移動ポケットを作ろう♡

28154708_178355196113730_2947526318830387200_n
出典: Instagram @ym20090713

今や子供たちのマストアイテムとも言える移動ポケット(ポケットポーチ)。
ポケットのない服の日にハンカチやティッシュを入れる目的で使われ始めたものですが、最近では100円ショップで販売されていたり、ハンドメイドでも簡単な作り方がたくさんインターネットで見られることもあり、気軽に手にはいるようになりました。

でも、実際に子供が移動ポケットを使い始めると気になるところがあちらこちら。そこで今回は「簡単さ」より「使い勝手」を最大限に考慮した移動ポケットの作り方をご紹介しちゃいます♡

まずはママたちにアンケート!

32271603_253305848743233_5534974884645437440_n
出典: Instagram @ton.photogram.103

まずはすでに移動ポケットを使っているママたちに、こんな移動ポケットが使いやすい!というポイントを聞いてみました♡

  • 濡れた手でハンカチをとるときに蓋があると蓋が濡れちゃう!→ハンカチ入れには蓋がないほうがいい!
  • ティッシュは出した部分が外にでていると不衛生!→ティッシュのところには蓋が欲しい!
  • タオルハンカチが入るように、少しまちが欲しい!
  • 家の鍵や子供用GPSが付けられるところが欲しい!でも安全面から外からは見えないところに付けたい!
  • ワンピースの日にはポシェットとしても持てるものがいい!
  • ポシェット用の紐は取り外したい!
  • ティッシュ入れが出しにくいと子供が普通のポケットの方にティッシュを入れている→ティッシュが出しやすい方がいい!

今回はこんな意見を参考に型紙を作り、できるだけ簡単な作り方を考えました♡

完成品はこちら!

bag00
Photo by ライター ton103

こちらが今回の記事で作る移動ポケット!蓋、ティッシュ入れ、まち付きハンカチポケット、内向きの(身体のほうに向いた)ポケットで構成された作りにしました。
一つずつ独立したパーツを先に作って、最後に全てのパーツをくっつけるので、隙間時間で各パーツが作れて時短です♡ちなみに私は写真を撮りながらですがトータル1時間かからずに作ることができました!

早速作ってみよう!

用意するもの

bag01
Photo by ライター ton103

  • 布(表地、裏地の二種類)
  • クリップ
  • リボン
  • キーリング
  • 装飾用品

・布…撥水ラミネート加工のものがいいという方も多いと思いますが、今回は洗濯がしやすい薄手の生地を使います。今回の作り方では表地は幅が「110cm」のものを選ぶと裁断が楽になるようにしているので、手芸やさんで布を選ぶ際にラベルに記載されている布幅をチェックしてくださいね!

・クリップ…今回はDAISOの3セット(6つ)入ったものを購入しました!別のカラーもあったので、布と色を合わせるといいですね。

・リボン…今回はポシェット用の紐としてDAISOのベロアリボンを使いました!よく売っている丸紐だと厚みがあってランドセルを背負うと肩が痛いという意見があり、リボンを使いましたが、好みなのでどんな紐でも大丈夫です!

・キーリング…こちらはDAISOのものを使いました。他の100均ではナスカンという表記で販売されているものもあります。

・装飾用…私はDAISOのリボンを使いました!ワッペンやレースでもかわいいですね。

作り方

裁断

bag02
Photo by ライター ton103

布の端に房のようなものが付いているのを「耳」といいます。この耳に直角に、18cmのところで切ります。綿の布なら少し切り込みを入れて布を左右に引っ張ると布を裂くことができるので楽にまっすぐ切れて、布端から出ている糸を取りきってしまえば端の処理も必要ありません!

裂かずにはさみで切る場合は、布端から18cmのところに印をつけてはさみでカットし、ジグザグミシンなどで端の処理をします。
布の幅110cm分、全部18cmで切ってください♡

bag03
Photo by ライター ton103

18cmになった細長い布を切り分けます!

・蓋:28cm
・ティッシュハンカチ入れ:52cm
・内側ポケット:24cm
・フラップ用:5cm
(フラップ用は5cmで切ったものを、三等分に折り、5cm×6cmの布3枚になるようにする。)フラップは、うち2枚がポシェット用のショルダー付けフラップ、残り1枚がリール付けフラップになります。

bag04
Photo by ライター ton103

次に裏地を切ります。
こちらも18cmの幅で、長さ55㎝の細長い形に切ってから切り分けます。
・ティッシュハンカチ入れ:26cm
・クリップ付け紐:5cm
・内側ポケット:24cm

私は裏地も裂いて裁断しましたが、はさみでカットしたところはジグザグミシンで端の処理をしておきましょう!これで布の準備が出来ました!

フラップと紐

bag06
Photo by ライター ton103

まずは三つのフラップとクリップ付け紐を作ります。
布が横長になる形で置き、上下を中央あたりまで折ります。上下を折ったものをさらに真ん中で折り、布の端をミシンで縫います。
フラップ、紐各この行程を行います。

内側ポケット

bag07
Photo by ライター ton103

まずはクリップを付けるようの紐を付けます。
紐の左右五cmのところと、「内側ポケット裏地」の、布の表側、端から1cmのところに印を付けます。そこに紐の端が来るように置き、紐に付けた端から5cmの印のところを縫います。

bag08
Photo by ライター ton103

紐を付けた裏地の上に、「内側ポケット表地」を、布の表が中向きになるように重ねます。(写真では見やすいように端をめくりあげてますが、実際はぺたんと重ねてくださいね)

bag09
Photo by ライター ton103

コの字型に縫います。(縫い目が見やすいように反対に向けました。)布端1cmのところをぐるっと縫います。縫い始めと縫い終わり(黄色い○の部分)は1cm開けて縫うのがポイントです!

クリップ付け紐の左右も、挟んだまま一緒に縫います。
縫い終わったら、角のところが裏返しやすくなるように三角形に切り取ってから裏返します!

bag10
Photo by ライター ton103

端から10㎝のところを折り返して、両端(白い破線)を縫います。
これで内側ポケットは完成!

bag11
Photo by ライター ton103

蓋を作ります。28㎝に切っていたものを半分に折って、左右を縫います。端から1cmのところで縫いましょう!これも黄色い○の部分は1cm開けて縫います。
縫えたら裏返せば蓋は出来上がり!

ティッシュハンカチ入れ

bag12
Photo by ライター ton103

まずは裏地に印をつけます。左端から、1cm、そこから12cm、1cm、1cm、12cmと順番に、前につけた印から計って印をつけます。左端から2本目を谷折、3本目を山折り、4本目を谷折にしてハンカチを入れるためのまちを作ります。

そのままぱたんと2つ折りにして左右を端から1cmのところで縫います。このときも蓋などと同じように縫い始めと縫い終わりを1cm開けて縫います。

bag13
Photo by ライター ton103

表地に印をつけます。先程裏地に印をつけたのと同じ要領で、左から1cm、そこから12、1、1、6、6、6、6、6、6、1cmで印をつけます。左から2番目、3番目、4番目の印のところは裏地の時と同じように谷折、山折、谷折、とじゃばらに折ってアイロンで型をつけておきます。

bag14
Photo by ライター ton103

先程の印の右から2番目のところを山折にして、山折の折り目をの青線の印に重なるように折ります。同じように左から5番目(写真だと一番左の黄色線です)の印を山折にして折り目が青線のところに来るようにします。

bag15
Photo by ライター ton103

こんな感じでティッシュ入れが出来ました!

bag16
Photo by ライター ton103

始めに作っておいたポシェット用フラップ2本を2つ折りにして、左端から1cm(でつけた印でいうと左から1本目の印のところ)のところに重ねます。

bag18
Photo by ライター ton103

クリップ用の紐とティッシュの出し口が中に入るように、ぱたんと2つ折りにして左右を縫います。

写真ではぴょこんと左右に飛び出しているまち針がポシェット用フラップを留めているものです。このフラップ(上から1cmのところにあるはずです)の一番上から縫い始めることで、これまでと同じように、上から1cmをあけて縫う形になります。

bag19
Photo by ライター ton103

裏返すとこんな感じに!ティッシュ入れの後ろに2cmのまちがついたポケットがついた形になっています。このポケットにで作った裏地ポケットを入れたらティッシュハンカチ入れの完成です!

bag20
Photo by ライター ton103

これで3つのパーツが完成しました!ここからはこの3つ(とリールホルダー用のフラップ)を1つにくっつけていきます!

くっつける

bag21
Photo by ライター ton103

まずはリール用のフラップを内側ポケットに留めます。クリップ付け用の紐を一緒に縫ってしまわない様に少し下に引っ張ってよけて、2つ折りにしたリール用のフラップをポケットのうえ端に合わせます。

bag22
Photo by ライター ton103

次にティッシュハンカチ入れを縫うための準備をします。ポケット側の一番下の表地1枚を残して、それ以外の3枚の縫わずにあけておいた1cm部分を手前に折り返して留めておきます。
この一番下の1枚だけをいまから縫うので、他の3枚は一緒に縫ってしまわない様に避ける意味での準備です。

bag23
Photo by ライター ton103

ティッシュハンカチ入れと内側ポケットをくっつけます。を背中合わせにして、上から1cmのところを縫います。

bag24
Photo by ライター ton103

縫い終わったものを広げるとこんな感じ。リール用のフラップもしっかり縫い留められています。

bag25
Photo by ライター ton103

④②のまち針をはずし、一番内側にきている裏地の1枚以外をまたまち針で止めてよけておきます。よけなかった1枚は1cm折り返しての縫い目と縫い代を隠すようにして縫います。

bag26
Photo by ライター ton103

これでティッシュハンカチ入れと内側ポケットはきれいにくっつきました♡同じようにティッシュハンカチ入れと蓋をくっつけていきます。

まずは蓋の一番上の縫わずにあけておいた1cmのところの1枚をよけるようにまち針で留めます。そしてよけずにおいている1枚とティッシュハンカチ入れの一番上のところを重ねて上から1cmのところで縫います。
その後は先程と同じようによけておいた1枚を内側に1cm折り返して、縫い目と縫い代を隠すように端の方を縫ったら全ての縫い目と縫い代が見えなくなって完成です!

仕上げ

bag27
Photo by ライター ton103

ポシェット用の紐を作ります。私は今回ベロアのリボンを使いました。
リボンを好きな長さに切り(子供にあてて長さを決めると確実です。)キーリングの付け根の半円型のところに通します。キーリングが落ちないように輪を作り、リボンの端を折り返して縫います。
同じようにもう片方もリボンにキーリングを取り付けたら完成!

bag28
Photo by ライター ton103

クリップをクリップつけ紐に取り付けます。リール用のフラップはクリップ付け紐の中側を通すと浮きません。

bag29
Photo by ライター ton103

鍵などを付ける「リールホルダー」を付ける時には、リール用フラップに付けて内側ポケットに入れます。

鍵が外から見えていると、悪い人にも「この子のおうちには大人がいない」とばれてしまうので、隠すためにも鍵を落とさないためにも内側ポケットの中に入れておくと安心です。写真のリールホルダーはダイソーのものです!

また、小学生なら持っている子も多い防犯用のGPSもこのフックにかけておくと、なくしたり持っていき忘れることがないので便利ですね。

完成!

bag30
Photo by ライター ton103

これでようやく完成です!

蓋付きティッシュ入れ

bag31
Photo by ライター ton103

折り返して作るので完成のイメージがわきにくいかもしれませんが、最終的にはこんな風に蓋を開けたところがティッシュ入れになります。
少しだけ出ている部分も上から蓋がされるので外向きにぺらぺらなることはありません。

ハンカチは上から!

bag30
Photo by ライター ton103

ハンカチ入れは真ん中に付いていて、上から出し入れができます。蓋やファスナーの開閉をして出すものが多いですが、オープンポケットなのでハンカチをダイレクトにとることができます。まちがついているので、タオルハンカチも◎!

実際につけてみると

46406609_162268524731076_4059365353507563572_n
出典: Instagram @ton103

4才の娘が実際につけるとこんなサイズ感です!ハンカチ、ティッシュ、お出掛けの日には内側ポケットにお財布を入れて持ち歩いています。

紐が簡単に取り外せるので、何種類か紐を作っておくとコーデに合わせて選ぶこともできますね!作業は印付けをしっかりすれば、ファスナー付けなどもなくそんなに難しいところはないので、一時間あれば作れると思います!

こんな移動ポケットも♡

動物モチーフなら子供ウケも◎!

40836815_172848043636802_3924827545314761871_n
出典: Instagram @tomo324__

こちらはくまちゃんをモチーフにした移動ポケット♡ナチュラルなカラーと素材感がほっこりかわいい雰囲気です。
動物モチーフは年齢性別問わずキッズなら大好きな子も多いので、お気に入りのアイテムになりそうですね!毎日使うものだから、子供自身が気に入ってくれるものを選ぶのがマストです。

リバティモチーフなら大人かわいい♡

44458956_192150301671000_1144222918403310498_n
出典: Instagram @ruban_chou05

こちらはリバティを使った移動ポケット♡こちらはオーダーメイド販売もされているそうで、好みのリバティやリボンをチョイスして作ってもらうこともできるのだとか。
子供と一緒にあれこれ相談して決めると愛着もわきそうです。リバティなら子供っぽくないから、キッズがある程度大きくなっても違和感なく使えそうですね!

本当に使える移動ポケットを作ろう! 

bag33
Photo by ライター ton103

いかがでしたか?いろんな移動ポケットが販売されていますが、これ!と言うニーズにぴったりのものって案外なかなか見つかりませんよね。

ちなみに今回の移動ポケットの作り方では布が110cm幅のものを30cm(表地裏地2枚)(今回は18cmしか使わないのですが手芸やさんでのカットの最低単位が30cmからのため)で300円弱、リボン、クリップ、飾り、キーリングが各108円でトータル700円です!

全ての材料はまだ余っているので移動ポケット1つあたりのコストは実際にはそれ以下です!低コストで使いやすくて、デザインも思い通りに作れるなら嬉しいですね♡

なにより毎日持ち歩くものをママが作ってくれたとなると、きっとキッズも嬉しいはず!ポケットのない服の日はもちろん、普段でも持ち歩きたくなるような移動ポケットをぜひ作ってみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!