体を動かすことが心と脳の発達につながる!

undou222

出典:写真AC

我が子の身体能力を伸ばしてあげたい!と願うママは多いのでしょうか。
自発的に体を動かす習慣が、身体能力はもちろん、心と脳の発達につながるというデータもあるというのだから、
取り入れない理由はなし!

歩き出す前から始められるボール遊びに始め、幼児期に取り入れたい運動や遊びについてご紹介しますね♪

遊具を用いることで様々な感覚が養われる!

ボール遊び

undou36

出典:写真AC

幼児期にスタートできる運動としておすすめなのが、ボール遊び。
転がした柔らかいボールをしっかり掴むだけでも、距離感覚や反射神経を養うことができます。

投げ返せるようになってくると、さらに運動量もUP!
幼児期にボールに慣れて置くことで、サッカーや野球、バスケットなどといった球技のスポーツへ苦手意識を持たずに進むことができますよ。

トランポリン

undou00
出典: instagram @kanooon.1111

運動しているという意識を持たずに楽しめるトランポリン、子供に大人気ですよね。
トランポリンのバウンドを利用して高く飛ぶことで、バランス感覚や筋力を鍛える効果があるんです。

最近では家庭用のトランポリンも人気!
イヤイヤ期など、家の中でエネルギーを発散させるためにもいいですね。

うんてい

undou

出典:写真AC

優れたアスリートが、幼児期から親しんでいたことで一躍脚光を浴びたうんてい。
掴む力で自分の体重を支えることに始まり、交互に腕を伸ばして前に進むという運動は、
身体能力はもちろん、脳をとても刺激するのだそう。

最近では子供部屋やリビングに家庭用のうんていを備え付ける方もいらっしゃるようです!

フラフープ

undou2

出典:写真AC

最近では100均でも手に入るフラフープですが、リズミカルな反復運動が体幹を鍛える効果があると言われています。
また上手に回すためには姿勢を良くする必要があるため、上達するほどに背筋がピンとする効果も。

ちょっとしたスペースがあればできるので、親子一緒に楽しむのも良さそう!
子供の身体能力を伸ばしつつ、ママのエクササイズにもなりますよ♡

縄跳び

undou21
出典: instagram @yuki.freedom.precious

手と脚を別々に動かし、さらにタイミングを合わせてジャンプすることを必要とする縄跳びは、実は高度な能力を必要とする運動。
足腰のしっかりした、幼稚園に入る4歳くらいからスタートするのがおすすめです。

最初は「ニョロニョロへび」などでタイミングを合わせてジャンプする練習からスタートし、一つ一つの感覚をしっかり体で覚えていきましょう。
ボクサーなどのアスリートが習慣としているからも、身体能力につながるさまざまな感覚を総合的に伸ばしていく近道であることが伺えますね。

お手伝いも子供にとっては一つの運動体験に

雑巾がけ

undou24

出典:写真AC

お手伝いを通じて運動体験をさせるのもおすすめの方法。
雑巾がけなどは、足腰も鍛えられますね!

ママが喜んでくれる姿を見たら、嬉しさも倍増♡
天候に恵まれない日など、家の中で体を動かせたい時にぜひ試してみてください。

水遣り

undou23

出典:写真AC

植物への水遣りも、子供にとっては一つの運動体験。
水を貯めた重いじょうろを運んで、狙い定めた場所に水を注ぐという行動は、筋力と集中力を必要とします。

植物を育てることで、責任感も芽生えていいですね!
春に向けて、一緒に球根を植えるところから初めても楽しそうです。

キャンプ

undou26

出典:写真AC

お手伝いが盛りだくさんと言えば、キャンプですよね。
最近では【キャンプで子育て】が注目されるほど、自然の中で過ごす時間は子供にたくさんの経験をもたらしてくれます。

家族の一員として働くことで、達成感も得られ、結束もより強くなるといった効果も。
季節のいい春に家族でキャンプデビューしてみませんか?

日常生活の中に運動習慣を組みこもう!

undou30

出典:写真AC

ママの親世代も親しんでいたであろう定番遊具は、実は子供の身体能力を伸ばすために有効なツール。
楽しく遊ぶ中で、さまざまな感覚を刺激してくれるんです。

運動はパパ担当!と諦めず、公園や家の中で一緒に遊んでみませんか?
日常に運動習慣を取り入れることで、子供と過ごす時間もより豊かになりますよ♪

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!