抱っこひもカバーを作ろう♡

cover031
Photo by ton103

最近よく見かけるこういった形の抱っこひもカバー♡

エルゴなど腰ひもつきの抱っこひもがコンパクトにまとまり、持ち歩きやすくなると人気ですよね!

今回はそんな抱っこひもカバーを簡単に作れる方法をご紹介しちゃいます♡

今回作るのはこちら!

cover19
Photo by ton103

こちらが今回作った抱っこひもカバーです!子供とのお出かけだと汚されることも多いので、洗濯がしやすいように&少しでも軽く仕上がるように今回は裏地をつけず仕上げました!

抱っこひもを使っている時には、このカバーもつけっぱなしにできるようにしているので、抱っこひも本体とも合うようシンプルなデザインにするのがおすすめです♡

使うもの

cover01
Photo by ton103

  • (今回は私のいらなくなった服を切りました)

  • ゴム
  • (どんなものでも)

  • マジックテープ
  • (100均のものを使いました)

  • 飾りに使うもの

今回はミシンで作るので、ミシン用の糸やボビン、はさみ、定規等の基本的な手芸用品も使います!

布はこのために手芸屋さんで購入するなら、60センチでカットしてもらって購入してください!
マジックテープは、シールのようになったものもありますが、何度も出し入れをしたり洗濯をすることを考えると、縫い付ける用のものがいいと思います!

作りかた

  1. 布を切ります
  2. cover02
    Photo by ton103

    52センチ×60センチにカットします!定規で測ってえんぴつなどで印をつけカットします。手芸屋さんで60センチで切ってもらって購入している場合は、長さはすでに60センチになっているので、幅を52センチで切るだけでOK!

  3. 布を折ります
  4. cover03
    Photo by ton103

    52センチで切った方(短い辺の方)を折ります。まず端から1センチのところで1回、折り目から2センチのところでもう1回と、布の端が見えなくなるように2回折ります。アイロンがあればきれいに折れますよ!

  5. ミシンで縫います
  6. cover04
    Photo by ton103

    いま折ったところを縫います。大体布端から1.5センチ位のところを縫うと折った部分が押さえられるようになるかと思います。この部分は抱っこひもの出し入れ口になります!

  7. 長い方の辺も縫いましょう
  8. cover05
    Photo by ton103

    長い方の辺も同じように1センチで1回、2センチでもう1回と折り返し、ミシンで縫います。

  9. マジックテープをつけます
  10. cover07
    Photo by ton103

    マジックテープを短い方の辺につけます。ちなみに私はこんな風に幅を半分に切ったマジックテープを2本つけましたが、この辺りは使い勝手のいいようにしてください。

    cover08
    Photo by ton103

    というのも、マジックテープが2本だと、完成してから抱っこひもを出し入れする際に端まで開いてしまい入れにくい場合があるので、マジックテープが4個のほうがいいかと思います。
    でも、抱っこひもを装着している時にはマジックテープが2本の方が抱っこひもの幅にあわせて留めておけ、カバーがだらーんとなるの防げます。

    カバーがだらーんとなるのが気にならなければ、
    cover09
    Photo by ton103

    この赤い四角のように4つにマジックテープを切り分けてつけるのがいいかもしれませんね!

    cover10
    Photo by ton103

    つける個数が決まったら、マジックテープを縫いましょう。本体の布の片側は表側につけ、もう片側は裏側にマジックテープをつけると

    cover11
    Photo by ton103

    こんな感じに輪のようになります。これを間違うと輪にならないので、気をつけてくださいね!

  11. ゴムを入れます
  12. cover30
    Photo by ton103

    ゴムを24センチに2本カットします。それをゴム通しかヘアピンなどで長い方の辺の、折り返した部分の穴に入れます!

    cover14
    Photo by ton103

    こんな感じでゴムの端が布から少し出たところで、ゴムをおさえたままミシンで縫います!(この時ゴムつきのヘアピンは布の中に通しているままです!)

    cover15
    Photo by ton103

    こんな風に重ねてしっかり縫って取れないようにしたら、布からはみ出した部分のゴムを切ります。そしてゴムを反対側まで通しきってから、反対側でも同じように縫って固定します。

    cover16
    Photo by ton103

    両方ゴムを固定するとこんな感じになります!反対側もゴムを通し同じように縫ったら完成!

  13. 飾り付けしても♡
  14. cover17
    Photo by ton103

    私はこの後こんな風にネイビーのリボンをつけました!ワッペンやレースなどお好みで装飾をしてくださいね♡

使い方

cover18
Photo by ton103

抱っこひもの腰ベルトにこんな風に装着します!
抱っこひもを片付ける時は肩ひもを中央に向けてたたんで、それを軸にくるくるとカバーに向かって巻いていき、まとめたものをカバーの中に入れてマジックテープを留めるだけ♡

cover19
Photo by ton103

こうするとすっきり抱っこひもが片付けられて、出ている腰ひもの部分をショルダーのように肩からかけられるので持ち運びもらくらくです♡抱っこひもを装着している時にもカバーは腰ひものところにつけたままにしておけます!

ここまでの全工程で私は20分ほどでした。まっすぐ縫うだけで、縫う範囲もそんなに大きくないので手縫いでもできると思います♡

オリジナルカバーで抱っこをもっと楽しく!

3757093c749e9a481c1d853b0752dda6_s
出典: 写真AC

いかがでしたか?
簡単に作れて便利な抱っこひもカバーは、100均のカットクロスやママの着なくなった服などで安く作れるので、すでに持っているおうちも洗い替え用にしたり、ファッションにあわせられるようにいろんなカラーで作ってもいいですね!

デザインや布選びなど、我が家らしいアイテムができたら、子供とのお出かけがもっと快適で楽しくなりそうです♡

今回の記事を参考に、ぜひ素敵な抱っこひもカバーを作ってみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!