使いやすい冷蔵庫の収納方法とは?


出典: Instagram @mussannnnnnnnn

10月からの増税もあり、食材をまとめて購入する方も多いのではないでしょうか?
まとめて買ったけど、ストックする場所が無かった!なんて事ありませんか?
常備菜なども含めて冷蔵庫の使いやすい収納方法を改めて考えてみました。

ドレッシング、調味料の収納方法

冷蔵庫を開けて、すぐに目に入るのが、ドアポケットです。調味料やドレッシング、お茶やコーヒーなど様々な液体の物から卵やチューブ類など細々した物まで、形も容器の種類もたくさんありますよね!
まずは、取り出しやすいドアポケット収納例をご紹介します。

ドアポケットの段に合わせて統一


出典: Instagram @mussannnnnnnnn

こちら、マヨネーズやケチャップまで、入れ物の大きさやデザインを合わせて、段ごとに統一されています。
また、1つ1つに、種類のラベルが貼ってあり、何がどこにあるか分かりやすく収納されています。

替え時が分かるポケット収納


出典: Instagram @tama._.haru

100円ショップで販売されているチューブ収納グッズを活用し、わさびなどの薬味類を小さなポケットに収納します。
目につきやすく、残量がチェック出来るので替え時がわかりやすくて便利です。

調味料や飲み物も使いやすいボトルタイプで統一


出典: Instagram @miki_lovehome

飲み物の形に合わせて、液体の調味料なども、出しやすいボトルタイプで統一されていますので、高さもあり縦長効果でスッキリ見えますね☆
また、マヨネーズやケチャップなどチューブタイプは1つの収納でまとめている所が、ポイントです!

野菜室の収納方法

野菜は様々な形があり、物によっては、収納方法に一手間加えて考えないといけない物もありますよね。
ここでは、野菜を長持ちさせる工夫や、わかりやすく収納する方法をご紹介いたします。

プラケース+麻袋でピッタリ


出典: Instagram @yunyanzcook.a

100円ショップのプラケースに麻の袋を被せて、根菜、葉物、よく一緒に使う野菜などで分類して収納されています。
麻の袋だけだと傾きがちですが、プラケースで固定してあるので、野菜室にピッタリとハマっています☆

収納する前に一工夫


出典: Instagram @safaiapo925

ペーパーバッグに入れる前に葉物や根菜類などは乾燥させないように、キッチンペーパーやラップで包んだり、料理する時に、すぐ使えるよう切って保存など、収納前の一工夫をされていますね☆

ストックバッグを活用


出典: Instagram @manami0716

こちらは、Stockバックを活用されてミニトマトや葉物類など、乾燥対策もバッチリですね!根菜類はペーパーバックに分けられているので、開けたらすぐ分かるようになっています☆

作り置きの収納方法

日々、もう一品…と思い常備菜や作り置きを冷蔵庫に入れておく方も、いらっしゃると思います。作り置きの物も決まった場所に置いておくと、入れ替えや在庫も分かりやすく無駄がありません!

同じカラーで統一するのでスッキリ


出典: Instagram @mussannnnnnnnn

収納容器のカラーを全て合わせると、どんな物が中に入ってもスッキリ見えますね☆
また、上段、中段、下段とありますが、中段と下段は空けておいた方が、急遽、残った物を置くのにも便利です。

立てて見やすく取り出しやすく


出典: Instagram @akko.2no3

タッパーやフリーザーバッグなど、立てて収納する事で見やすくなるため、取り出しやすいです。それに収納できる量も増えます☆
また、薬味以外にも、天かすやパン粉など冷凍出来る物があるので、試してみてください。

仕切り棚があると空きスペースも無駄がありません


出典: Instagram @nn.llll.nn

無印で購入可能な〈アクリル仕切り棚〉も上段、下段に分けることができるので便利です。作り置きおかずや、晩御飯の残りのおかずなどを分けて収納することが出来ます。

使いやすい収納方法を考えよう


出典: Instagram @___chalu.ig

いかがでしたか?こちらで、ご紹介したみなさんの冷蔵庫は、大きさも種類も様々でしたが、

自分達が使う物は何なのか?
自分だけでなく、家族や他の人が見て、わかりやすい

ことを重点に置いて収納されていました!

ご自身の家の冷蔵庫も、見やすく、取り出しやすい、また置きやすい事を考えながら、収納方法を考えてみてくださいね。

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!