うつわから食育をはじめよう!

47585262_538700199873424_8271381661898153887_n
出典: Instagram @mushigohan

お子さま用の食器といえば、まずイメージするのはプラスチック!
でも、小さいお子さまだからこそ、陶器や磁器などのうつわを使っていただきたいんです♡

今回は、陶器や磁器のうつわを使うメリットと選び方、オススメの食器セットをご紹介します♪

どうして陶器・磁器がいいの?

大切に扱うことを学ぶ

e8aa9fb6bc04fdb93d3c9dbfb1aaa871_s
出典: 写真AC

割れてしまうのが怖くて、プラスチックのお皿を使っているという方が多いのでは?でも、割れてしまうからこそ、ものを大切に扱う必要があるのです。
割れてしまった場合、両親にとっては手間が増えてしまいますが、子供にとっては学びの機会になりますね♡陶器に比べ、磁器は割れにくくなっているので、気になる方は磁器を選びましょう♪

衛生面で安心

726935df5ef98c88ed6f07cf4d336cfa_s
出典: 写真AC

お子さまのお食事は、キッチンバサミで食べやすくカットする機会が多いですよね。実は、プラスチック製のお皿は目に見えない小さなキズができやすく、汚れが溜まりやすいんです。
清潔なものを使えるのも、陶器・磁器のうつわをオススメする理由のひとつなのです。

本物を知る

26872782_407106356400891_1162419262141235200_n
出典: Instagram @miii1123

土など、自然の素材から作られているうつわ。最近では「木育」をはじめ、小さいうちから「本物に触れる」体験が推奨されています。
陶器特有の、使っていくうちに変わっていく色など、うつわそのものの美しさもお子さまと一緒に楽しめると、より深みのある経験になりそうですね!

選び方のポイントは?

2〜3歳から始めよう♪

46285098_1959131397713951_4793234444109146090_n
出典: Instagram @chelucy921

自分で食べるのも板についてきて、「大人と同じものを使っている!」というだけで、なんだか嬉しくなってしまうお年頃。
「ご飯を食べてくれないのが悩み」というご家庭でも、一緒に新しい食器を選べば、気に入って食が進み始めるかもしれません♡

それぞれ手に持てるカタチ

tableware00
出典: 写真AC

できればワンプレートでなく、茶碗なら茶碗、汁椀なら汁椀とそれぞれ独立した食器がオススメ。「うつわを手に持って食べる」というマナーを身につけることができます♪
スープだけ、ごはんだけ… からでも、手に持てるうつわに挑戦してみましょう!

使いやすいデザイン

13257079_102551213499859_983349080_n
出典: Instagram @macoco1o

自分で楽しく食べるなら、持ち手があるものや、レリーフデザインで凹凸があり、持ち上げたときにすべりにくいデザインを選ぶとストレスが減ります♡
可愛い食器が多いので、パパママもうつわ選びを楽しんじゃいましょう!

オススメ食器セット3選♡

NUPPU


¥8,640(税込・送料別)(2019/1/15時点)

CLICK!!

フィンランド語で「つぼみ」を意味する『NUPPU』は、2児の母であるデザイナーが自身の体験をもとにデザインした陶器。マグカップ、ボウル、お皿、お食事スタイ、スプーンの5点セットは、プレゼントにもピッタリ!
なんと、3年以内なら、割れてしまった陶器は無償で交換できる保証付きなんです♡

ムーミンのうつわ3点セット


¥2,916(税込・送料別)(2019/1/15時点)

CLICK!!

ライスボウル、キッズマグ、ユニバーサルプレートの使える3点がセットになった、ムーミンの磁器セット。
可愛いボックスに入っているのも、なんだかワクワクします♡明るいカラーで、食卓が華やかになりますね!

ミナペルホネン こどものうつわ


¥9,342(税込・送料無料)(2019/1/15時点)

CLICK!!

人気テキスタイルブランド『ミナペルホネン』半磁器の食器セット。やさしい色合いや、手になじむ有機的なフォルムで、眺めているだけでも楽しい気分になります♡
コップはレリーフデザインで持ちやすく、お皿は食べ終わるとちょうちょが現れるのもとにかく可愛い♡

食を通して豊かな心を育む♡

47581840_746714882387948_3145616183505225788_n
出典: Instagram @mushigohan

お食事は“家族で楽しく”がいちばん♡

「食洗機非対応だと洗い物が大変だから、うちはワンプレートにしよう」
「長く使うなら、持ち手はない方がよいかも?」
「子供に食器を投げる癖があるから、落ち着いた頃に始めよう」
などなど、ご家庭に合わせてパパママの負担にならない程度に、【お子さまに本物を教える】体験をさせてあげませんか?

まずはお家にあるものを貸してあげてみてください♡
毎日の食事がお子さまにとって、「心豊かな暮らし」の経験になりますように!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!