成

oyasai07

あっという間に三色ボーロの出来上がり。優しい甘さとサクサク感が後を引きますよ!

手作りなので早めの消費をお願いします♩生地は冷凍可能なので、食べる度に焼いても良いと思います。

完成したボーロを冷凍してみましたが、自然解凍で食べれました!

他にもこんなアレンジが

きなこ

oyasai09

ベースの生地は変わりませんが、三等分にした最後にきな粉小さじ1杯と牛乳を少し。

丸めるのが大変なら棒状にして、包丁でカットすると簡単にたくさん出来ますよ。

甘みが控えめなのでお好みでお砂糖を追加しても。

抹茶

oyasai10

抹茶は小さじ½、そして牛乳で調節を。こちらは板状に伸ばして四角くカット。

色がとても綺麗で、風味も良く大人向けです!

他にもいちごパウダーや紫芋パウダーなどもつかえますね。ゴマを入れても美味しいですよ♡

見た目も楽しい

oyasai11

お出かけにも必需品のおやつ。お子さんがおやすみになってるスキマ時間でちゃちゃっと作って驚かせてみませんか?

また作って!って言われること間違いなし。

あなた好みのボーロを作ってみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!