ワントーンコーデって難しい⁉︎

keiko1
出典: Instagram @haaaru__gpmy

「地味になっちゃうかも??」難しい印象のあるワントーンコーデ。

でも、コツさえ掴めばとっても簡単!
お洒落なインスタキッズの様にワントーンコーデもバッチリ着こなすことができます♪

これを見ればすぐにワントーンコーデがしたくなっちゃうかも♡
カラー別にチェックしてみましょう♪

クールにキメる!ブラック

オールブラックは異素材を組み合わせて♪

keiko2
出典: Instagram @se2ta2

これぞオールブラックコーデ!
ニット帽からスニーカーまでバッチリ黒でまとめてかっこよすぎます♡
光沢のあるMA-1を合わせる事で、コーデに動きが出て、オールブラックのアクセントになっていますね♪

モノトーンボーダーをポイントに♪

keiko3
出典: Instagram @1728t

とっても可愛い親子リンクコーデ♡
チラリとボーダーを入れれば、アクセントにもなり、ワントーンコーデの幅が広がります。
ボーダーを入れる事でリンク度もアップ!
太めボーダーだと印象が強すぎるので、細いボーダーがオススメです♪

小物でカラーを入れる♪

keiko4
出典: Instagram @black_butterfly711

ケーブルニットにスキニーパンツ。美シルエットでまとめたブラックコーデがかっこいいですね♪
差し色の小物は、明るいカラーではなくクールな”カーキ”をセレクト!
そうする事で、差し色を入れてもワントーンコーデのイメージは崩れずお洒落にまとまります。

冬に着たい♪ホワイト

デザインアイテムを取り入れる♪

keiko5
出典: Instagram @1728t

可愛すぎるホワイトコーデ♡
存在感のあるボアドットのトップスに、シルエットの可愛いボトムスを合わせれば、オールホワイトでも動きのあるコーデに。
差し色を入れなくても地味じゃないお洒落コーデに♪

小花柄をアクセントに♪

keiko6
出典: Instagram @wakekeko

ペプラム×フリルのガーリーコーデ♡
白と相性の良い小花柄が可愛いアクセントになっていますね♪
小物は馴染みやすいベージュをセレクトする事で、白がしっかりと主役になっています。

トレンドカラー♪グレー

トーンの違うアイテムをセレクト♪

keiko7
出典: Instagram @y_chinatsu

ライトグレーのトップスと、チャコールグレーのボトムス。
薄い色から濃い色まで、色んなトーンがあるグレーは、違うトーンのアイテムをセレクトすれば簡単にワントーンコーデが完成します♪

素材と柄で存在感のあるワントーンコーデに♪

keiko8
出典: Instagram @fu0618

チュール袖のトップスに、チェックパンツを合わせた異素材mixのお洒落ワントーンコーデ♡
存在感のあるアイテムを組み合わせれば、小物でボルドーを入れても負けていません♪
グレーの存在感は抜群ですね!

カラー豊富なブラウン

濃淡をつけてコーデに動きを♪

keiko9
出典: Instagram @se2ta2

カラー豊富なブラウンだからできるこのコーデ。
チャコールブラウンのケーブルニットに、ベージュのチノパン、キャメルブラウンのモカシンに、ファーキャップ!
全体の色のコントラストをバランスよくコーディネートする事で、こんなにお洒落なワントーンコーデに♪

ベージュ系でまとめる♪

keiko10
出典: Instagram @ yk_3kids

トーンの違う2色のベージュを組み合わせた優しい印象のワントーンコーデ♡
ボアのカーディガンと足元のフリンジブーツがコーデのアクセントになっていますね♪

デニムブルーでワントーン

シンプルに合わせるだけでok♪

keiko11
出典: Instagram @ fu0618

ネイビーのニットとブルーデニムを合わせるだけでワントーンコーデの完成♡
シンプルな合わせでもお洒落になっちゃうのがデニムの凄い所!

明るいブルーと合わせる♪

keiko12
出典: Instagram @hi_ru_n.2855

明るめのブルーを取り入れたワントーンコーデ♡
馴染みやすいネイビーに比べて、ブルーだと差し色になりますね♪

ワントーンコーデは一工夫でお洒落になる!

keiko13
出典: Instagram @haaaru__gpmy

いかがでしたか??色んなコツがありましたね。

お洒落になるか、地味になっちゃうかは、ちょっとした工夫次第♪

コツを掴んでお洒落なワントーンコーデをレパートリーの1つにしちゃいましょう♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!