【小学生ママ必見】夏休みにお家でできる!ロボットプログラミング教材

家族で挑戦!プログラミングでロボットを動かそう


instagram @pu_mama05

子供の習い事として人気の高まっている「プログラミング」。小学校での必修科目の煽りを受け、習わせた方がいいか悩んでいるママも多いのではないでしょうか。そもそもプログラミングとはどんな内容を勉強するのか、子供が興味を持ってくれるのか、わからないことや心配なこともたくさんありますよね。

そこで、家庭でも取り組むことができる「プログラミング教材」が今注目されています。遊びながら創造力やプログラミング思考が身に付くといわれ、気軽に始めることができます。今回はたくさんあるプログラミング教材の中から「ロボットプログラミング」のおすすめ教材をご紹介します。ぜひ夏休みにお家でやってみてくださいね!

お家でできるロボットプログラミングとは?

ロボットプログラミング


instagram @shicococo

ロボットプログラミングとは、そのネーミングの通り、プログラミングを使って命令を指示し、ロボットを動かすこと。自分の思い通りにロボットを動かすことができるので、子供の興味が薄れにくく、楽しみながらプログラミングを学ぶことができます。

ブロックやパズルのように遊び感覚でプログラミングに取り組むことができるので、小学校入学前のお子さんでも遊びながら楽しく学ぶことができます。

ロボットプログラミングの魅力

メリット


写真AC

①子供の興味を引き出せる
「プログラミング」というと難しい気がしますが、「ロボットを作る」「ロボットを動かす」なら子供が興味を持ちやすく、遊び感覚で取り組むことができます。

②親子でプログラミングを学べる
子供向け教材ですが、パパやママもワクワクしてしまうのがロボットプログラミングの魅力です。協力して作っていくことで一緒に学ぶことができますよ。

③ものを作ることの達成感を知ることができる
ロボットが出来上がった時、ロボットが動いた時の喜びを知ることは、プログラミングに興味を持つ大切な要素になります。プログラミングって楽しい、もっとやってみたい、その気持ちが次へのステップにつながります。

④幼児期から始めることができる
プログラミング教育は小学校から開始されますが、ロボットプログラミングは未就学児でもできるものも多くあります。小学校のプログラミング授業への練習にもなるので、入学前からのスタートもおすすめです。

効果的に活用するポイント


instagram @kotton_note

①年齢に合った教材を選ぶ
例えば、低学年のお子さんに高学年用の教材をやらせると、とても難しくわからないまま投げ出してしまいます。さらにプログラミング自体が嫌いになってしまうことも…。必ず年齢に合った教材を選んであげましょう。

②強制しない
やりたくないものをやらせても長続きしません。無理にやらせず、興味がわくような工夫をしながら「やりたい」と思えるきっかけを作りましょう。

③親子で一緒に楽しむ
親が夢中になって真剣に取り組む姿を見せることは、子供に良い影響をもたらします。子供と一緒になってわからないことやできないことを共感しながら、「一緒に学ぶ」姿勢を持ちましょう。楽しさを一緒に共有することができ、より学ぶ楽しさを伝えることができます。

小学生におすすめのプログラミング教材

ロボットトイ「toio(トイオ)」

キューブ型のロボットを動かしながら、さまざまな遊びと学びを提供するロボットトイ。置き型装置である「コンソール」、命令によって動くロボット「キューブ」、ロボットを操作する「リング」の3つを本体として、ソフトを組み合わせることで幅広い遊びを作ることができます。

toioバリューパック

上記3つの本体に加えて、バリューパックには「トイオ・コレクション」という専用タイトルが付属されています。この専用タイトルを使うことで、キューブを動かして戦うバトルや、おはじき、リズムでプログラミングなどの遊びを楽しむことができます。

キューブにクラフトやレゴなどのブロックをつけてオリジナルロボットを作り、戦わせることもできるなど魅力もたくさんです。

toio バリューパック「GoGo ロボットプログラミング ~ロジーボのひみつ~」同梱版

本体に「GoGoロボットプログラミング」の専用タイトルが付属しています。キューブを使ったロボット「ロジーボ」に命令をプログラミングし、その通りに動かすことで絵本のストーリーを進めていく仕組み。

命令を読み取らせ、ミッションを達成していくので、プログラミング的思考を養うのにもぴったりなソフトです。

「toio」詳しくはこちら

Spheroシリーズ

Sphero(スフィロ)はアメリカで生まれたボール型のロボットです。「Sphero Edu」という無料アプリを使ってプログラミングしていきます。スマートフォンやタブレットからもプログラミングすることができます。

初心者向けの「コード」の学習から、高度なプログラミング言語の学習まで幅広くチャレンジできるので、遊びや学びの可能性が無限大に広がります。

Sphero Mini


Sphero Mini

ピンポン球くらいの小さなボールをアプリでプログラミングし、動かします。画面に画を描き、その軌道の通りに動かしたり、動く方向や速度の指令を出してコントロールします。

またボールをコントローラーにしてアプリ内のゲームを楽しむこともできます。

Sphero BOLT


Sphero BOLT

ボルトの魅力は、高度なセンサーが搭載されていること。赤外線センサーや光センサーなど様々なプログラミングに対応できます。
またボール内に小さなスクリーンがあり、スクリーンにボールのリアルタイムデータや、アプリでプログラミングしたアニメーションを表示することができます。より高度なプログラミングを学ぶことができます。

Sphero RVR

こちらはロボットボールの進化版。ボール型ではなく車型です。同じアプリを使って動かすことができます。初心者向けの簡単なプログラミングから、車の改造、機能の拡張など上級者にも楽しめるロボットです。

「Sphero」詳しくはこちら

Makeblockシリーズ

ドライバー1本で組み立てられるプログラミングロボット。組み立てから動きの指令を出すプログラミングまで、作り出す喜びを体験できます。

Make mBot

38の部品を組み立てるロボット。mBotにはあらかじめ「障害物回避モード」や線に沿って走行する「ライントレースモード」などが備わっているので、細かい動きまで指示しなくてもプログラミングの基礎を学ぶことができます。

Makeblock codey rocky

コントローラーと本体、2つのパーツを組み合わせて、障害物や色を検知しながら自由に移動させることができるロボット。AIが搭載されているので「顔認識」や「音声認識」など、子供が興味を持つ要素がたくさん詰まっています。

「Makeblock」詳しくはこちら

micro :bit

イギリスの小学校で広く使われているプログラミングボード。専用のアプリを使うことで、スマートフォンをリモートコントロールすることができます。スピーカーと繋いで音楽を鳴らしたり、写真を撮影することも!PCがなくてもプログラミングを学ぶことができます。

「micro:bit」詳しくはこちら

ロボットを使ってプログラミングの楽しさを知ろう


instagram @kayu_deco

いかがでしたか?アプリを使ってプログラミングした命令で、ロボットを動かすという簡単な方法で学ぶことができるロボットプロブラミング。自分で考えた通りにロボットが動くと大きな達成感と満足感を得ることができます。家族みんなで協力して取り組めるロボットプログラミングに、この夏ぜひ挑戦してみてくださいね!

友だち追加

rin69

ああ言えばこう言う生意気盛りの姉妹と日々格闘中。 毎日を楽しく過ごすためのコツを見つけたいと思っています!

プロフィール

ピックアップ記事