お家で楽しむ「砂場遊び」ベランダやお庭に合わせた簡単な遊び場を作ろう

おうちで楽しむ砂場遊び!


instagram @tetuya_hirata

子供たちが大好きな砂場遊び。今の時期、公園に出かけたくても暑さが厳しくてなかなか出かけられなかったり、砂遊びは衛生的にちょっと…と感じているママも多いのではないでしょうか。

そんな時は、おうちに「砂場」を作ってみませんか?おうちでの砂場遊びなら、遊び終わったらすぐ着替えられるので服の汚れも気にならず、日かげで長時間遊ばせることもできますよ!

庭がなくてもベランダや屋上など、ちょっとしたスペースにも「砂場」を作ることができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

「砂場遊び」が子供におすすめな理由

公園の砂場遊びやおうちでの砂場遊び。それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか。

「砂遊び」のメリット


instagram @milknem

①手先や指の運動

0歳から楽しめる砂遊び。最初は砂を握って離しての繰り返しから、1歳半以降ではお砂場セットなど道具を使って遊べるようになります。手や指を動かすことは記憶力・思考力・集中力アップなどにつながります。

②体力作り

一見じっとしているように思う砂場遊びですが、立ったり座ったりの動作がとても多い遊びです。また、水を入れたバケツを運ぶ力やバランス感覚、穴を掘る・移し替えるなどの絶妙な力加減を学んでいきます。

③創造力

遊び方が十人十色の砂場。山を作るも良し!型抜きをするも良し!今日は何をしようかな?と、子どもが自分で考えて楽しい世界を生み出していきます。ママやパパがびっくりするようなアイディアをもっているかもしれませんね!

④社会性・協調性

お友達と一緒に遊ぶことが多いので、順番を守る・道具の貸し借り・ごっこ遊びの役割決めなど、ルールが出来上がってきます。時にけんかになってしまうこともありますが、その中で自分の気持ちを表現したり、お友達の気持ちを想像したりする力が養われ、社会性が備わっていきます。

「おうち砂場」のメリット


instagram @haruyua1028

①熱中症予防

公園の砂場は基本的には野ざらし。どんなに帽子等で熱中症対策をしていたとしても、長時間遊ばせるのは心配です。おうち砂場なら屋根のあるところやサンシェード、タープ下などに砂場を作ることができるので、熱中症対策にもなり安心です。

②家事をしながら見守ることができる

比較安全性が高い、砂場遊び。自宅ならずっと側についていなくても、子どもの声に注意しながら、家事などママの時間を確保をすることができます。公園の社交場がハードル高く感じるパパでも、おうち砂場なら一緒に楽しめますね。

③いつでも清潔

おうち砂場は衛生面においても◎。蓋を付けることで害虫や菌を防ぐこともできますし、定期的に砂を入れ替えることも。安心して遊ばせることができます。

おうち砂場をDIYしよう!【お庭編】

砂場の大きさは自由自在!ちょっとしたスペースにも作ることができますよ。

材料


instagram @chiaki_chokin

【枠】
・木材
・ビス 又は 釘
・固定用L字金具

※防虫・防腐処理済みの木材だと、塗料を塗る手間が省けます

【砂、その他】
・砂
抗菌砂、除菌砂、ビーチ砂 などいろんな種類があります。それぞれに特徴があるので、お好みで選んでください。
・防草シート

100均の園芸コーナーでも売っています。ホームセンターで売っている防草シートは大きいものが多いので、100均の小さいサイズでも十分使えます。
※全ての材料は作りたい砂場の規模に応じてサイズ・量をお選びください

作り方


instagram @chiaki_chokin

①木枠づくり

土台となる木枠を組み立てていきます。こちらは砂を入れる部分の枠と表面から見える一回り大きい枠の2つを組み合わせて土台を作っています。木材を四角になるよう整えてから、L字金具で止め固定し、砂を入れる枠を完成させます。※防腐処理が必要な場合は、組み立てる前に塗料を塗り、よく乾かしてから木枠を作ります。

②砂場にしたい部分を掘る

木枠のサイズよりも少し大きめに掘ります。掘った穴に木枠をはめ込むので、少し大きめに掘ると楽に入れることができます。

③防草シートを敷く

掘った部分に防草シートを敷きます。防草シートも少し大きめにカットして入れます。上から木枠を押し込むので、内側にシートが引っ張られやすいです。余裕をもってカットしましょう。

④設置して完成!


instagram @chiaki_chokin

①で作った木枠を穴にはめ込みます。浮いたりしないよう、しっかり押し込みます。地面にしっかりと差し込めたら、砂場の砂を入れ完成です♡

※砂は木枠のサイズを測り、枠内に購入する砂袋がいくつ入るのかイメージして購入するのがポイント!例えば、深さが10cmなら、砂袋が縦に2つ。横幅が90cmなら砂袋が横に2つ並べられる…と計算している方が多いようです。買い足しできるので、おおよそで◎。

おうち砂場をDIYしよう!【ベランダ編】

マンションなどのベランダにも砂場を作ることができます。作り方は簡単。深さの容器に砂を入れるだけ!ベランダに合うサイズの容器を探してみてくださいね♪

砂場作りにおすすめの容器

限りあるスペースに最適!

お洗濯物を干すのに必要なベランダに、大きな砂場はちょっと…となりますよね。この容器は片づけが簡単!こちらはお部屋でも楽しめるサンドテーブル。蓋つきになっているので、お砂場以外では普通のテーブルとしても使えます!キネティックサンドが使われており普通の砂場とは違ったまとまった触感が人気です。

衣装ケース

一番コスパの高いケースが衣装ケースです。おうちで眠っている衣装ケースを利用するのもアリですね!水を入れて砂場遊びをする際は、カビが発生しないように底に穴を開けるか、定期的に砂をかき混ぜてくださいね!

おうちプール


instagram @kohinatsu5

衣装ケースや子供用砂場ケースは、入って遊ぶことはできませんが、プールならそれが可能!公園の砂場のように足元から砂を感じられます。砂を除けば、片付けが簡単なのも便利ですよね!

みんなのおうち砂場をみてみよう

おうち砂場を楽しんでいるご家庭の工夫とアイデアをご紹介します。

庭の砂場アイデア

レンガなら円型にもできる


instagram @ouchiizm
木材だと難しい円も、レンガやブロックなら自由自在!固定にセメントが必要なので、難易度は少々高めです。お子さんが大きくなったときは、花壇としても使えますね!

手軽に買えるブロック塀で


instagram @inakanoie.nagano
防虫防腐のケアは不要!ビス留めも必要なし!手軽に取り入れられる素材です。男前なデザインに仕上がるので、男の子ママにもオススメです!

並べるだけで可愛くおしゃれに


instagram @saesana21
ホームセンターに売られている花壇用のブロックを使って♡同じようなデザインの色ブロックや、木の柵もあるので、お家の雰囲気に合わせて並べてみてください。こちらも、砂場として使い終わったあとは花壇に生まれ変われますね!

ベランダの砂場アイデア

ベビーバスが大活躍


子どもがしゃがんでも使いやすい寸法。もしまだお手元にある方はぜひ♡ベビーバスにはだいたい排水口があります。事前に蓋を開けて底石をひけば、水を入れての砂場遊びも可能ですよ!

コンテナはおしゃれに馴染む


instagram @homemoh_jun
透明な衣装ケースよりグッとおしゃれになるコンテナ。耐久性もばっちりなので、置きっぱなしでも大丈夫!蓋に座れるコンテナなら、ベランダでちょっとコーヒーを1杯…なんてことも♡

★巾着風プレイマットで後片付けも楽ちん


Roomclip hanamaru-kiさんのお部屋

飛び散る砂が心配なママはこちらがオススメ!忙しくてもきゅっと紐を縛れば片づけ完了!散らばるレゴやLaQにも使え、万能です。

砂場をDIYしておうち時間をもっと楽しく!


ライターcotto

知育玩具が人気の今日、昔からある砂場はその知育の宝庫だったのです!そんな学び場をご自宅に♡おうちに砂場があれば、兄弟・友だち・ママ・パパと一緒に楽しめます!おうち遊びのマンネリを防いで、おうち時間を楽しみましょう♡

cotto✽07

2013年&2016年生まれの男の子×2人のママです♡ 「ママの笑顔が家族の元気の源」をモットーに、ママが楽しめる“かわいい!”“おしゃれ!”な情報...

プロフィール

ピックアップ記事