プチプラでレーススカートをつくろう♡

26863528_245799595958664_1131408580356866048_n
出典: Instagram @ayaaaaa0610

春になると繊細な透け感のあるレーススカートが気になりますね♡

軽やかな雰囲気が春らしさと女の子っぽさをつくってくれるから一枚あるとコーデに変化がつけられそう!

今回はそんなレーススカートを約200円でつくります♡

つくったのはこちら!

ton10300
Photo by ton103

こちらが今回つくったレーススカートです!
ギャザーが寄りすぎない、でも動きにくくはならないくらいのスリムなシルエットにしてみました♡
もっとふんわりした形にしたければ横幅をもう少し長くしたりしてアレンジしてくださいね!

使うのはこちら!

ton10301
Photo by ton103

  • レースのカフェカーテン
  • ゴム
  • (ともにダイソー商品)

ゴムはどんなタイプでもいいですが、レースの色に合わせた方が目立ちにくいのでおすすめです!
子供のウエスト回りの長さがあればいいのでそんなにたくさん使わないため、おうちにある場合は色が合っていなくてもわざわざ買う必要はないと思います。

ton10302
Photo by ton103

レースのカフェカーテンは今回はこちらを使いました!色々な柄や色のものがあるので好みのものを選んでください♡

私が見たダイソーでは、横は一番短いものでも90センチだったので、どれを選んでも子供に使うなら横幅が足りなくなることはないため大きさは考慮する必要はないと思います!

つくりかた♡

  1. 子供に巻き付けて横の長さを決めます!くるっと巻き付けて、上から下までが重なるところから指4本分のところを横幅として印を付けます!(写真で言うと、人差し指のあたりに印をつけます)
  2. ton10303
    Photo by ton103

  3. 印をしたところに向かってこんな風に半分に折ってから、裾の柄が繋がるように調整します!この時に印をした所よりも横幅が小さくならないようにしてくださいね。横幅が決まったらカットします。
  4. ton10304
    Photo by ton103

  5. カットしたところと端を合わせて、こんな風な輪になるように縫います!品質表示のタグなどは透けて見えてしまうので切り取っておきましょう。
  6. ton10305
    Photo by ton103

  7. ウエスト口を縫います。まずは上の部分を折り返します。カフェカーテンとしてつっかえ棒に通すための穴が開いていますが、ここにゴムを通すだけだとギャザーが大きくなりウエストがもたついてしまいます。
    上の部分をぐるんと一周折り返して縫います。前部分と後ろ部分を一緒に縫ってしまわないよう、輪になるように確認してくださいね!
  8. ton10306
    Photo by ton103

  9. ゴムを通します!始めにゴムを子供のウエストに巻いて長さを決めてカットしておきます。突っ張り棒用の穴から、ヘアピン(ゴム通しがあればゴム通しでも)にゴムを付けたものを入れ、ぐるっと一周通します。
  10. ton10315
    Photo by ton103

  11. ゴムの両端を結んで、穴から結び目を中に入れます。縫い目が裏になるように、表裏を裏返したら完成!
  12. ton10307
    Photo by ton103

こちらが出来上がりです!

ton10308
Photo by ton103

丈はウエストの折り返しで調整してくださいね♡
うちの娘は身長が97センチで長さが50センチのカフェカーテンが、すねの辺りまでの丈のレーススカートになりました!

レーススカートで春コーデにフェアリー感♡

27576479_765738283621015_794742243100459008_n
出典: Instagram @hina.3202

いかがでしたか?
真っ直ぐに縫うだけで、縫い目も目立たないので手縫いでもできそうですね!
端の処理もいらないので、ハンドメイド初心者さんでも気軽に挑戦できますよ♡

ぜひこの春のファッションに取り入れてみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!