オキシクリーンの活用術!!浴室床のカビ対策にオキシ漬けをしよう


Photo by ライター beachmama

浴室はきちんとお掃除をしないと汚れや水垢、カビなどの心配がありますよね。

今回はSNSでも大人気の酸素系の漂白剤オキシクリーンを使った、浴室のカビ対策をしてみます。

つけ置きするだけなので簡単ですよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

浴室床のオキシ漬けの方法

オキシ漬けはSNSで人気となったオキシクリーンを使ったつけ置き方法です。汚れが付きやすい浴室の床に使ってお掃除していきます。

準備物


Photo by ライター beachmama

オキシクリーンはアメリカ版と日本版があり、付属の計量スプーンの大きさが違うのですが、今回使用したオキシクリーンはアメリカ版のオキシクリーンです。

  • アメリカ版オキシクリーン
  • オキシクリーンを溶かすバケツや桶
  • オキシクリーンを溶かす時の混ぜ棒
  • 浴室床の止水栓

上記の物があると便利だと思います。

アメリカ版オキシクリーンEXはこちら

オキシ漬け手順

  1. オキシクリーンを溶かす

  2. Photo by ライター beachmama

    今回はスプーン約1杯分のオキシクリーンを40℃~60℃のお湯で溶かして使用します。しっかりと混ぜて溶かしましょう。

  3. 止水栓をする

  4. Photo by ライター beachmama

    浴室の床の水が流れないように止水栓をします。我が家ではダイソーで売っている「置くだけラップ蓋」というシリコン製のキッチングッズを利用して蓋をしています。
    キッチングッズなのですが、浴室の止水栓としても使えるので愛用しています。

  5. オキシ液を流していく

  6. Photo by ライター beachmama

    先ほど溶かしたオキシクリーンを浴室の床に流していきます。

  7. 浴室の床全体にお湯をためる

  8. Photo by ライター beachmama

    同じく40℃~60℃のお湯を、浴室の床全体にためていきます。浴室の床からオキシ液が脱衣所に流れないように、気を付けながらお湯をためてください。

  9. オキシ漬けしたまま時間をおく

  10. Photo by ライター beachmama

    オキシ漬けは20分から6時間つけ置きをします。今回は3時間ほど時間をおきました。

  11. お湯を流し、ブラシで軽くこする

  12. Photo by ライター beachmama

    止水栓をはずし、お湯を流したら浴室の床を軽くブラシでこすって汚れをしっかり落としましょう。

  13. 水洗いをして終了

  14. Photo by ライター beachmama

    最後にしっかりオキシクリーンを洗い流す為に、シャワーで水洗いをしておしまいです。

浴室床の止水栓方法

浴室床は止水栓が必要になりますが、浴室床用の止水栓がない場合も多いと思いますので、オキシ漬けの止水栓方法もご紹介します。

ビニール袋を利用した止水栓


出典: Instagram @nken_second

ビニール袋に水を入れて、重しのようにして水をためる方法です。

封水筒を利用した止水栓


出典: Instagram @beachmama1005

排水口の封水筒をビニール袋で包みしっかり縛る。その封水筒を排水口に戻す事で、水が流れないようにする方法です。

オキシクリーンを使用して浴室床の綺麗を維持しよう


Photo by ライター beachmama

浴室の汚れは頑固な汚れが付いてしまうとお掃除も大変です。

オキシ漬けはつけ置きするだけで簡単なので、浴室のお掃除方法にぜひ取り入れてみてくださいね。

オキシクリーン日本公式サイトはこちら

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!