スワッグ一つでリビングがお洒落空間に♡

swag17
出典: instagram @usako0921

最近よく耳にするようになったスワッグ、気になっているママも多いのではないでしょうか?スワッグとは「壁飾り」を意味し、欧米ではリースとともに伝統的なクリスマス飾りとして親しまれています。

組み合わせ次第で表情に変化が生まれ、世界に一つだけのオリジナルに♡シンプルなのに目を惹く、素敵なスワッグをご紹介しますね!

作り方の基本は動画でチェック!

リースよりも簡単そうに見えるスワッグづくり!シンプルな構造ゆえ、一つ一つのステップをていねいに重ねることがバランスよく仕上げる秘訣です。

まずは作り方のポイントを動画で学び、素材の数を抑えた簡単なタイプからトライしてみましょう♪

自由度の高さもスワッグの魅力

好きな花、グリーンを束ねて

swag7
出典: instagram @keiko7642

スワッグ作りはとてもシンプル。好きな花、植物を組み合わせて、バランスよく束ねれば完成です。季節の花にグリーンを足して、ゴムとリボンで巻いただけでも、十分に素敵!このままドライフラワーにしてもいいですね。

欧米では、魔除けや幸福を呼ぶアイテムとされ、家族が集まるリビングや、玄関に飾られることが多いそう。

ユーカリでシンプルに♡

swag12
出典: instagram @mermaidrose_fujii

洗練されたテイストをお好みの方におすすめなのが、一種類の植物で作るシンプルなスワッグ。花を入れるとどうしても向きの調整が必要ですが、グリーン系ならそれが不要。ほのかに香るユーカリなどがおすすめです!

削ぎ落とされたムードが、かえってお洒落に見えますね。

すっきりフォルムで大人っぽく

swag14
出典: instagram @f.d.y.sacco__

ユーカリにコチア、ヤシャをスワッグを束ねたスワッグは、すっきりとしたフォルムがとってもクール。和室にも合うような、静のムードが漂っていますね。

さりげない存在感も魅力で、飽きることなく長く楽しめそうですね♪

空間に温かみをプラスしてくれるコットンフラワー

swag15
出典: instagram @df.foo

最近人気の高いコットンフラワーは、見た目に愛らしく、空間に温かみをもたらしてくれます。松ぼっくりとの組み合わせは季節感はもちろん、素材にコントラストがあっていいですね!

冬のリビングに飾りたいスワッグです。

紐でつなげてガーランド風に

swag19
出典: instagram @etsuco.k

紐でつなげてガーランド風に仕上げれば、小ぶりなスワッグでも華やかなムードに。窓辺にあしらったり、パーティのデコレーションにもいいですね!インテリアのアクセントになります。

赤のリボンでクリスマスモードに

swag19
出典: 写真AC

リボンを赤にするだけで、一気にクリスマスムードに。赤が主張するので、ちょっとした植物を束ねるだけでもサマになりますね!小さなお子さんと公園に植物を拾いに行って、一緒にスワッグ作りにチャンレンジするのも盛り上がりそうです。

お正月飾りにも♡

swag21
出典: instagram @flowerworkskona

プルームリード、コットンフラワー、古代米、プリザーブドのヒムロスギとユーカリ、ドライのバラの実を使った、存在感のあるスワッグ。ドライのレモングラスをぐるっと巻けばしめ縄風で、お正月飾りにもぴったりですね。

短時間で仕上げられるスワッグ教室も人気!

swag16
出典: 写真AC

最近ではスワッグ教室も人気。短時間で完成させることができるので、持って帰れるのが嬉しいですね♪インスタで自分好みのスワッグから教室を探してみたり、お花屋さんなどでも先生を招いたワークショップが開催されているようなので、ぜひチェックしてみてください。

スワッグは空間にニュアンスを作ってくれる!

swag22
出典: instagram @df.foo

育児や家事に忙しいと、生花を飾る生活と遠ざかってしまいがちですが、スワッグは一度作ってしまえばお手入れ要らず。長く楽しむことができるのでコスパがいいのも魅力です。

今度の週末、スワッグ作りにチャレンジしてみませんか?さりげなく主張するスワッグは、空間に絶妙なニュアンスを生んでくれますよ♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!