補助なし自転車、どう教える?


出典: 写真AC

補助なし自転車の練習っていつ事からするの?何から教えたら良いの?

初めてだと全く分かりませんよね。自分が子供の頃に教わったこともしっかり覚えていないこともありますよね。

今回は補助なし自転車を練習していく上でどんなことをしたらよいのか、教え方やポイントについてママ達からのリアルなアドバイスをご紹介します。

補助なし自転車の教え方について

実際子供に練習をさせたことがある、または練習中というママに指導法についてインタビューしてみました!参考にしてみてくださいね♡

今回のインタビュー内容はこちら


出典: 写真AC

  1. 最初に乗らせたもの
  2. (三輪車、ストライダーなど)

  3. 自転車へシフトチェンジするタイミング
  4. 練習時間や時期
  5. 練習での教えたポイント、注意したこと

@uruha8さんの場合

※写真所有者の希望により、掲載元を記載しておりません。

2歳のお誕生日にストライダーを与えたところからスタート
4歳
1日で乗れました!時間が開くとまた乗れなくなったりしますが、また練習すると1日で感覚が戻ります。
まっすぐ前を見てとにかく漕ぎ続けること。

@tmm.s10さんの場合


出典: Instagram @tmm.s10

4歳で三輪車を乗り始めた
現在6歳で練習スタートするところ。補助輪付きではもうスピードの調節も、ブレーキのかけ具合もわかってきたと思い、そろそろ補助輪外す頃かなと思いました。
練習中
ヘルメットをしたり安全性に気をつけています。また、後ろを持ってあげたりしています。

@miyoaktさんの場合

@miyoakt

三輪車からスタート
小学校に上がる前くらい
練習時間は短期集中を意識して、夏休みや春休みに時間をとって練習しました。実質1日2時間、1週間くらいで乗れました。
短期集中で教えたこと、そして、とにかくペダルを漕ぎ続けること、進みたい方向にハンドルを向けることを何度も伝えました。
また練習の際はヘルメットをして、長ズボンを履くなど安全面にも気をつけました。

@chii______roさんの場合


出典: Instagram @chii________ro

3歳頃からストライダーで練習
4歳の時に補助輪なしの自転車に変えました。
公園や広い場所に行く時に練習をしていました。ストライダーを、していたおかげで2、3回で乗れてしまいました!
遠くを見るように教えました。

ライターparuparuの場合


Photo by ライター paruparu

きかんしゃトーマスのリアルビーグルという足で蹴って進む車に1歳頃から乗せました。蹴る力が強くなった3歳の誕生日に三輪車を与えて自転車練習スタート!!!
年中の夏休み
1週間に3日ほど練習しました。練習時間は暑すぎたので、1日30分くらいでした。1ヶ月半ほどの夏休みで直線ならほぼ乗れるようになりました。
進む方向を見ること、漕ぎ続けること、ペダルから足を外さないことを言いました。
はじめは支えているから大丈夫だよ!と子供を安心させ、そっと手を離す練習を繰り返しました。少しでも成長したら褒めちぎり、やる気のモチベーションを保てるようにしました♡

補助なし自転車の練習スタートに乗るものは三輪車でもストライダーでも買い換えることなく出来そうですね!
どちらにしても皆さん短期間で乗れるようになっている傾向です。補助なしを練習するときは子供が集中して取り組めるように、短期集中を意識するとよいかもしれませんね。
そして、はじめは支えてあげるなどとにかく恐怖感を持たないようにしてあげましょう。

1歳代から使える導入におすすめな自転車

まずは、1歳頃からバランス感覚や蹴る力をつけることができる、補助なし自転車への導入となる自転車をご紹介します!

D-bike mini

対象年齢:1歳から3歳未満
D-bike miniは産婦人科ドクターの意見を取り入れて、開発されたバイクです。 前が2輪になっていて倒れにくくなっています。
小さな頃から遊び感覚でバランス感覚などの運動神経がついていくそうです。発砲タイヤで室内でも床を傷つけにくくなっているバイクです。

ストライダー

対象年齢:1歳半から5歳まで
圧倒的人気のストライダーは、1歳半から使えます。3キロと軽くて子供でも持つことができ、自らの足で蹴って操作できるので蹴る力や自信もつき、補助なし自転車を乗るまでにとっても効果的だと人気です!

補助なし自転車の練習まで長く使える自転車

最後に、補助輪ありから補助輪を取るまでの練習でも、長く使える自転車をご紹介していきます!

リーズポート補助輪付き自転車

初めてでも安心の幼児自転車で、14インチから選べるので身長100センチほどの小さい子でもOKです。8色ある充実のカラーバリエーションが男女問わず使えます。

ペダルがつけられるストライダー

対象年齢:3歳半から7歳
先程のストライダーよりも一回り大きいストライダーです。はじめはペダルのないまま使い、補助なし自転車の練習をする時にはペダルがつけられるようになっています。小さな頃からストライダーで慣れている子はとくにおすすめです。

親子二人三脚で♡補助なし自転車への道


出典: 写真AC

いかがでしたか?今から補助なし自転車の練習をスタートするご家庭も、今練習真っ最中なご家庭にも、今回のインタビューでのリアルな声が参考になったら嬉しいです。

実際に補助なしの練習をするのは幼稚園や小学校に行ってからでも、小さな頃から自転車の練習につながるストライダーや三輪車などを取り入れておくと良さそうですね♡親子一緒に、補助なし自転車への道を進みましょう!

友だち追加

paruparu
paruparucomonaライター
2歳と0歳の男の子2人のママです!子育てに奮闘しながら、見た目も楽しく元気になれるお料理作りをすることが趣味です。ママ、主婦の目線で皆様に共感してもらえる記事を書きたいです。よろしくお願いします╰(*´︶`*)╯

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!