aimueさんから学ぶ子供と過ごす四季の残しかた

21480062_327269917744120_4020909676269928448_n
出典: instagram@aimue

子供との毎日の何気ないところを写真に残したいとは思っていても、結局お出かけの時の写真ばかりだったりしますよね。

何気ない、でも季節感のある写真が撮れたら子供の成長とリンクしていい記録にもなりそうだから、季節感のある写真が素敵なaimueさんにあれこれ教えてもらいました!

aimueさんってこんなかた♡

17493802_1732960867034586_9045935925560868864_n
出典: instagram@aimue

二人のお子さんのママで、お子さんたちの、何気ないのに美しい瞬間をそのまま切り取ったようなお写真をigにpostされているaimueさん

そのお写真は鮮やかで、自然で、息をのむほどキラキラしていていつまでも見ていたくなるものばかりです。

写真のセンスは真似できないかもしれませんが、季節やイベントごとをうまく取り入れた写真にはぜひ参考にしたいアイデアがたくさんありそうです!

aimueさんの季節を感じるお写真たち

17495343_395356260849542_4051599523997286400_n
出典: instagram@aimue

春と言えば桜!でも桜の木と子供を撮ろうとすると木の幹や枝が写真の大部分を占めてしまったりしてあまりきれいに撮れないという場合も。

そんな時に参考にしたいのがこちら!ボリュームのある桜の木だったので、そのボリュームがわかるように撮られたというのがこちらの一枚。

見る人が桜の中にいるように感じられるよう子供と少し距離をとり、奥行きをもたせた一枚になっています♡


20225412_2005360226360487_864374408976793600_n
出典: instagram@aimue

夏と言えば海やお祭りなど、イベントごとの写真が増えがちですね。でも子供の何気ない一瞬こそ後から見返すと微笑ましくかけがえのない毎日を思い出す一枚になるのではないでしょうか。

こちらはご実家のお座敷。扇風機で涼むお子さんの表情はとてもリラックスしていて素敵です。


23421271_2035543420052337_8900227712640090112_n
出典: instagram@aimue

秋と言えば紅葉ですね!色づいた葉っぱはそれだけで写真映えする美しい光景ですが、いつもと少し違うお写真を撮るなら、こんな自然な表情をとらえてみてはどうでしょうか?

こちらはなんと歯の抜けたところに葉っぱを入れて遊んでいるところなのだとか!遊んでいるところを撮るとお子さんの柔らかい表情が引き出せそうですね♡


23734907_1864192350577400_7347850412436750336_n
出典: instagram@aimue

雪が降る中、寒そうにしている何気ない姿も写真として瞬間を切り取ると冬らしくて素敵な一枚に♡

たまたま黒い背景にいたので雪が見えやすくて良かったです、とaimueさん。冷えた空気やフワッと巻かれたマフラーの温かさまで伝わってきそうなお写真になっていますよね!

aimueさんにあれこれ聞いちゃいました!

お子さんの自然な表情ばかり、どのように撮られていますか?

16906413_434074156936930_1528104425673981952_n
出典: instagram@aimue

(毎年撮られているというお雛様の前で)

A.普段の生活風景などの自然なところを撮ってます。あとは、遊んだりお話ししながら撮ってます。お話ししながらだと、いま前歯が抜けてる長女の歯抜けばかり見えるし、私も見ちゃうんですが、それも可愛いし、「歯抜けばかり見ちゃう!」と私が言うと、楽しそうに笑ったり、歯を隠してみたり、わざとイーっと見せてきたりと、いろんなお顔を撮ることができます。

目の中で輝く光、光が透ける柔らかな髪、ふっくらした頬っぺたのシルエットを撮るのが好きなので、余裕がある時は背景と光を意識していて、綺麗な場所に立ってもらうことがあります。

そこでポーズして!というと、足をクネっとさせた(長女曰く)アイドルっぽいポーズしか出てこないので、私からこうしてと促すことがあります。ただ、促したとしても、私が気に入ってSNSにポストしてるのはその後のリラックスして、自分で何かを思ったり感じたりお話ししたり動いたりしてるような瞬間ばかりです。

子供の写真嫌い、aimueさんのお子さんたちはどう思っていますか?

19121860_141707316385666_5347799591410466816_n
出典: instagram@aimue

(子供ならではの埋もれ感を活かしたという紫陽花との一枚)

A.遊びたがったり、撮られることを嫌がる時は撮らないようにしてます。それでも落ち着きのない時ももちろんありますが。長女には撮っていいか事前に聞きます

私がSNSにポストして、反応があると子供たちは嬉しそうにしてます。長女にはみなさんからのコメントを伝えることがあって、可愛いとか言われるととても嬉しそうにしてます。夫もその様子を見て楽しそうですし、たまに2枚でどちらをポストするか迷ってる時に(採用するかは別として:笑)意見を聞いたりして、写真を撮るという行為が押し付けにならないよう、子供にも参加してもらうようにしています。

「季節感と子供成長」をリンクさせた写真を撮るアドバイス・コツはありますか?

14701213_1161540393924726_8237075162885783552_n
出典: instagram@aimue

(夕日と娘さんの表情がわかりやすいように頭上はトリミングしたという工夫の一枚)

A.娘は保育園の先生にも、感受性が豊かだと言われます。散歩してる時も、風に舞う葉がきれいだなとか、地面に落ちる影が面白いなとか。影の濃さや咲いている花で季節を身近に感じれるようになって、それをお話ししながら撮影したりするのが楽しいです。

季節のお花は私より娘の方が詳しくて、教えてくれたり、一緒に観に行くことを楽しんでくれたり。季節感のある写真が撮れるのは娘のお陰だと言えると思います。そういった子供とのふれあいの時間を大切に過ごすと子供目線のおもしろい写真になるのかもしれませんね。︎

子供と過ごす毎日を残そう

25009123_1967659350148255_5765022296615944192_n
出典: instagram@aimue

(お姉ちゃんの真似をする妹ちゃんの性格をいかした、リースを顔出しパネルのように使った一枚)

子育てをしていて何気ない日々が宝物だったと後で気付くよ、とよく年配のかたなどから言われることがありますが、何気ない日々を写真に残そうと思っても構えてしまったり、かっこつけてしまったり。
子供の自然な表情を撮るのってなかなか難しいですよね。

aimueさんにお話を伺ってみて思ったのは、写真を撮ることに集中せず、写真を会話や親子のコミュニケーションのツールの一つとして活用することで結果的に自然で臨場感のある写真になるのだなーということでした。

こう撮りたい!と親が押し付けるのではなく、子供ののびのびした感受性にまかせてみるのも、素敵な写真に仕上がる秘訣なのかもしれませんね。
ぜひ今回の記事を参考に、子供と過ごす毎日の何気ない一瞬を残してみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!