プールの時、子供の髪…どうしてる?

a2fd87ff231fb8968169807113d44150_m

出典: 写真AC

暖かい日が増え、いよいよプール開きの園・学校も多いのでは?

子供たちはみんな水遊びが大好きでとっても楽しみにしている反面、「うちの子髪が長いんだけどどうしよう…短く切ったほうがいいのかな…?」と悩むママさんも少なくないのでは!?

もちろんショートカットも楽ちんだし可愛いので、切るのも良いかもしれないですが、せっかく伸ばした髪をプールの為に切ってしまうのは勿体無い…!!

そんなミディアム・ロングヘアーの女の子ママさんにおすすめプール用ヘアアレンジをご紹介します♪

現役の先生に聞きました!!
実際にどんなヘアアレンジが良いの!?

プール用ヘアアレンジの悩みといえば…

  • 小さい子は自分でしっかりタオルドライができないから肩や背中が濡れて風邪を引いてしまう
  • 休み時間など限られた時間に着替えるので、そもそも髪を乾かす時間がない
  • まとめたつもりでも、普通のお団子だと水泳帽を脱いだ時に崩れてしまい、結局濡れてしまう
  • (先生側の悩み→)大きいお団子だと水泳帽になかなかおさまらず、かぶるのに時間がかる(自分でかぶれない)

つまり、

  • 崩れにくい
  • 濡れていても水が滴り落ちにくい
  • できるだけコンパクト

以上3つを踏まえたヘアアレンジが向いているということがわかります!
では実際にみていきましょう♪

おすすめは基本のお団子!

おすすめなのがこちらのお団子。
小さくぎゅっと結んでいるお団子ヘアアレンジです!
やり方は簡単!

必要なもの

  • くし
  • ゴム3本
  • (うち2本はできるだけしっかりしたもののほうが崩れ難くなります)

やり方

1_1

Photo by ゆいあいまま
  1. まず、お団子を作りたい位置で結びます
  2. (頭のてっぺんで結ぶのもとっても可愛いですが、水泳帽や通園通学帽がかぶれなくなるので、耳のラインまたは耳より下の位置がおすすめです!)

  3. 三つ編みをします
  4. (できるだけ端まで三つ編みします!)

  5. 最初の結び目にきつく巻き付けるイメージでぐるぐる巻いていきます
  6. ゴムで毛先を挟むようにしてかけてから、お団子が崩れないようにしっかりと抑えながら結びます

完成

1_0

Photo by ゆいあいまま

ポイント

  • 一度結ぶ→三つ編み→お団子が一番くずれにくいので面倒でも一度結んでから三つ編みをする
  • 巻き付けるときはできるだけ小さく硬くを意識すると綺麗にできる
  • 最後のゴムをかけるときに、毛先をしっかりゴムに挟んで崩れにくくする

このお団子に、さらにアレンジを加えるとバリエーションが豊富になります♡

基本のお団子+サイド三つ編み

必要なもの

  • くし
  • ゴム7本
  • (うち2本は仮止め用)

やり方

2_1

Photo by ゆいあいまま

  1. まず、サイドの髪を2つにわけて結びます
  2. 結んだ髪を三つ編みして仮止めします
  3. 後ろの髪と三つ編みにした両サイドの髪をぜんぶまとめて結びます
  4. 仮止めのゴムを外します

★あとは最初に載せた方法でお団子を作ります

完成

2_0

Photo by ゆいあいまま

基本のお団子にサイド三つ編みを加えるだけでとてもおしゃれになるだけでなく、サイドの髪が短くても髪が出てきにくくなります!

基本のお団子+くるりんぱ

必要なもの

  • くし
  • ゴム5本

やり方

3_1

Photo by ゆいあいまま

  1. まず、サイドの髪を2つにわけて結びます
  2. 次に、今結んだところを“くるりんぱ”します
  3. すべての髪を一つにまとめて結びます

★あとは最初に載せた方法でお団子を作ります

完成

3_0

Photo by ゆいあいまま

編み込みや三つ編みに時間がかかってしまう、という人はこのくるりんぱが素早くできるのでおすすめです♡

基本のお団子+編み込み

必要なもの

  • くし
  • ゴム6本
  • (うち3本は仮止め用)

やり方

4_1

Photo by ゆいあいまま

  1. まず、写真のように3つにブロッキングして仮止めします
  2. 最初に真ん中の仮止めを外し、編み込み。そして、サイドの髪も両方編み込みをします
  3. すべての髪を一つにまとめて結びます
  4. 仮止め用のゴムを外します

★あとは最初に載せた方法でお団子を作ります

完成

4_0

Photo by ゆいあいまま

今回は3つにわけていますが、時間があれば2つに分けた両サイドをさらに2つずつ計4つにわけてそれぞれ編み込みをするとまた違った雰囲気になります(^^)

基本のお団子+細かくブロッキング

必要なもの

  • くし
  • ゴム6本

やり方

5_1
5_2

Photo by ゆいあいまま

  1. 片方のサイドの髪を少量とって結びます
  2. 続けて少量とって先ほど結んだ髪ごと結びます
  3. さらに続けて少量の髪をとってまとめて結びます
  4. 結んだ髪と残りの髪をまとめて反対サイドで結びます

★あとは最初に載せた方法でお団子を作ります

完成!

5_0

Photo by ゆいあいまま

カラフルなゴムで結ぶとポップで可愛いですよね♪
さらに細かく分けて、結ぶ回数を増やすと更にカラフルになります!

基本のお団子×2

必要なもの

  • くし
  • ゴム6本

やり方

6_1

Photo by ゆいあいまま

  1. まず、髪全体を2つにわけて結びます
  2. 2つそれぞれ三つ編みをします

★あとはそれぞれ最初に載せた方法でお団子を作ります

完成!!

6_0_1
6_0_2

Photo by ゆいあいまま

お団子を2つにすると可愛さ倍増♡
これはシンプルに2つ結びをお団子にしただけですが、これまでに紹介した三つ編みやくるりんぱや編み込みも同じように応用することができます(*^^*)

この夏は簡単まとめ髪で可愛くすっきり!

02c9a7b9b8f21eb9bb595f001b63925c_m

出典: 写真AC

朝の忙しい時間でも簡単にできるアレンジをご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?(^^)

ちなみに、我が家の娘はとっても汗かきで、髪が首や背中に絡まってすぐ汗疹ができてしまっていたのですが、このプール用ヘアアレンジで毎日通園していたら、髪がまとわりつかずに汗疹もすっかり良くなりました!
汗疹がちなお子さんのヘアアレンジにもおすすめです!

毛量が少ない・髪が細くて崩れやすい・長さが中途半端な人は、できるだけ細かく分けて(ブロッキングして)結ぶと、崩れ難くなります♪

楽しいプールのはずが、髪の濡れっぱが原因で風邪を引いてしまい、大好きなプールに入れない…なんてことになってしまわないように、、
ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです♡

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!