ボードゲームで子供の脳を育てる♡


出典: Instagram @yu___ric

「人生ゲーム」や「ドンジャラ」など、筆者の子供の頃にはお友だちのおうちで遊ぶときには必ずと言ってもいいほどよくやっていたボードゲーム♡最近では大人でも愛好している方も多く、再ブームの兆しもあるようです。

そんなボードゲーム、母になってから、子供とやると案外子供の「知育」にもなっていることに驚きました。今回はそんな子供の脳を鍛えることができるボードゲームをご紹介したいと思います!

ボードゲームで脳を鍛える?

脳を鍛えるといっても所詮は「おもちゃ」でしょ?と思っているママもおられると思います。ボードゲームで具体的にどんな風に子供の知育ができるのでしょう?

ゲームを通して学べることは無限大!


出典: 写真AC

たかがゲームですが、あなどれないのがボードゲームの凄いところ。昔からある人生ゲームでも、成功や失敗を繰り返しゴールにたどり着く達成感は私もよく覚えています。「知育」をしているつもりでゲームをプレイしているわけではなく、ゲームを通して人生に必要ないろんな知識や考え方を学ぶことができるボードゲームは、遊びながら学ぶことができる貴重な機会なのでは?と思います。

ここからは子供に学んでもらいたい知育の要素ごとに、おすすめのボードゲームをご紹介したいと思います♡

金銭感覚を育てる♡

子供がある程度大きくなってくると是非考えたいのがお金の大切さやお金の使い方。そんな金銭感覚を育てられるボードゲームを2つご紹介します。

定番ながらやっぱり奥が深い!


出典: Instagram @daigobianchi

ボードゲームといえば「人生ゲーム」ですよね。ルーレットを回しコマを進めていくことで家族が増えたりお金の増減があったりと、ひとマスごとに一喜一憂が楽しいボードゲームです。株を買ったり家を買ったりと、自分でお金の使い方を選択できる部分もあるため、お金の使い方や、使ったらなくなる、という根本的なお金のルールを学ぶいい機会にもなりそう。

ちなみに「令和版人生ゲーム」は金銭の増減ではなく「フォロワー」の増減をテーマにしているので、そちらはネットリテラシーを学ぶこともできそうです。

子供が好きな「ハンバーガー」でゲーム!


出典: Instagram @yu___ric

こちらは人生ゲームよりもダイレクトに「お金を貯める」ことを目的としたゲーム、「おかねがたまる!ハンバーガー屋さん」。
制限時間が決められており、手持ちのお金で材料を買って、できたハンバーガーを売り、時間内にお金をたくさん貯めたほうが勝ちというシンプルなルール。
子供たちが大好きなハンバーガーという題材も、親しみやすさがあり興味をひいてくれそうですね!

考える力を育てる

自分で考える力は大人になるまでにぜひともつけていて欲しいもの。ゲームの中の「こうしたらこうなる」という想定や予測を通して考える力を育ててあげたいですね。

お魚釣りも!長く遊べるリバーシ


出典: Instagram @asuu.__

こちらは木のおもちゃで人気のウッディプッディさんから発売されている「さかなつリバーシ」。小さいうちには魚釣りや紐通しとして、少し大きくなってきたらリバーシとして、と長く楽しめる工夫がされています♡
赤ちゃんがいると、お兄ちゃん、お姉ちゃんがやっているボードゲームの小物の誤嚥が怖い、というおうちも、これなら安心して遊べますね。
勝ち負けやルールを理解してゲームをすることは考える力をつけるのにも最適です!

子供も大人も楽しめる♡


出典: Instagram @mako3264g2758g

こちらは「ねことねずみの大レース」というドイツのボードゲーム♡4歳くらいから遊べて、ゲーム自体が運による要素も強く、ルールがシンプルなので、子供と大人が対等に楽しめるのもポイント!
遠くのマスに進めば進むほど大きいチーズがゲットできるものの、追いかけてくる猫から逃げながらどこまで進めるかという駆け引き的なルールは、子供が引き際や我慢という概念を知るきっかけにもなりそう。

広い視野がメキメキ育つ!


出典: Instagram @misako0725

こちらは「Dobble」というカードゲーム。1枚ごとに組み合わせの違うポップなイラストが描かれたカードでは、何通りものゲームが楽しめ、1セット持っていれば年齢に応じてゲームを変え長年愛用できそう。
このカード、不思議な事にどの組み合わせでも2枚選ぶと必ずどれか1つは同じマークがあるというもので、一緒にやっているうちに子供も素早く同じマークを探せるようになります。
子供の視野の広がりがメキメキ育ちます。

地理脳を育てる♡

子供にとっての地理はなかなか現実感のないものですよね。でもいろんな国やいろんな土地を知ることで、人や物の多様性に気付けます。
広い世界を知ってもらえる、地理脳を育てるボードゲームをご紹介します!

人気キャラの力を借りて♡


出典: Instagram @inatrek

こちらは「どこでもドラえもん日本旅行ゲーム」。
すごろくゲームの要領で日本国内の県の名前や名産品を楽しく学べます。「どこドラカード」なるカードには各県の豆知識なども書いてあり、
広い知識が取り入れられるなど知育の面から見てもなかなか内容の濃いゲームです。
最新版の「5」では裏面には世界旅行版もあったり、カード単独でも遊べる別ゲームもあるので飽きずにいろんなゲームで学べそうですね。

各国の特色がバッチリ!


出典: Instagram @coma_chu

こちらは「くにキャラアドベンチャー」。音声の出るデバイスが付属されていて、順に流れる各国の特徴を歌った歌を聴いて、その国のチップを早い者勝ちで取るというもの。
チップにはそれぞれの国をキャラクター化したイラストが書かれていてその国の特色などが視覚的に子供でも理解できちゃうのだとか。自分が住んでいる国のこと、別の国には別の人種の人が住んでいてそれぞれにいろんな「普通」があることなど理解してもらうきっかけになりそう。

協力する気持ちを育てる♡

1人ではできないことも何人かで協力すればできるようになるということは、そういった経験を経てしか習得しにくいものですよね。こちらではそんな協力してできるボードゲームをご紹介。

協力プレイで楽しめる!


出典: Instagram @littleforest_aroma

こちらは「おさかなクン」というボードゲーム。ボードゲームにしては珍しく、個人の勝敗を決めるというよりは協力してプレイするゲームで、「おさかなチーム」と「漁師チーム」に別れて行うチーム戦です!
サイコロを振って出た目のコマを進めるというシンプルなルールなので子供でも理解しやすく、チームで協力することや順番を待つといった基本的なこともゲームを通して学べます♡

ボードゲームで知育♡


出典: Instagram @coma_chu

いかがでしたか?一緒にいるお友達や家族と楽しめるだけではなく、楽しみながら子供の脳を育てることができるボードゲーム♡
ぜひ今度のお休みは、みんなでボードゲームで遊んでみてくださいね!

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!