子連れでも楽しめる花火大会お出かけのポイント

hanabi
出典: 写真AC

今月も各地で花火大会ラッシュです!
子供がいても花火大会へお出かけして、近くでその迫力を楽しみたいものですよね!

今回は子連れでの花火大会お出かけを楽しむためのポイントをご紹介します。
事前の準備から帰路まで子連れで花火大会へ行く際のポイントをしっかりチェックしてお出かけしてみてくださいね。

〜事前の持ち物準備〜

まずは、花火大会お出かけ前の事前準備についてのポイントをご紹介します。
最近子連れ花火大会に出かけた我が家の教訓を取り入れつつ、ご紹介しますね♡

ご飯を兼ねてお弁当などを持っていく

bento01
出典: instagram @paruparu1017

待ち時間も飽きる、花火大会中も飽きる、小さな子ならありえること!
待ち時間や大会中も食事の時間にしすれば、少しは時間稼ぎになりますよ♡

また、出店などもありますが、そこでご飯を買おうと思っていると行列に並ぶことが多いのであまりお勧めしません。
ある程度は事前に持っていく方が良いでしょう!

折りたたみ椅子やクッション性のある敷物

isu01
出典: 写真AC

河原や公園などで、座ってみることが多い花火大会。
子供が地面に座るなら、ゴツゴツして痛くないようにクッション性のある敷物や、足が痺れない折りたたみ椅子がお勧めです。

衛生面対策

mushiyoke01
出典: instagram @paruparu1017

手洗いをする場所もなかなか確保できませんね。除菌スプレーやジェル、お手拭き用ウェットティッシュを持っていると便利です。

飲食などもするので、気をつけたいポイントです。また、服を汚したり、汗をかいた時に着替えも持っていると安心です。

熱中症対策

handhifan01
出典: 写真AC

夜だからといって油断は禁物です。ハンディ扇風機や、クールタオル、OS-1など熱中症対策アイテムを、持っていきましょう!
特に抱っこ紐をしたり、ベビーカーに乗っている子供は熱がこもりやすくなりますよ。

おすすめハンディファンはコチラ

もう買った?【ハンディファン】100均から家電ブランドまで大調査!おすすめ11選

虫除け対策

夜なので一層蚊などの虫除け対策が必要です!
蚊が飛んでいても暗くてよく見えませんし、しっかり虫除けスプレーや虫除けリングで対策していきましょう。
汗もかくので頻繁に対策してくださいね。

〜場所取り編〜

続いて、花火を鑑賞する場所についてのポイントです。
子供が一緒だと場所取りをしてから何時間も待っていられない!
平らな場所でないと危ない!など、場所取りのタイミングや場所自体が重要になりますよ♡

事前の場所取り

ef1eff63c0171a84b3b11d80d04943d6_s
出典: 写真AC

近くの花火大会で、事前に大人が場所取り可能であれば、それがお勧めです。
開始の何時間も前に行って待っていることは子供には難しいでしょう。

※禁止されている場所もあるので、しっかりその大会の詳細などを調べてルールを守りましょう

  • トイレの場所の把握
  • トイレの場所も重要ですね。なるべく出発前や、近くの駅、お店などでトイレは済ませてから花火大会会場にいくことをお勧めします。
    会場のトイレはどこも行列なことが多いです。しかし、念のためトイレの場所を把握して、トイレから遠くない場所に席があると安心ですね。

  • 通路側か奥側か
  • 通路側は愚図った時にお散歩に行ったり、トイレに行くにも周りの迷惑になりづらいです。
    しかし、子供が人混みに出て行きやすいというデメリットもあります。

    奥側の席は、広く場所取りをすると、割と自由に動き回れるので子供にはメリットになります。
    しかし、トイレに行くときや、愚図った時に身動きが取りづらいデメリットもあります。

〜待ち時間対策〜

次は、待ち時間の対策についてです。
花火が始まる前に結構な待ち時間があることも多いですよね。
我が家でお出かけしたときも、だんだん会場が混んでくると席を離れることができないけど、子供は飽きて動きたくなってしまうなんてことが、ありました。
そんな時の対策についてポイントをまとめました!

おやつを持参

image5

ライターparuparu

おやつを持っていくことは必須ですね♡
外で食べるので、手がベタつかないものや服が汚れにくいものを意識してチョイスすると良いですよ!

お菓子は始まってからでも効果あり!お腹が空いていなくても食べれる物もおすすめです!

おもちゃを持参

image4

ライターparuparu

お腹はいっぱいだと、もうお菓子作成は通じない。そんな時はおもちゃ作戦で、少しでも不機嫌にならないようにしてみましょう!
お気に入りのおもちゃでも良いですし、夜ならでは、光るおもちゃも珍しくて、長く遊んでくれそうですね!長時間になる方は、タブレットを持っていく方も多いそうです。

屋台を楽しむ

be78c2e1ede94059dbca4544cdcbe287_s
出典: 写真AC

花火大会会場では、屋台が出ていることも多いので、普段は楽しめないお祭り感を楽しむのもおすすめです。
待ち時間対策にもなりますよ。ただ行列には要注意ですね!そして、小銭を持っていきましょう!

〜帰りの人混み対策〜

最後に、帰宅の際の人混みが子連れには、難関ですよね。そんな帰宅の人混み対策をまとめました♡

時間差帰宅

image13

ライターparuparu

子連れ花火なら花火大会の最後の方は歩きながらの鑑賞でちょこっと妥協して、早めに出発する方も多いです。

特に公共交通機関を利用する場合、帰りの人混みで大変な思いをするよりも、早めに出発するのが良いかもしれませんね。
または、終わってから近くのカフェやファミレスで時間を潰し、帰宅の波が落ち着くのを待って帰る人も多
くいるようです。

遠い場所なら宿泊する人も♡

image6

ライターparuparu

お家から遠い場所の花火大会や、大きな花火大会でなかなか帰れない花火大会は、思い切って旅行にしてしまうのも手ですよ!近くの宿を取れば行くのも帰るの
もとっても楽になります。

子連れ花火を楽しむポイントを事前に知って出かけよう

febbe3f29682221259ec660d7174a799_s
出典: 写真AC

いかがでしたか?
子連れで花火大会にお出かけする前の準備から、花火大会が終わって帰るまで様々な工夫ができることがわかりましたね!
お出かけする花火大会の場所や時間によって、事前にいろいろな計画、対策をしてみてくださいね♡

「子供と行かなきゃ良かったー」はなるべく回避したい。子供も一緒に楽しませてあげたいですよね!
そんなママたちの参考になれればと思います。
子連れでも夏の風物詩である、花火大会を楽しみましょう!

友だち追加

paruparu
paruparucomonaライター
2歳と0歳の男の子2人のママです!子育てに奮闘しながら、見た目も楽しく元気になれるお料理作りをすることが趣味です。ママ、主婦の目線で皆様に共感してもらえる記事を書きたいです。よろしくお願いします╰(*´︶`*)╯

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!