ベビーベッドが欲しい!

bbed01
出典: instagram @sana201807

赤ちゃんが生まれる前は、準備する物がたくさん。その中でベビーベッドの購入を検討しているママも多いと思います。

そこで今回の記事は、ベビーベッドの選び方をご紹介します♡

いつまで使う?

cee442de37130d89f563c6aae7a2e134_s
出典: 写真AC

国産のベビーベッドであれば、どのサイズでも最長2歳までが一般的。

でも使用期間は、お子様の成長やそれぞれです。首が座って寝返りをうつ時期に、添い寝をはじめる家庭が多いでしょう。

長く使っていたとしても、つかまり立ちを覚えた頃は危ないので、ほとんどの家庭がを卒業しているようですね。

ベビーベッドのこんなメリット

13c4b497c99df7b55a7f35bcb67d53af_s
出典: 写真AC

ベビーベッドって使用期間が短いのに高額なので、購入までに悩むママも多いですよね!

でも実はベビーベッドには。こんなメリットがあるんです♡

  • 高さがあるため、赤ちゃんのお世話がしやすい。
  • 赤ちゃんがある程度動くようになったときに、家事をしている間などのベビーゲージとして使える。
  • 兄弟に踏まれたり、川の字で寝ていると覆いかぶさってしまうなど、あらゆる危険から赤ちゃんを守れる。

おすすめベビーベッド

ベッドサイドベッド/ファルスカ

35373585_407439876424094_5674211307700617216_n
出典: instagram @omame.h

9段階の調節機能で、大人のベッドとフルフラットに。ベッドに沿わせても変な段差ができないので、安心安全です♡

ベビーベッドからベビーサイドベッド、大きくなればベビーサークルとして、長い期間使えますよ♪

ココネルエアー/aprica

52179426_382786249172125_695819568832003079_n
出典: instagram @so_marumama

コンパクトに畳めることが魅力の、apricaのベビーベッド。帰省時や里帰りはもちろん、使い終わった収納時にも助かります☆

それに通気性の高いクッション材をマットに採用しているので、汗っかきな赤ちゃんでも安心して使えますよ♪

ミニベビーベッド/katoji

44924600_520538218430519_5772195551753945614_n
出典: instagram @junjun.831

畳約半分の大きさで、お部屋のスペースを節約できるベビーベッド。赤ちゃんの寝る床板は、3段階に高さの調節が可能です◎

汗によるムレや湿気を逃がす、有効ボードが使われていることも嬉しい点。収納扉にはオムツやお世話セットをまとめて入れられ、整理整頓しやすいでしょう♪

ストッケスリーピー/stok

54800520_1748062512006157_9128381106004819805_n
出典: instagram @kasamerumo

楕円形が心地よい巣のような雰囲気を生み出し、赤ちゃんに安心感を与えます。
成長に合わせて、床板の”高さ”や”ベッドのサイズ”を変えることも可能◎マットレスの高さは、4段階に調節できます。

ロック機能がついたキャスターで、部屋から部屋への移動も楽チン。子供が大きくなってもジュニアベッドキット(別売)を装着することで、10歳頃まで使えることも魅力です♡

多機能付きベビーベッド

折りたたみ式多機能ベビーベッド


プレイヤード ベビーベッド
¥11,980税込・送料無料(2019/04/11時点)

CLICK!

メリー、洗濯可能オムツ交換台、収納ポケットがついたベビーベッド。ストッパー付きキャスターで、移動も簡単です♡

オムツ交換モード、プレイヤーモード、ベビーサークモード、お出かけモードなどシーンに合わせて使い分け可能。
転倒防止構造なので、安定感も抜群ですよ♪

キャリーバッグ付きベビーベッド


プレイヤード 折りたたみ ベビーベッド
¥14,800税込・送料無料(2019/04/11時点)

CLICK!

高さが98㎝もあり、ママやパパへの腰への負担をかけにくいベビーベッドです。
お昼寝シートはファスナー式になっているので、取り外しが簡単なところも魅力◎

お昼寝シートの下には、たっぷり収納できるスペースもあります。
折りたたみ可能なので、どこへ行っても赤ちゃんを快適な睡眠にさせてあげられるでしょう☆

移動式ベビーベッド/DockATot

52813655_295790941088150_2566076428325038366_n
出典: instagram @hello__suzu

ママのお腹の中を再現した、赤ちゃんが安心して快適に過ごせる場所。
どこにでも簡単に持ち運びができるので、ママとパパの目の届く場所にねんねのスペースを作ってあげられます♡

プレイマットや寝室での添い寝、リビングやお出かけ先でも使えることもポイント◎
寝ているときでも、そのままオムツ替えができるのも嬉しいですね。

ベビーベッドを生活スタイルに合わせて選ぼう

ca5fe05d7ad6e8b512985a78a7e79189_s
出典: 写真AC

ベビーベッドは安くても、平均的に数万円はするもの。赤ちゃんが生まれてくる準備で出費が多い中、数万円は結構痛いと思います…。

なのでベビーベッドを使う期間だけ、レンタルすることもおすすめ!
ご紹介した商品を参考に、買うのかレンタルするのか考えてみてくださいね♡

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!