動くLEGO®で学べるプログラミング!【Z会プログラミング講座 with LEGO® Education】

記事内画像出典:Z会プログラミング講座 with LEGO® Education

大好きな【LEGO®ブロック】でプログラミングをはじめよう!


Pixabay
小学校のプログラミング教育必修化に伴い、comonaではZ会のプログラミング講座をご紹介しています。

今回は取り上げるのは【Z会プログラミング講座 with LEGO® Education】。

レゴ®ブロックでロボットを組み立て、プログラミングで動きを実現できる子供に大人気のコンテンツ。大好きなレゴ®ブロックを使い、「論理的思考力」や「課題発見・解決力」を育むことができると話題です!

▼▼▼その他《Z会プログラミング講座》に関する記事はこちら▼▼▼
プログラミング学習を気軽に始めるなら【Z会プログラミング講座 with Scrach】がおすすめ!
2020年7月新規開講【Z会プログラミング講座 みらい with ソニー・グローバルエデュケーション】は女の子にも大人気!

【Z会 with LEGO® Education】の特徴

【Z会プログラミング講座 with LEGO® Education】では《基礎編》《標準編》を学齢にあわせて選べます。Z会とLEGO®のコラボで、おうちで本格的なプログラミング学習ができるようになりました!

【レゴ®ブロックの楽しさ】×【Z会の学習ノウハウ】

全国のプログラミング教室を押さえ、顧客満足度NO.1の実績を誇る【Z会プログラミング講座 with LEGO® Education】。

自分の手でロボットを作るレゴ®ブロックならではの楽しさと、Z会ならではの丁寧な解説・サポートの融合は他の追随を許しません。コロナ禍でおうち学習が注目されている中、さらなる人気が予想されています。

▶▶▶身につけられる力◀◀◀
・プログラミングに必要な思考の流れや論理性
・課題発見・解決力
・図形や空間の認識力
・造形センスや手先の器用さ
・重量や強度などの物理的バランス感覚
・数学、工学につながる知識や感覚

年度の途中から始めにくい教室や講座が多い中、Z会プログラミング講座は、いつ始めても、カリキュラムの最初からスタートできるのも、Z会プログラミング講座が選ばれる理由の一つです。

《基礎編》《標準編》の違いをチェック!

コース 《基礎編》 《標準編》
推奨学齢 小1~小4 小3以上
回数 / 期間 全12回 / 1年 全12回 / 1年
受講料 (月額の場合) 5,093円 (税込) 5,800円 (税込)
受講料 (一括払いの場合)

おトク!

51,942円 (税込)

※1カ月あたり 4,329円

50,380円 (税込)

※1カ月あたり 4,930円

キット 

WeDo 2.0

SPIKE™ プライム

キット料金 (初回のみ)  27,951円 (税込) 50,380円 (税込)

《基礎編》と《標準編》の主な違いは難易度。それに合わせて推奨学齢が設定されています。

《基礎編》で使用されるキット「WeDo 2.0」は、淡い色合いが特徴的。子供が色ではなく”動き”に注目できるように配慮されているから、プログラミング学習の導入にぴったり!

「WeDo 2.0」に比べ《標準編》の「SPIKE™ プライム」は、センサーやモーターの種類が多く、より複雑な動きを表現できるようになっています。

受講に必要なもの


写真AC

1. ワークブック&保護者用ガイド
毎月一回届けられる「ワークブック」と「保護者用ガイド」。Z会の通信教育のノウハウが凝縮されたワークブックは、会話形式のテキストなので、子供の読みやすさにしっかり配慮。科学的な事象やプログラミングの解説も、子供の視線で分かりやすい!保護者用ガイドも充実しているので、子供の”困った”にもすぐに対応できます。

2. キット
《基礎編》ではWeDo2.0基本セットを、《標準編》ではSPIKE™ プライムを、それぞれの入会申し込みと同時に購入します。一般のレゴ®ブロックでは難しい「動きを伴う創造性」を体験することができますよ!
※キットを既にお持ちの場合は、キットを改めて購入する必要はありません。
詳しくはこちら

3. タブレット、またはパソコン
インターネットに接続したタブレット、またはパソコンが必要です。
《対応機種について》詳しくはこちら
端末を持っていない場合でも、Z会ならiPadを特別価格で購入することができるスペシャルオファーがありますよ!
《iPadの購入について》詳しくはこちら

Z会 with LEGO® Education《基礎編》を深掘り!


《基礎編》では毎月乗り物や動物、ゲームなど、子供が夢中になるバラエティーに富んだ二つのテーマにチャレンジしていきます。

1ヵ月の学習時間は90分~150分×2テーマ。毎月の学習時間は多くても5時間程度だから、学校の勉強や他の習い事とも両立できる分量です!

【学習の流れ】
①組み立てる
レゴ®ブロックにモーターやハブ、センサーなどを組み合わせてロボットを作る。
②動かす
ワークブックを見ながらプログラミングする。
プログラミングは、難しい言語ではなく、直感的に操作できるビジュアルプログラミングを採用しているので初めてでも安心!(絵が描かれたブロックを組み合わせていく。)
③工夫する
ロボットの動きを発展させる。
試行錯誤しながら自由に動かす過程で、課題発見・解決力を身につける
④「Challenge!!」にトライ!
「まとめテスト」が各テーマごとにあり、プログラミング学習の理解を深める。作って終わりにしない学習システムだから、学んだ内容が定着する。

ママのギモンにお答え!
Z会 with LEGO® Education《基礎編》

《基礎編》の内容をザックリ把握したところで、ママが気になるポイントをもっとクリアにしていきましょう!

《基礎編》で何ができるようになるの?


「もし~なら・・・」という構文と、条件に応じた処理を設定するということを学びます。どのブロックの指示を、どのように変えるかなど、試行錯誤を繰り返し、問題発見・解決のための思考・姿勢を身につけていきます。

プログラミングスキルや思考力だけでなく、センサーやモーターの役割など、数学、工学に繋がる体験ができるのもポイント!

パパ・ママにプログラミングの経験がなくても大丈夫?


写真AC
ワークブックには、子供が一人で取り組める仕掛けがいっぱい!「保護者用ガイド」もあるので、パパ・ママにプログラミングの知識がなくても大丈夫。一緒に楽しみながらプログラミング学習を進められますよ!
(参照:Z-KAI FAQ

年長からでも大丈夫?


《基礎編》は小学校1年生以上に推奨されていますが、保護者のサポートがあれば小学生未満でも受講が可能です。学齢問わず申し込めるのもZ会ならではです!
(参照:Z-KAI FAQ

Z会 with LEGO® Education《標準編》を深掘り!

《標準編》は、レゴ社の新製品SPIKE™ プライムを使用した2020年3月開講の新講座!より高性能なモーターやセンサーを使用し、「未来のスマートなくらし」を擬似的に実現する活動を行います。

1ヵ月の学習時間は《基礎編》と同じ、90分~150分×2テーマ。1カ月の学習量はだいたい3~5時間程度だから、習慣化しやすく続けやすい!

【学習内容】
近未来の世界で現れそうなロボットを作り、課題に沿ってプログラミングします。一年間の前半は「ヘルス&フィットネス」、後半は「サウンド&エンターテイメント」をテーマに、スモールステップで段階的にプログラミングを学びます。

【学習の特徴】
より多彩な表現ができるキットを使って、課題発見・解決への成功体験を積み重ねます。使用するのはScratchをベースにしたビジュアルプログラミング。プログラミング経験の有無に関わらず、誰でも論理的に考え、客観的に問題を解決する力を育むことができますよ!
※Scratchは多くの小学校のプログラミング教育でも導入されています。

ママのギモンにお答え!
Z会 with LEGO® Education《標準編》

《標準編》の内容をザックリ把握したところで、ママが気になるポイントをもっとクリアにしていきましょう!

《標準編》で何ができるようになるの?


実社会・実生活を想定した課題について、自ら考え、原因を探り、テクノロジーによって解決していきます。SPIKE™ プライムには大型のパーツがあり、組み立てよりも、動きを実現するための”思考錯誤”に時間をかけることができます!

試行錯誤する時間が、想像力や課題発見・解決力を育み、子供の成功体験と自信を積み重ねることに繋がるでしょう。

プログラミング初心者でも《標準編》からで大丈夫?

写真AC
小学3年生以上を対象にしているので、3年生以上なら初心者でも大丈夫。レゴ®ブロックが初めてだったり、不安があるようなら《基礎編》からはじめるのがオススメです!
(参照:Z-KAI FAQ

【Z会プログラミング講座 with LEGO® Education】「受講者の声」をお届け!

実際の受講者はどういった学習の進め方をしているのでしょうか?気になる口コミを見ていきましょう!

東京都 小学4年生
集中力やあきらめない心 大好きなレゴ®を使った教材で身についてきました

受講のきっかけ

3年生になり、サッカー、ピアノのほかに何か習い事をと思い、前から気になっていたプログラミングを中心に検討を始めました。ネットで検索すると、Z会にプログラミング講座があることを発見!しかも大好きなレゴ®ブロックを教材としていて、お月謝も予算内、子どももやる気満々だったので、すぐ申し込みました。

どう取り組んだ?

最初の3ヶ月は親も一緒にやっていましたが、今では、わからないところをサポートしながら1ヶ月に2日ほど、時間が取れる日曜日に集中して取り組んでいます。できたロボットを動かす時には家族みんなで楽しみます。するといろいろなアイディアが出てくるので、改良して仕上げていきます。

受講してここが良かった!

まずは、「プログラミングとは何か」という事を知っている、という自信がついたことです。これから小学校の授業で必修となるので、その時に自信を持って楽しくできるのではないかな、と思います。
2つめはチャレンジする心です。できあがったロボットが思った通りに動いてくれなくても、最後まであきらめずに試行錯誤を繰り返して完成に近づけています。
3つめは集中力です。休みの日、朝からプログラミングに1日中取り組んでいる子どもの様子を見ると、集中力をつけるためには、やはり自分が興味があること、楽しいことに取り組むのが1番だなと実感しています。Z会のプログラミング講座を「やってよかった! 成功!」と嬉しくなります。
(引用元:Z会プログラミング講座 with LEGO® Education)

いつでも夢中になれるプログラミング講座

【Z会プログラミング講座 with LEGO® Education】は家庭のタイミングで、子供の学びをしっかりサポート。子供の「やりたい!」気持ちを育み、課題解決への思考や科学技術への興味を効果的に引き出してくれます。

遊びを通したLEGO®ブロックでの学習で、楽しみながらプログラミングをはじめてみませんか?
▼▼▼まずは資料請求から▼▼▼

▼▼▼その他《Z会プログラミング講座》に関する記事はこちら▼▼▼
プログラミング学習を気軽に始めるなら【Z会プログラミング講座 with Scrach】がおすすめ!
2020年7月新規開講【Z会プログラミング講座 みらい with ソニー・グローバルエデュケーション】は女の子にも大人気!

satoco*

3才差姉妹の母です。 ママだからこそ楽しめること、子どもとの生活がより豊かになる役立つ情報をお届けしたいと思っています♡

プロフィール

ピックアップ記事