• HOME
  • トップ
  • 育児情報
  • ママキャンパー連載【ファミリーキャンプのススメ】#02持ち物編〜失敗知らずのキャンプ道具選び〜

ママキャンパー連載【ファミリーキャンプのススメ】#02持ち物編〜失敗知らずのキャンプ道具選び〜

記事内画像出典:ayakouchi

今年こそ家族でキャンプデビューしたい!


キャンプをはじめてみたいけど、「何から用意すればいいかわからない」「子連れだとハードルが高い」と躊躇しているご家族へ。ファミリーキャンプ歴5年の筆者(ayakouchi)が、はじめ方や楽しみを連載でお伝えしていく第2弾です!

初回の記事はこちら

我が家がキャンプにハマったきっかけや、はじめる前に心得ておきたいことキャンプ場選びのポイントなどを紹介しています。

今回は【持ち物編】ということで、これからキャンプをはじめる人に向けて

●キャンプ道具選びで失敗しないポイント
●これさえあれば大丈夫!基本の持ち物
●あると便利なキャンプ道具

実際に何がどのくらい必要か、キャンプ道具の選び方シーズンごとにあると便利なものについてお伝えしていきます!

キャンプ道具選びで失敗しないポイント

これからキャンプ道具を一式用意するとなると、かなりのボリュームに…。「買ってから使えなかった」なんてことがないように、チェックしておきたいポイントを4つご紹介します。

キャンプ場の設備を確認


最初から全部揃えなくても、キャンプ場のレンタルに頼ったり実際に試してから購入を検討してみるのも一つの手です。

まずはグランピングなどの手ぶらプランからはじめて、2回目は購入したテントの初張りをして焚き火台だけレンタルをしてみるとか。最初から一気に揃えなくても、回数をこなすごとに道具を増やしていくのも楽しいですよ。

実家・リサイクルショップでお宝探し


ご両親が昔使っていた物がそのまま実家に眠っていたり、近所のリサイクルショップでお宝発掘!なんてことも。さらに「実家で使っていなかったランタンをフリマで売り、そのお金で新しいランタンをゲットした」という友人もいました!

私は父親からランタンやキッチンバスケットを受継ぎ、テーブルはリメイク(塗装)して使っています。

フリマアプリをチェック


使い込むほどに味が出るキャンプ道具。もとから中古でもいっかというアイテムについては、フリマアプリで安く手に入ることも。購入前に一度検索してみるといいかもしれません。

口コミやレポート記事を確認


写真AC
実際に試すことなくネットで購入する場合は、レビューや実際に使ってみた的なレポート記事を参考にしています。

インスタグラムでも#商品名」で検索すると、参考になる写真や使用感が見つけやすくおすすめ。英語表記やカタカナ表記でヒット数が変わるので、気になるアイテムはチェックしておきましょう。

これさえあれば大丈夫!基本の持ち物


最低限、これだけあればキャンプはできる!というアイテムだけを厳選して紹介します。

【基本の持ち物リスト】
●テント+ペグ+ハンマー
●シュラフ(寝袋)+マット
●テーブル+チェア
●ランタン+ランタンハンガー
●クーラーボックス+保冷剤
●食器+食材+調理器具
●着替え+洗面道具
●保険証+救急セット

これだけみると、ちょっとハードルが低くなりませんか?それでは一つ一つ、おすすめアイテムとともにみていきましょう!

テント+ペグ+ハンマー


これさえあればテントが完成!テントによってはペグやハンマーが付属していますが、打込みにくい場合もあるので別購入がおすすめ。

はじめてのテントにおすすめ


ヴィリメッツァのトンネルテントを、はじめてのテントに選んだポイントは

●2万円以内と安いのにUVカット率と耐水性の高い幕
●オールシーズン使えること
●4人家族想定
●寝室とリビングが一体で雨天時も安心(2ルームやトンネル型)

まだ口コミは少ないですが、友人が「安いわりに最高!」と言っていたので今回おすすめしました!他のテントと比較検討する際、上記のポイントを含めてチェックしてみましょう。

私史上最強ペグ


エリッゼステーク(通称エリステ)はカラバリやサイズも豊富。私は見つけやすいように赤を愛用しています。サイズは18〜48cmある中で28cmがファミリーテントにもタープにも使いやすいサイズです。

愛用ハンマーはこちら


最初はホームセンターで購入したハンマーを使っていましたが、ペグ抜きがなかったのでスノピのPROを購入。娘も4歳からこのハンマーでペグ打ちを手伝ってくれています

シュラフ(寝袋)+マット


寝るときはこの2つがあれば大丈夫。シュラフだけでは地面の凸凹が痛かったり冷たかったりと眠れないので、マットは外せないアイテム!

小さい子と寝るなら連結がおすすめ


生後3ヶ月からキャンプへ連れて行っている経験談として、シュラフを選ぶポイントは3つ。

●オムツ漏れやおねしょを想定し丸洗い可能
●一緒に寝れる連結タイプ
●家族分の寝袋は嵩張るため軽量&コンパクト

使用可能温度や最低温度など表記は、人の体感によって差があるので一旦無視!寒ければ着込んだりホッカイロを入れて対応でき、暑ければシュラフを敷き布団のように広げて使えばOK

マットのおかげで寝心地UP

エアーマット 足踏み式

エアーマット 足踏み式

¥5,860(as of 08/11 09:17)
Amazon product information

足踏み式で空気を入れるので、子供でも簡単にお手伝いできます。ボタンで止めれば連結も可能!ホームセンターで売っている銀マットなら安く手に入りますが、コンパクトにならず収納に困りがちです。

テーブル+チェア


今や好みのアイテムが必ず見つかるほど、多数メーカーから様々なデザインのテーブルやチェアが販売されています。

焚き火を囲みながら食事ができるテーブルがおすすめ


我が家はThe Arthヘキサテーブルを使っていますが、なかなかの高級品…(汗)。そこでビギナーさんも手が出しやすく超絶使い勝手の良いテーブルが尾上製作所のマルチファイアテーブル!鍋を直接置いたり、単体テーブルとしても使えたりとタフで重宝すること間違いなしです。

憧れのチェアが3,000円台で買える


我が家も使っているHelinoxブランドのチェアは1台1万円台。家族4人となると4万円以上…ですが、似たようなもので安く手に入る時代!まずは買い揃えやすいものから、手軽に始めてみてはいかがでしょうか。

ランタン+ランタンハンガー


キャンプ場の夏は19時頃から、冬は16時頃から、だんだん、というよりあっという間にすぐ真っ暗になります。そこで活躍するのがランタン。

LED、ガス、ガソリンと3タイプありますが、子連れならLEDランタンが手軽でおすすめ

明るさが1000ルーメン以上のメインランタンを1つ、さらにサブでいくつかあると寝床に置いたり、トイレに行く時に持って行ったりと便利です。

ベテランキャンパーも愛用するジェントス

GENTOS(ジェントス) LED ランタン

GENTOS(ジェントス) LED ランタン

¥3,334(as of 08/11 09:57)
Amazon product information

多くのキャンパーが愛用する、明るさ1000ルーメンのジェントス。調光も3段階可能で、置いたりぶら下げたりと便利です。

ソーラー充電+モバイルチャージャー付

MPOWERD LUX PRO

MPOWERD LUX PRO

¥5,800(as of 08/11 09:17)
Amazon product information

LEDランタンは充電してこないと使えないですが、ソーラー充電タイプなら運転中フロント部分に置いたり、キャンプ場でも充電可能。災害時にも心強い1台です。

ランタンを吊るすハンガー

UZIPAL ランタンハンガー

UZIPAL ランタンハンガー

¥699(as of 08/11 08:51)
Amazon product information

ランタンは置いて使うより、吊るして使った方が全体を照らせます。これはポールというテントやタープを立てる時に使う棒状のものに引っ掛けて使います。

ちなみに100円ショップでも売っていますが、ポールの幅が大きく合わないこともあるのでチェックしておきましょう。

クーラーボックス+保冷剤


食べ物や飲み物を保管しておくために必要なクーラーボックス。大きく分けてハードソフトがありますが、夏場はハードクーラー、冬場はソフトクーラーと使い分けても良いと思います。

60年以上愛されているスチベル


クーラーボックスは1万円以下と安いものもありますが、キャンプでは一晩以上使うので機能性を重視したものを選ぶと良いでしょう。ファミリーなら30L以上あれば十分。抜群の保冷力と多くのキャンパーから支持を得ているコールマンのスチベルは文句なしのスーパークーラーです!

ソフトクーラーも保冷力の高さで選ぼう

AO Coolersソフトクーラー 12パック

AO Coolersソフトクーラー 12パック

¥12,650(as of 08/11 08:51)
Amazon product information

ソフトクーラーはピクニックや運動会にも使えて便利。こちらも保冷力の高さで選ぶならおすすめはエーオークーラー!トートバッグ型にもなって使いやすいアイテムです。

長時間保冷を叶える保冷剤

LOGOS 倍速凍結・氷点下パックM・2個パック

LOGOS 倍速凍結・氷点下パックM・2個パック

¥1,866(as of 08/11 09:57)
Amazon product information

保冷剤も100円ショップなどで売っているものより、ハードタイプの氷点下パックを選んだ方が効果大。夏場や連泊時はとくに必要で、さらに保冷を求めるならば板氷をプラスすると良いでしょう。

食器+食材+調理器具


キャンプ場でご飯を作って食べるのに必要なアイテム達。何を作って食べるか、イメージしながら用意していきましょう。

食材はキャンプ場近くの新鮮野菜などを購入するのも良いですが、前日に下処理をしたりお取り寄せしておくと、当日楽に調理できます

スタッキング可能な食器やクッカーセットがおすすめ


食器は100円ショップで十分手に入りますが、家族分となると意外とかさばりがちなのでスタッキング(重ねて収納)できるものがおすすめ。

カセットコンロはガスをお忘れなく!


調理器具はカセットコンロが手軽で使いやすいですね。他にも同時調理が希望ならツーバーナー、コンパクトに持っていきたいならシングルバーナーがおすすめです。

焚き火料理であれば、網やフライパンがあれば十分調理可能

着替え+洗面道具


ここは各自必要なものを揃えればOK!ただし、子供の着替えは常に多めに用意しておくと安心。靴や靴下などの下着もお忘れなく

さらに夏でも夜冷えするので上着や長袖は必須。冬はニット帽・手袋・マフラーなどの小物があると良いでしょう。

【子供の着替え】
●1泊2日…上下3セット以上(下着含)
●アウター
●レインコート
●運動靴、長靴(夏は+サンダル、冬は+ブーツ)
●オムツ多め、おしりふき2パック
●帽子・手袋・マフラー(季節に応じて)

保険証+救急セット


これは絶対に忘れてはいけない大事なもの!何かあった時のために、必ず準備しておきましょう。

【救急セットの中身】
消毒液・清浄綿・絆創膏・包帯・虫除けスプレー・虫刺され薬・ホッカイロ・冷却シート・ドライバーセット・電池(数種類)・ビニール袋・軍手・常備薬・ロープ・麻紐・ガムテープetc…

あると便利なキャンプ道具


基本のキャンプ道具以外に、さらにあると充実したキャンプができるアイテムを、それぞれシーン別にリストアップしてみました。

【テントサイト関連】
●グランドシート
●コット・エアーマット
●枕・クッション
●タープ+ポール
●ベンチ

グランドシートはテントの下に敷くもので、テントを比較的綺麗に使うことができます。コットやエアーマットは、寝心地は快適ですが、小さい子供は落ちてしまう可能性があるので要注意

タープ+ポールは年中使うキャンパーさんもいれば、夏の日差し除けや雨除けだけに使うという人もいます。

【焚き火関連】
●焚き火台
●焚き火ハンガー
●トング
●着火剤・薪・炭
●薪置き(薪を乾かすため)
●焚き火グローブ・軍手
●ガストーチ・バーナー

キャンプ場によっては直火NGなところもあるので、そこでは必ず焚き火台を使いましょう。セットで焚き火ハンガーを使うと調理がしやすいのでおすすめ!

火起こしが苦手という人は、ガスバーナーで一気に火をつけてもOK。バーナーは料理にも使えるので、1台持っておくと便利です。

【キッチン関連】
●風防(ガスコンロの風除け)
●ゴミ箱+ゴミ袋
●洗剤・スポンジ
●キッチンペーパー+トイレットペーパー
●サランラップ+アルミホイル
●ウォータージャグ+バケツ
●クーラーボックススタンド
●キッチンテーブル
●トング
●アルコール除菌関連

ここは必要と思うものだけピックアップしていきましょう。私はキッチンバスケットを1つ用意して、そこに全て収納するようにしています。

キッチンテーブルは色んな作りがあるので、ぜひ「#アウトドアキッチン」を参考にしてみてはいかがでしょうか。

【その他小物】
●物干しロープ・ハンガー
●ネックライト
●ハンモック
●遊具
●プロジェクター

ネックライトは小さい子供にも使いやすく、トイレに行く時や、手元を明るくしたいときに便利です。

遊び道具も子供と相談しながら持っていき、忘れ物がないように気をつけましょう

【夏にあると便利なアイテム】
●扇風機・ポータブルファン
●虫除けグッズ
●日焼け止めグッズ
●帽子・サングラス

とにかく暑い夏は、熱中症や日射病にならないよう注意しましょう。同時に虫対策も必須!着替えも多めに用意しておくと良いでしょう。

【冬にあると便利なアイテム】
●ストーブ+一酸化炭素 警報機
●防寒着
●毛布
●ホッカイロ・湯たんぽ
●手袋・帽子・ブーツ

冬は虫がいないぶん、寒さ対策をしっかりとること。テント内でストーブを使うスタイルが増えていますが、必ず警報機をつけ、換気に注意しましょう。

挙げたらキリがないのでは?!と思うほど、たくさんのアイテムをリストアップしてしまいましたが、それぞれの項目ごとにチェックをして、必要なものを少しずつ集めていくことをおすすめします。

次回第3弾はキャンプ1泊2日のタイムスケジュールについて!


自身の経験をもとに、キャンプデビューに向けての持ち物編をお届けしました。最初から一気に揃えるのではなく、徐々にお気に入りのキャンプ道具を集めてみてくださいね!

次回は実際に我が家が1泊2日のキャンプへ行く時のルーティーンやタイムスケジュールについてご紹介します!


友だち追加

ayakouchi

1歳と5歳の母でフリーライターとして活動中。キャンプや旅行が好きなアウトドア家族です。Instagram、ブログも更新しているのでよろしくお願いします!

プロフィール

ピックアップ記事