乳幼児の患者が増加中!

51034565_734782280256342_6060067210740346895_n
出典: Instagram @nao_ume42013

丈夫な骨をつくる栄養素、ビタミンD。それが足りないことで引き起こされる【ビタミンD欠乏症】を聞いたことがありますか?

なんと5年間で子供の患者数が3倍以上にも登っているというデータもあり、離乳食期の子供によくおこる疾患なんです。

ビタミンDが欠乏すると、いったいどのような症状が現れるのでしょうか?どうしてビタミンDは不足しやすいの?ママは不安になってしまいそうですが、少しの心がけで意外と簡単に予防することができるんですよ♡

今回は、【ビタミンD欠乏症】の詳細とともに、予防に効果的なレシピを月齢別にご紹介します!

ビタミンD欠乏症って?

どんな症状が出るの?

photoac00
出典: 写真AC

ビタミンD欠乏症とはその名の通り、ビタミンDが不足することにより起きる症状。
背中の曲がりやO脚など、骨が変形する原因になってしまいます。

変わった歩き方をすることで、離乳食が完了する1歳〜1歳半くらいで気がつくことが多いと言われています。

どうすれば予防できるの?

photoac01
出典: 写真AC

ビタミンDは、適度に紫外線にあたること・食事やサプリメントから摂取することで補えます。
近年の患者数の増加は過度の紫外線対策に原因があると言われています。

低月齢の子供は家にいることも多くなりがちですが、これからの季節はきちんと日焼け止めを塗ってお肌のケアもしてあげたいですよね!
ビタミンDを多く含む「卵・魚・きのこ」などの食事で調整すればリスクなく栄養を摂ることができますよ。

離乳食初期

しらすでスタート♡

50705082_529365424251640_7855780806913563534_n
出典: Instagram @pg_marumaru

まだレパートリーの少ない初期でも食べられる「しらす」。塩抜きするのもお忘れなく!
一般的には離乳食開始から1ヶ月程度で与える方が多いのではないでしょうか?
それまではミルクや、母乳育児の場合はママがしっかり摂取する、短時間の日光浴などで補えると理想的ですね♡

離乳食中期

メカジキに挑戦!

30591196_163069987850564_5093456756332298240_n
出典: Instagram @_yuto_mgmg

メカジキと呼ばれる「カジキマグロ」。
すりつぶしておかゆと混ぜれば、のどごしよく食べることができます♡
比較的早い段階で食べられるようになるので、ぜひレパートリーに取り入れてみてくださいね!

ツナ缶でお手軽に♡

38861223_785205151811416_4569654892943114240_n
出典: Instagram @zonomi_baby

調理が手軽な「ツナ缶」は、ノンオイルのものがオススメです。
パサついて飲み込みにくいお魚も、おかゆ同様ポテトサラダと合わせれば、しっかりなじんで食べやすくなりますよ♡

離乳食後期

栄養たっぷりの卵黄

51088041_386651952139313_3674242067385178294_n
出典: Instagram @_____k124h

中期ごろから摂りはじめる「卵黄」。後期には安心して使える方も増えてくるのではないでしょうか?
アレルギーがなければ、フレンチトーストだと喜んで食べる子も多いですよね♡
手づかみで食べられるメニューなので、朝ごはんにもピッタリです。

手に入りやすい鮭♡

45280347_144032309893228_6189505382199525192_n
出典: Instagram @emmamama1107

スーパーなどで手軽にGETできるお魚の「鮭」。
手づかみ食べブームが始まるこの時期は、ハンバーグにすることで楽しく食べましょう♪
しっかりカミカミする練習にも一躍買ってくれそうですね。

離乳食完了期

キノコを食べ始めたら椎茸を♡

46446813_331848294069038_4672724154244839847_n
出典: Instagram @_____k124h

歯ごたえのあるキノコ類を食べ始めたら、ぜひ「しいたけ」を!
キノコは日光に当てることでさらにビタミンDが増加すると言われているので、保存に便利な「干ししいたけ」を利用してもよさそうです。
鮭と合わせて栄養たっぷりですね♡

しめじもビタミンDが豊富!

50284255_255380598692914_421371543026561927_n
出典: Instagram @_____k124h

好きな子供も多い「しめじ」。
先ほどご紹介した卵(卵黄)と合わせたおじやは、大人も食べたい美味しそうなメニュー♡
卵はどんな野菜とも相性よくなじんでくれますね。旨味の強いキノコで、お子さまもパクパク食べてくれそうです。

ビタミンDをおいしく摂取♪

50275352_545975109240030_2133868415868075905_n
出典: Instagram @nao_ume42013

どれも難しいテクニックは必要ないので、明日からさっそく始められそうなメニューばかりですよね♡

ビタミンDはしばらく身体にとどまるので、含まれた食材を気をつけて摂取するのは週に2〜3回程度で大丈夫なんだとか。1歳半を過ぎると外遊びの機会も増えて日光に当たる時間ものびるので、それまでに比べて心配が少なくなりそうですね。

お家で過ごす時間が長い乳児期は、食事で摂り入れることを少しだけ意識してみてくださいね♡

ビタミンD欠乏症についてもっと知りたい!

Medical Note

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!