手作りの折り紙飾りでこどもの日を盛り上げよう!

kodomo
出典: instagram @kamikey_origami

5月5日はこどもの日。
親戚や親しい友人を招いて、お祝いをするご家庭も多いのではないでしょうか。

せっかくなら素敵に飾り付けをしたいもの。
創作折り紙作家として人気のカミキィさんに、こどもの日にぴったりのお飾り作りを教えていただきました!

作り方を動画で詳しく紹介

鯉のぼり

折り紙デザイン:カミキィ

こどもの日として、まず鯉のぼりを思い浮かべる方も多いですよね。
鯉のぼりは、江戸時代に町人階層から生まれた節句飾り。
清流はもちろん、池や沼でも生息することができる生命力の強い鯉は、どんな環境にも耐え、立派な人になるようにとの立身出世を願う飾りなんです。

住居事情などにより最近では見かけることも減りましたが、折り紙ならお手軽に楽しむことが可能!
大きさの異なる折り紙でいくつか作ったり、柄の入ったものを取り入れてもいいですね♡

かぶと

折り紙デザイン:カミキィ

兜を飾ることは、武家社会から生まれた風習。
身体を保護する道具に、交通事故や病気から守ってくれるようにという願いも込めて飾ります。

兜だけを飾ってもいいですが、手持ちの人形などに被せても。
こどもの日のホームパーティなら、それぞれの席に箸置きとして用意しても良さそうです。

兜くん

折り紙デザイン:カミキィ

兜をかぶったキャラクター“かぶとくん”も、カミキィさんの手にかかれば一枚の折り紙で作れちゃいます。
最後の仕上げに、顔や目鼻はお子さんに描いてもらっても楽しそう!
指人形のように遊ぶこともできますよ。

菖蒲

折り紙デザイン:カミキィ

お雛様が桃を飾るように、こどもの日に飾るものと言えば菖蒲。
菖蒲は古くから解毒作用がある薬草として人々から重宝され、魔除けのお守りであると信じられていました。
現在では菖蒲は飾ったり、身を清めるためにお風呂に浮かべて菖蒲湯に浸かるのが一般的。

深い青紫は高貴なイメージもあり、お祝い事の席にぴったりです。

金太郎1

折り紙デザイン:カミキィ

「まさかり担いだ金太郎〜♪」の歌で知られる金太郎も、健康を願うこどもの日のシンボル。
健やかに成長してほしいという願いが込められ、五月人形のモチーフの一つにもなっています。
ちょっと手順は多めですが、ぜひチャレンジしてみてください♪

ももたろう

折り紙デザイン:カミキィ

ももたろうも、金太郎同様に、わんぱくキッズを重ね合わせたくなるモチーフ。
絵本で知っている子も多いので、飾ったら喜んでくれそうです!
お付きの動物たちは子供に描いてもらってもいいですね。

モチーフを組み合わせて華やかに♡

リース風に

kodomo1
出典: instagram @kamikey_origami

いずれのモチーフも平面なので壁飾りにぴったり。
いくつかを組み合わせて、リースのようにまとめるのもおすすめです。

グッと華やかになって、作品としての完成度もUP!
手の込んだ作品だからこそ、大事に保管して来年も活用させたいですよね。

吊るし雛風に

kodomo5
出典: instagram @kamikey_origami

モチーフを縦に繋げれば、吊るし雛風のお飾りが完成。
玄関など、みんなの目に触れるところに飾りたくなる可愛さですね。
色々な大きさ、柄が一列に並ぶと、視覚的にも面白いです。

想いを込めて世界に一つのお飾りを作ろう♪

kodomo
出典: instagram @kamikey_origami

いかがでしたか?
100均でも手に入る折り紙で、こんなにも可愛いお飾りができちゃうのだからトライしてみたくなりますよね。

立派なお飾りもいいですが、想いのこもった手作りのお飾りは想い出にもなるはず。
折り紙飾りを活用させて、ぜひ楽しいこどもの日をお過ごしください♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!