余ったおせちを美味しくリメイク

25024462_957161897779745_8514167529197797376_n
出典: Instagram @paruparu1017

元旦から数日食べるおせち料理、飽きてきてしまったり余ることがありますよね。

そんな時に和食なおせち料理を洋風に変えたり、スイーツに変えたり、いろいろなリメイク料理にする事で最後まで美味しく楽しめますよ♡
今回はおすすめなおせち料理のリメイク方法をご紹介します!

スイーツ編

余った甘露煮を可愛い大福に♡

26864931_289513144907417_4316195768860934144_n
出典: Instagram @paruparu1017

おせち料理の定番栗きんとんに使った栗の甘露煮はお持たせスイーツとしてもぴったりな栗大福に変身させてみてはどうでしょうか?

作り方
  1. 白玉粉100g、砂糖30g、水110ccをボウルで混ぜて、レンジで600w3分かける。
  2. よく混ぜてさらに1分くらいレンジにかける。
  3. 熱いので気をつけながら5等分にして片栗粉をまぶしながら広げ、あんこ(20g×5個分)を包む。
  4. ハサミで3cmくらいの切れ目を入れ、甘露煮を押し入れる。仕上げにあれば黒ごまで目をつけるとかわいいです♡

裏ごししてるから簡単に作れるきんとんタルト

14716428_1153053241440796_1475855487093178368_n
出典: Instagram @paruparu1017

裏ごししてあるのでなめらか、手間が省けますね!
こちらは、アーモンドプードルを使ってタルト台を焼いた上に、きんとん、生クリームで仕上げていますが、さらに簡単に市販のタルト台を使ってもOKです!

混ぜて焼くだけパウンドケーキ

12424458_161528300889839_1379202140_n
出典: Instagram @paruparu1017

余りやすいおせち料理の1つ黒豆のリメイクです。パウンドケーキの具材として最後に加えると食べ応えもあるパウンドケーキに♡

作り方
  1. 牛乳100cc、砂糖50g、卵1個、小麦粉100g、ベーキングパウダー3g、溶かしバター50gをボウルで混ぜる。
  2. お好きなだけ黒豆を入れて軽く混ぜ、180度のオーブンで25分くらい焼きます♡

*黒豆の汁はあまり入らないようにしてくださいね!
*抹茶パウダーを加えて和風パウンドケーキにするのもおススメです!

和と洋のコラボが美味しい

12357855_188361718181624_347860738_n
出典: Instagram @paruparu1017

またまた黒豆アレンジ!
こちらはチーズケーキに黒豆を入れています。甘じょっぱいスイーツになり美味しいですよ♡

作り方
  1. クリームチーズ100g、生クリーム100cc、砂糖35g、卵1/2個、薄力粉10g、レモン汁大1をミキサーにかけよく混ぜる。
  2. 型に流し込んだ後、黒豆を上からパラパラっとのせ、170度のオーブンで40分くらい焼きます。

乗せるだけ簡単アレンジ

26066317_151648468951841_1858109487697625088_n
出典: Instagram @uk_yk_

究極の簡単リメイク♡黒豆、栗きんとんをバニラアイスに乗せるだけ!
和風パフェの出来上がりです。普通のバニラアイスが豪華になりますね。黒蜜や抹茶を、かけても美味しそうです!

ご飯編

甘じょっぱくて美味しい

26227935_138098230200943_2892483117476478976_n
出典: Instagram @apin210

トーストに黒豆?!この意外な組み合わせが合うんです!クリームチーズの塩味と黒豆の甘味が美味しいトーストになります。
クワトロフォルマッジに蜂蜜やメープルシロップをかけて食べるようなおいしさが黒豆で楽しめちゃいますよ♡

そのまま煮るだけ和風カレー

26067223_720850538118831_3596102256388210688_n
出典: Instagram @nachico0214

筑前煮を、鍋一杯作る方も多いのではないでしょうか。そんな筑前煮はそのままカレールーで溶いて和風出汁の効いたカレーに♡
いつもとは一味違う楽しみ方になりますよ。具材もよく煮込んであるので柔らかくて食べやすいようです。

ゴロゴロ具沢山なちらし寿司

28157765_210047579731929_8435672891579695104_n
出典: Instagram @paruparu1017

こちらのリメイクはなます、筑前煮を使います。余った筑前煮は細かく切って、なますはそのままご飯に混ぜ込みます!
すると、酢飯を作る事なく、簡単にちらし寿司を作れますよ♡あとは余ったかまぼこで飾れば彩もバッチリです。

最後までおせち料理を美味しく食べよう

e8a4b28df77bd70d789852d9249637e4_s
出典: 写真AC

いかがでしたか?
縁起の良いお料理ばかりだからこそ最後まで美味しくいただきたいですよね。

アレンジ次第でお料理の雰囲気もガラッと変わり、飽きる事なくいただけますよ♡
是非余ったおせち料理のリメイク方法を試してみてくださいね!

paruparu
comonaライター
2歳と0歳の男の子2人のママです!子育てに奮闘しながら、見た目も楽しく元気になれるお料理作りをすることが趣味です。ママ、主婦の目線で皆様に共感してもらえる記事を書きたいです。よろしくお願いします╰(*´︶`*)╯

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!