ベーキングパウダーなしレシピ!米粉や重曹を使ったお菓子の作り方

知っておくと便利なお菓子レシピ


写真AC
お家でお菓子作りする方も増え、スーパーでは小麦粉やホットケーキミックスなどの粉類、製菓材料が品薄になっていますね。お家で子供とパンケーキ作りやお菓子作りをしたいなと思っても、なかなか手に入らずお困りの方も多いのではないでしょうか?

今回は、お菓子作りに欠かせない「ベーキングパウダー」がなくてもパンケーキや蒸しパンなど定番お菓子を作れるアイデアレシピをご紹介します!ぜひ参考にしてみてください。

ベーキングパウダーがなくても作れるお菓子

子供と一緒に作りたい!ベーキングパウダーを使わずに作れるお菓子をご紹介します。

重曹を使って膨らます「ホットケーキ」


instagram @paruparu1017

ベーキングパウダーがなくても重曹があれば、ホットケーキをふっくらさせることができます。甘い系にしても食事系にしても合う甘さ控えめのパンケーキですよ。

材料(4枚分)
薄力粉100g
砂糖25g
牛乳または豆乳100g
重層小さじ1

材料を全て混ぜ合わせて、フライパン等で焼くだけ!難しいことは全くありません。通常のホットケーキと作り方は一緒です。バターを敷いて焼くと風味豊かな美味しいパンケーキになりますよ。

米粉とメレンゲを使った「マフィン」


instagram @paruparu1017

小麦粉もベーキングパウダーもない!そんな時でも米粉があればマフィンが作れますよ。こちらのマフィンは、ベーキングパウダーの代わりに卵白を泡立てて作るメレンゲを使用して、マフィンを膨らませています。

材料(小さめ12個分)
米粉100g
砂糖50g
メレンゲ(卵2個分の卵白をつのがたつまで泡立てる)
溶かしたバター30g
牛乳大1

これらの材料をメレンゲを潰さないようにヘラでさっくりと混ぜ、180度で25分ほど焼きます。グルテンフリーにもなり、とてもヘルシーなマフィンです。

重曹と薄力粉だけで作る「蒸しパン」


ライターparuparu

ホットケーキと同様にベーキングパウダーの代わりに重曹を使って蒸しパンが作れます♡素朴な味の蒸しパンは甘さ控えめなので、小さな子でも食べられるのが嬉しいですね!

材料
薄力粉 100g
牛乳 100ml
重曹 小1
卵 1個
砂糖 45g
サラダ油 大2

砂糖、卵、サラダ油をよく混ぜた後、薄力粉と重曹を振るいながら入れて混ぜる。最後に牛乳を入れてよく混ぜる。耐熱カップに6分目くらいまで流し込み、蒸し器で10分ほど蒸して完成。

チョコチップを入れたり、ゴマをいれたり、アレンジも色々できるので、お好みの蒸しパンを作ってみてくださいね!

ベーキングパウダー&小麦粉不要!「米粉クッキー」の作り方

ベーキングパウダーも小麦粉も使わない、米粉クッキーの作り方を写真付きでわかりやすくご紹介します!

材料


ライターparuparu

米粉(製菓用)120g
卵1個
溶かしたバター60g
砂糖50g

米粉は製菓用を使うと、粒子が細かいので小麦粉と同様に使えます。また、バターは無塩でも有塩でも構いません。なければマーガリンでもOKです!

手順

①溶かしたバターと砂糖をボウルでよく混ぜる


ライターparuparu

溶かしたバターと砂糖をボウルの中に入れ、泡立て器を使ってよく混ぜます。目安として、白くなるまで混ぜてください。

②卵を入れてさらに混ぜる


ライターparuparu

卵を全卵加えて、よく溶きほぐします。この時も泡立て器を使うとよく混ざります。卵が完全に混ざり合うまでしっかり混ぜます。

③米粉を加えてさっくり混ぜる


ライターparuparu

②に米粉を加えます。米粉は粒子ダマにならないので、振るわなくても大丈夫。この時は、切るようにさっくり混ぜてください。ポロポロした形状になってきたら、手でまとめていきます。

④ラップに挟んで伸ばす


ライターparuparu

まな板の上にラップを敷き、その上にまとめた生地を乗せます。その上からさらにラップをかけて、麺棒を使って生地を1cm位の厚さに伸ばします。ラップを使うと、手が汚れないのでおすすめです。その後、冷蔵庫で30分ほど寝かせます。

⑤スケッパーや包丁で生地をカットする


ライターparuparu

冷蔵庫から出したら、包丁やスケッパーをつかって素早くカットします。生地を手で触るとベタついてしまうので、なるべく触らないように素早くカットするのがポイントです!
★この時にオーブンの余熱を170度でスタートしておきます

⑥天板に乗せて170度で15分程焼く


ライターparuparu

カットした生地同士がくっつかないように天板に並べて、余熱しておいたオーブンに入れます。15分程焼いたら完成です!
★ご家庭のオーブンにより焼け具合が異なるので焼き時間は調節してください。クッキーの裏に焼き色がつく位が目安です。

出来上がり


ライターparuparu

焼き上がりはこんな感じ。焼き立てを食べるとしっとりしたクッキー、冷めてから食べるとカリッとしたクッキーになります。どちらも美味しいですよ♡

ベーキングパウダーがなくても大丈夫!お菓子作りを楽しもう


写真AC

ベーキングパウダーがなくても重曹や卵白などを使えば、子供の大好きなお菓子を作ることができることがわかりました。ベッーキングパウダーなしのレシピを知っておくだけで、お菓子作りの幅も広がりますよね!

生地を混ぜる、こねる、型抜きをするなどの簡単な作業はぜひお子さんにやってもらいましょう!親子で一緒にお菓子作りを楽しんでみてください♪

友だち追加

paruparu

やんちゃボーイ2人の子育てに奮闘中のママです。 特技は、お得情報発信と家事の手抜き♡ ママ目線で子育てが楽しくなるような記事をたくさん書いていきたいです!

プロフィール

ピックアップ記事