知っておくと安心!

32188144_1686941284721005_3372120618139910144_n
出典: Instagram @smileo16

赤ちゃんにとってとても大切な離乳食。でもママには不安があったり、大変そうだなぁと思ってしまうこともあると思います。

月齢ごとのポイントや進め方などまとめてみましたので、一つの目安として参考にされてみて下さい♪

離乳食初期!ごっくん期

まずは食事に慣れること

47694884_2337529826479107_2519469235245742250_n
出典: Instagram @__yu.mom713

離乳食の開始時期は5~6ヶ月です。どっちがいいのか迷った時の見極めポイントがあります。

  • よだれの量が増えてきた
  • 首が座り、支えると座れるようになった
  • 大人が食べる様子を見て興味を示す

始める前には食器やスプーン、調理グッズなど揃えましょう!かわいいものがたくさんありますので、準備も楽しいですよ♪

1日1回!1さじからスタート

40756851_740790316258870_8998688411336030367_n
出典: Instagram @__bibiiy

まずは10倍粥から始めましょう!10倍粥は米1に対して水10の分量で作ります。トロトロに煮込んで裏ごしをして、飲み込みやすいようにします。
初期は食べ物を飲み込むことに慣れるのが大切です。嫌がる時には無理に食べさせなくても大丈夫です。

与える時間帯は午前中、赤ちゃんの機嫌のいい時間がおすすめです♪食べ終わった後は母乳やミルクをしっかりあげてくださいね。

少しずつ量を増やして行きましょう

41337046_715027552183288_5867270025017284615_n
出典: Instagram @mar1stagram

1~2日目は1さじ、3~4日目は2さじ、5~7日目は3さじと増やしていきます。1回に与える量が少ないので、小分けに冷凍しておくと便利です。

冷凍した場合は必ずレンジなどで加熱してから与えましょう!水分が足りない時はお湯やだし汁、野菜スープなどでのばしてあげるといいですよ♪

だしの取り方

42466160_532062450540354_5393975978810671104_n
出典: Instagram @fu_mog

用意するもの

  • 水 4カップ(800ml)
  • だし昆布 2~3枚(4cm×10cm)
  • 容器

作り方はとっても簡単♪容器に水とだし昆布を入れて、一晩冷蔵庫へ入れるだけ!
その他にもかつお節でもだしが取れます。詳しくは上記のリンクからご覧下さい♪
初期では素材の味を知る時期なので味つけは必要ありません!だし汁を入れることで風味づけすることができます。

ビタミンやたんぱく質も始めます

41518328_2174125966191886_5057855810845637396_n
出典: Instagram @__bibiiy

野菜などのビタミン、豆腐や魚などのたんぱく質へ順を追って慣らしていきましょう!大体2週目から野菜を増やしていきます。
人参、じゃがいも、ほうれん草、かぼちゃなどが初期にはおすすめです。3週目には豆腐や白身魚を増やしていきます。
その他にも始めていいものもたくさんあります。

  • 果物(いちごやバナナ)
  • 無糖のプレーンヨーグルト(砂糖が入っていないことを確認しましょう)
  • 食パン(卵など使われていないもの)
  • うどん(柔らかく茹でてすり潰してトロトロにしましょう)

便利なものは活用しましょう

45470748_2203315673291376_6212500688234348379_n
出典: Instagram @shiimama0625

赤ちゃんのお世話などで忙しい中での離乳食作りは大変だと思います。便利なものは上手に活用すると時短になってママも少し楽になりますよ!
ダイソーに炊飯器でご飯と一緒にお粥が作れる、お粥カップなども売られていますよ!

28753257_182839932327120_4297204265291612160_n
出典: Instagram @m1k1itty

水分を加えるだけのフレークも便利ですね!
とうもろこしやにんじん、かぼちゃ、じゃがいもなど種類も豊富です♪

離乳食中期!モグモグ期

2回食スタート

49833385_523305511510331_455498629098736597_n
出典: Instagram @seedandayu

7~8ヶ月になると午前と午後の2回食になります。食事は毎日同じ時間にすることが大切です。お粥も7倍粥になり、量も大さじ3~5に増えます。

中期になるとママも慣れてくる頃だと思いますが忘れてはいけないのが初めての食材は必ず1さじからです。そして午前中に与えましょう!
なぜ午前中かと言うと、もしもアレルギー反応が出た時に病院に行けるからです。午後に与えて、アレルギー反応が出ても病院が開いていなかったら困りますよね!そのためにも必ず午前中に与えるということを覚えておいてください。

中期になると手づかみでも食べてくれるようになるのでおやきにしてあげると赤ちゃんも食べやすいですよ♪

いろんな食材をバランスよく♪

47582907_128434511514544_428534675221035432_n
出典: Instagram @minato.s.babyfood

中期では豆腐の硬さが目安と言われています。2mm角くらいのみじん切りにしてあげましょう!

中期になると食べられる食材

  • 肉類(鶏のささみ)
  • 納豆
  • あくの強い野菜(なすやオクラなど)
  • 少量の調味料

慣れてくると赤ちゃんも飽きてしまい、進みが悪くなることもあります。そんな時は醤油を1滴加えてあげるとよく食べてくれるようになります♪
また、見た目も可愛くしてあげると赤ちゃんも食に興味を持って、楽しく食事ができそうですね♡

卵の始め方

46797752_364286624129500_1795009928226236294_n
出典: Instagram @__bibiiy

卵は与え方を間違えてしまうと、アレルギーになりやすいのでとても注意が必要です!卵の与える順番は卵黄→卵白→全卵という順番です。8ヶ月頃から卵黄を始めます。

与える量は耳かき1さじ程度です。また固茹でしたゆで卵にしてあげましょう!少しでも生っぽいとアレルギー反応が出てしまいます。
20分くらい茹でると完全に火が通って安心です。もし、顔や体に発疹が出たり、呼吸が苦しそうになったらすぐに病院を受診しましょう!

離乳食後期!カミカミ期

いよいよ3回食!

47690004_2173444432908725_322352408521318057_n
出典: Instagram @mina.s1222

後期ではいよいよ3回食になります。大人と同じ時間に食事をすることで、コミュニケーションもたくさん取れますよ!「おいしいねー」「モグモグ」など声をかけてあげると覚えてマネしてくれるようになりますよ。

また食事の前後の挨拶も習慣づいてきます。「おててぱっちん」と声をかけてあげると赤ちゃんの方からしてくれることも♡「いただきます」や「ごちそうさま」を大切にしましょう!
後期は歯茎でつぶせるくらいの硬さが目安と言われています。慣れてくれば、おおむね普通食になってきます。

後期では味つけも少しずつできるようになります。

  • 醤油
  • 味噌
  • バターなど

ほんのり味がする程度にして、塩分の摂りすぎには注意しましょう!

  • ホットケーキ
  • 豚肉
  • 牛肉
  • 青魚

これらも始めていきましょう!後期になると1日の必要な栄養の大半を離乳食から摂るようになります。バランスよく栄養が摂れるような食事を心がけてみてください♪

さつまきな粉おやきのレシピ

50903777_1081928271967748_882018858823669380_n
出典: Instagram @nopp_mama

材料

  • さつまいも 80g
  • 絹豆腐 10g(水切りしません)
  • きな粉 小さじ1/2
  • 小麦粉 小さじ1
  • だし汁 大さじ1~(水or牛乳でもOK)

作り方はいつも通りのおやきの作り方でOK◎詳しく知りたい方は上記のリンクから見てください♪
おやきは食べやすく、赤ちゃんに人気です♪ぜひいろんな食材で作ってみてください。

ママからの愛情が食育へと繋がる

50012287_330605564453530_7595637949565279265_n
出典: Instagram @maco_kimura

毎日忙しいママにとって、離乳食作りはとても大変だと思います。
「今日は何をあげようかな?」「これは喜んでくれるかな?」そんなふうに想いながら作る離乳食は赤ちゃんにとってママからもらう愛情の証です♡

食育を通して赤ちゃんは五感で見て、触れて、味わって、いろんなことを学び、成長していきます。
少しでも親子で離乳食を楽しんでもらえると嬉しいです♡

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!