簡単!ファービスチェは手作りできる♡

21224457_116772512357791_6208388682500538368_n
出典: Instagram@47.love_

今年大ブームのファービスチェ♡
プチプラショップでも販売されていたりして、キッズファッションでもよく見かけます。

着るだけで旬な雰囲気になり、秋冬コーデにぴったりなファービスチェは、いろんな形や色があって、いくつもほしくなっちゃいますよね♡

そんなわけで今回はDAISOのファースヌードを使って作れる2種類のビスチェをご紹介します!

100均で揃う!ファービスチェをつくろう♡

使うのはこちら!

fur00
Photo by ton103

今回使うのはDAISOのファースヌード!300円商品で、ふわっふわの手触りと豊富なカラーバリエーションが人気を呼んでいます♡

もちろんそのまま使ってもいいのですが、今回は一個のスヌードで形の違う二着のファービスチェを作ってみたいと思います!ファーのセットアップとして着てもかわいいですよ♡

それではさっそくご紹介!

pattern A:とにかく簡単!筒型ビスチェ♡

fur01
Photo by ton103

使うもの:
・ゴム
・ゴム通し

ベーシックな形の筒型ビスチェはとにかく簡単!一番上にはゴムを通しているので、ベアトップ型で着やすくなっています!こちらはスカートとしても着用できる2way仕様♡

作り方

  1. ザクッとカット!
  2. fur02
    Photo by ton103

    こちらのスヌードはぐるっとひねられたようなデザインになっているから、まずは輪を切ってひねりを元に戻します。

  3. 横幅を決めます!
  4. fur03
    Photo by ton103

    子供に巻き付けて、胴回りを決めます!あとでゴムをいれてフィットさせるので、あまりぴったりにはせずに、脱ぎ着できるくらいのゆとりを持って切ってくださいね!

  5. ゴムをとおす部分をつくります!
  6. fur04
    Photo by ton103

    ここまでで、左右がカットされた細長い筒状になっていると思います。こんな風に横長になるように置いて、上から三センチほどのところを縫います!

  7. 脇を縫います!
  8. fur05
    Photo by ton103

    の状態から長い辺を2つに折って、さっき縫った縫い目から下に向かって縫います!縫った部分の端は、ジグザグミシンで布端の処理をするとファーの毛が抜け落ちにくくなりますよ!

    一番上の部分からゴムを通すとできあがり!ゴム通し口はぬってしまわないように(この画像のオレンジの点線みたいに、一番上まで縫わずの縫い目までで止めるように)気を付けてくださいね!

完成!

fur06
Photo by ton103

裏返して着るとこんなかんじです!裏も表もファーなのでボリュームがあり、インナーに着ているトップスと段差ができるのがリッチな雰囲気です♡作り付けの「レイヤード風」との違いが一目瞭然ですよね!

pattern B:トレンド感のショート丈ビスチェ♡

fur07
Photo by ton103

使うもの:
・肩紐になるひも(リボンやゴムなど)
・ゴム
・てぬぐい一枚

こちらはAの筒型ビスチェをつくった残りの生地でつくりました!バランスよく着こなしやすいショート丈で、トレンド感もたっぷり♡Aよりは縫う部分は多くなりますが、できるだけ簡単に作れるよう考えてみました!!

作り方

  1. 切って縫って細長いひも状に♡
  2. fur09
    Photo by ton103

    Aので余った部分で今回はつくります!余った部分ではなくても、ファーの生地があれば同じようにできますよ!

    まずは筒状になった上下(青い点線)を切り、細長い布二枚にします。その細長い布のファーの面同士を中向きに重ねて、みじかい面(ピンクの点線)を縫いさらに長細くなるようにします。

  3. 好きな形にカット!
  4. fur10
    Photo by ton103

    の縫い目を子供のからだの側面にあてるように子供に巻き付けてみて、反対の側面で余る分をカットします。あとでそれぞれの端を少しずつ中に折り返すので、そのぶんとして指一本分くらいのゆとりをもってカットしてくださいね!

    それを胸元の形などがすきな形になるようにカット!切り終えたファーの布をてぬぐいに乗せて、同じ形にてぬぐいもカットします!表同士か裏同士が重なるようにしてくださいね!

  5. 上と下を縫います!
  6. fur11
    Photo by ton103

    中に布の表同士がくるように重ねたら、上と下を縫います!縫ったあとは、縫ったところの布の端をジグザグミシンで処理したら安心です♡縫えたら左右どちらかからひっくりかえします!

  7. ゴムをぬいつける!
  8. fur12
    Photo by ton103

    ひっくりかえした、左右の部分に小さく切った(4センチくらいかな?)ゴムを挟んで縫います!両方に挟んでぬうとこんなかんじ!

    fur13
    Photo by ton103

    裏からひっぱってみるとこんなかんじです!ファーの長い毛足のお陰で表からはゴムはみえません!

  9. 肩ひもをつけます♡
  10. fur14
    Photo by ton103

    今回はDAISOのリボンを肩ひもとして使います!場所を合わせて、縫うだけです!

完成!

A post shared by とん loves Y*M*A (@ton103) on

こんなかんじで、サイドのゴムは見えなくなります!ゴムをつけたことで脱ぎ着が簡単にできるようになりました♡他のお洋服はAと同じ感じのコーデにしてみましたが、ビスチェがちがうとやっぱり印象も違いますね!

みんなのファービスチェコーデみせて♡

ワンピースにも♡

A post shared by @moayua__mam on

シンプルなトップスにあわせるというコーデをよく見かけますが、こんな風に花柄のワンピースにあわせてもいまっぽい!
ヴィンテージ感のある花柄がシックなワンピースも、ファービスチェのおかげですこし子供らしいかわいさがプラスされていますね♡

キャメルもかわいい♡

A post shared by Tomoko (@tomomon_nk) on

こちらはキャメルのプードルファーを使ったファービスチェ♡秋らしくてやさしげなカラーがいろんなコーデにあいそうですよね!
プードルファーも、もこもこした質感がナチュラル感があり素敵です。

ピンクなら注目度大!

こちらはママのハンドメイドのピンクのファービスチェ♡ピンクのものはあまり見かけないから、街でも注目されそうですよね!
バックスタイルはベロア素材で作られていておしゃれ!市販にはないアイテムが作れるのはハンドメイドの醍醐味ですね!

モノトーンでクールに!

こちらは毛足がみじかめのファーでできたビスチェ♡7部丈のモックネックトップスやレザーショートパンツと、シンプルなようで実はディティールがおしゃれなアイテム同士を組み合わせた、技ありクールコーデです!
こんなに大人っぽいのに歯が抜けてるのもなんとも言えずかわいい♡

ブランケットをリメイク♡

A post shared by @macomama111 on

こちらのファービスチェはDAISOのシープボアブランケットとラッピング用の蝋引きひもで作られたのだとか!
ひもをうしろでくくって肩ひもを調整するデザインで、サイズ調整ができるのももちろん、肩ひもが落ちてきにくいのもうれしい♡

ファービスチェで旬コーデ♡

A post shared by RINA♡ (@rina0927rn) on

いかがでしたか?
簡単につくれて、かわいいビスチェはigでもよくハンドメイドされている写真をみかけますよね♡

自信のないママでも安く揃えられる材料なら気軽に挑戦できますよ!
ぜひママのハンドメイドでおしゃれを楽しんじゃいましょう♡

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!