子供の嘔吐は突然!!嘔吐処理セットを用意しておこう


出典: 写真AC

子供は急に吐いてしまう事も多いですよね。嘔吐は感染の可能性もあるので、適切に処理をする必要があります。

突然の嘔吐でも慌てないように、嘔吐処理の時にあると便利なアイテムをご紹介します!!

嘔吐処理の時に使用する物を用意しよう

100円ショップで購入出来る物もたくさんありますので、ぜひ参考にして準備してみてくださいね。

嘔吐処理セットの中身


Photo by ライター beachmama

  • マスク
  • ヨーグルト容器
  • ゴム手袋
  • ロングビニール手袋(ダイソー)
  • 使い捨てエプロン(ダイソー)
  • ペットシート(ダイソー)
  • ビニール袋
  • ペーパータオルやタオル
  • 塩素系漂白剤(ダイソー)
  • 次亜塩素酸スプレー

嘔吐処理の時の感染予防アイテム

ゴム手袋


Photo by ライター beachmama

ゴム手袋は嘔吐処理の時は必須アイテムですね。なるべく指先の使いやすい、密着するタイプのゴム手袋を数枚用意しておくと便利です。

ロングビニール手袋


Photo by ライター beachmama

ロングビニール手袋はひじまである長いビニール手袋です。ダイソーの介護コーナーなどで購入出来ます。

ロングエプロン


Photo by ライター beachmama

こちらもダイソーで購入出来ます。自分の衣類をしっかりカバーして、処理が終わったらそのまま捨てる事が出来ます。

ペットシート


Photo by ライター beachmama

ペットシートは嘔吐物に素早くかぶせる事で、ウイルスが空気中に舞い上がるのをカバーしてくれます。ペットシートをまずはかぶせて、消毒液を作ったりと嘔吐を処理する為の準備が出来ます。

嘔吐時はスピーディーに動く

子供が突然嘔吐をしてしまうと慌ててしまいますが、感染の可能性がある場合はとにかく早く処理する事が大切。素早く行動出来る為のポイントもまとめてみます。

吐いても大丈夫な容器を子供に渡しておく


Photo by ライター beachmama

ヨーグルトの容器にビニール袋を数枚重ねた物を用意。バケツでも良いのですが、吐いたものがなるべく飛び散らないように、牛乳パックなど子供の大きさに合わせた小さめの容器がおすすめ。

消毒液を作る容器も用意しておく


Photo by ライター beachmama

嘔吐してしまった床を消毒する為の、消毒液を作る容器を用意しておくのも便利です。もちろんバケツなどを置くスペースがあれば、バケツにまとめておいても大丈夫。

消毒液の分量はあらかじめメモをしておく


Photo by ライター beachmama

消毒液の分量を調べておき、メモをして書いておくとすぐに確認出来ます。このヨーグルトの容器に消毒液を作る場合は、500mlの水に対して10mlの塩素系漂白剤を入れて作れるようにメモしています。
あらかじめ用意した容器と分量のメモがあれば、床などに吐いてしまった嘔吐物の処理を素早く処理する事が出来ます。

寝室やリビングなどに複数用意しておこう


Photo by ライター beachmama

いつどこで嘔吐してしまうか分からないので、なるべく寝室とリビングにひとつずつ嘔吐処理セットを用意しておくと慌てないで対応する事が出来ます。

処理セットがあれば突然の嘔吐にも対応できる


出典: 写真AC

子供はわりとすぐ吐いてしまう事が多いので、感染症の時期だけでなく、常に嘔吐処理の用意をしておくと便利です。
100円ショップで購入出来る物も多いので、感染症が流行る前に用意してみてくださいね。

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!