「七五三準備」は今から!初めてのママも焦らずに進められる段取りや手順とは

「七五三」当日をスムーズに進める為の段取りとは


instagram @rk.0902

3歳、5歳、7歳の歳の11月15日に行うお祝いの七五三。あと2ヶ月を切りましたが、みなさんは準備などはもうはじめているでしょうか?始めようと考えながらも、何から始めたらいいのかなど悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そんな、今年七五三を迎えるお子様をお持ちのママ、パパ向けに、当日を迎えるにあたってどんな準備が必要なのか。数ヶ月前から進められる段取りや手順などをまとめてみました。

2〜3ヶ月前からしておくと良い予約や準備

七五三を迎えるに当たって、当日スムーズに行われるように2〜3ヶ月前から進められる準備や、決めておくと良い事、予約する事などを紹介します。

参拝する日取りを決める


写真AC

まずは、参拝をする日取りを決めます。七五三は11月15日に行われるのが主流ですが、混雑を避けるためであったり、また11月も下旬を迎えると寒さも気になってきますので、その辺りも考慮して今は10月下旬〜12月上旬までに行う方が多いようです。

11月15日にとらわれずママ、パパのお仕事の都合や学校行事、また祖父母を呼ぶのであればそれぞれの予定も考慮して決めるといいと思います。

子供が当日着る晴れ着の手配


instagram @tsunagari_mamamama

衣装となる着物。こちらはお下がりのものを使うか、購入するか、レンタルするかなどで段取りも変わってきます。

購入する場合

購入する場合は店舗に出向き試着などをして決める方が多いようです。実際に着物の色味や質感を確かめられたり、その場でサイズのお直しをしてもらうこともできます。購入する場合のメリットとして、好きな柄を選べる、手元に残る、スケジュールの調整がしやすいなどがあげられます。

レンタルする場合

店舗へ出向き実際に試着しながら選ぶ方法があります。レンタルの場合は、着付け、ヘアセットメイクなどがオプションかセット料金に含まれているところも多いのが魅力的です。

またなかなか近隣にレンタルをしてくれる店舗がない場合や、出向くのが難しい場合はネットでのレンタルもあります。その場合はあらかじめ色を決めておくと時間がかかりません。また、返却時間と返却方法をチェックしておくと良いでしょう。

ネットにはサイズなども詳しく記載されているので、口コミなどを参考にお子様を採寸して決めるといいでしょう。時期によって人気の柄や色は選びにくいですが、コストが抑えられることがメリットとしてあげられます。

おすすめレンタルショップ

ネットで着物レンタル 京都かしいしょう 
お子様の晴れ着だけでなく、ママ、パパの晴れ着もレンタル可能。汚れたりした場合の保証もきちんとついています。

記念撮影や写真の予約


instagram @sachiko917

前撮りをする場合

前撮りをする場合は、撮りたい時期の1〜2ヶ月前に写真スタジオへ予約をしておきましょう。

お誕生日撮影と合わせて撮影する方も多いようです。スタジオによってはシーズンオフだと、七五三シーズンよりもかなりお安く撮影してくれるところもあるようなので探してみるといいですね。前撮りは時期を選べて、混雑を避けることができるので近年注目されています。

当日撮影をする場合

当日の場合は、七五三シーズンになりますので早めに予約をしておかないと予約が埋まってしまう場合もありますので気をつけてくださいね!当日、参拝が終わってからスタジオに出向く場合と、神社に来てもらい当日の姿を収めてもらう出張撮影などもありますので、ご家族で検討して早めの予約を。

おすすめ写真スタジオ
スタジオキャラット

参拝する神社選びや祈祷予約


instagram @yurie1103

神社への祈祷の予約も忘れずに。

参拝する神社の場所選びは、お子様が着付けをしてからの移動になると思いますので、無理のない距離で、またご両親などが来られる場合はそちらも考慮して選びましょう。お宮参りや安産祈願をしていただいたゆかりのある神社で行われるという方もいらっしゃいます。

予約なしで行ってくれる神社もあるようですが、現在はコロナウイルスの影響もあり祈祷を1組ずつとされていたり、人数制限などを行なっている神社も多いそうなので、必ず問い合わせをしておいた方がよさそうです。その際に、当日の内容や初穂料などの確認もしておくとよさそうです。

食事会の予約


写真AC

食事会は、される方とされない方に分かれると思いますが、今回はされる場合の準備をご紹介します。食事会は、おうちで済ますのか、お店に行くのか。また誰を招くのかなどを決めます。

外食をされる場合は疲れなどが考えられますので参拝した神社から無理のない移動距離にあるお食事処がおすすめです。予約は2ヶ月前がベスト。1ヶ月を切るとお店によっては鯛などのお祝いの食材の発注が終わっているところもありますので、余裕の持った予約をおすすめします。

ママ、パパ、お子様、祖父母でお食事される方が多いようで、食事内容は和食の祝膳など鯛や赤飯が入っているものが主流です。予算は平均的に1人あたり3,000円から10,000円としている方が多いようです。お店に行く場合は、招く方の時間なども考慮した上で予約をしましょう。

1ヶ月前〜当日の準備

着物の試着


instagram @tomo_chibibi

借りたものや、お下がりの物は1ヶ月前頃に実際に試着してみましょう。この時期であれば、当日のお子様の体型に近いですし、1ヶ月後の七五三当日に向けお子様も試着をしておくことで心の準備ができ、着物に慣れることもできます。

思っていたような寸法ではなかったなどの不具合があってもまだこの時期なら直しが可能ですので焦らずに対処しましょう。また、ママやパパも着物や晴れ着を着られる場合は一度試着しておいて、小物が全て揃っているのか、直すところがないかなどの確認をしておきましょう。

小物などの手配や準備


instagram @fr.chiezou

小物はお子様の晴れ着を彩る大切なものです。希望の物を合わせたいなど好みがあれば、小物だけを各ご家庭で購入するのも良いでしょう。

1ヶ月前に、足袋と草履などの小物の準備を

手元に着物がある場合は、着物を着た状態で、草履で歩けるか確認しておくのもいいですね。特に、草履や足袋は普段履き慣れた靴や靴下と履き心地も違います。サイズ選びの際にはきちんとお子様のサイズに合ったものを選び、脱げたり痛くなったりしにくいようにしてあげましょう。

髪飾りはヘアスタイリングをしてもらう場合は、忘れずに持っていきましょう。レンタルと一緒になっている場合もありますが、個人で用意する場合は着物の色味や柄に合ったものを選びましょう。バックなども実際に使うものは全て確認しておくのがおすすめ。

持っておくと良い小物

足袋

詳しくはこちら

バック、草履

詳しくはこちら

髪飾り

詳しくはこちら

前日に持ち物チェックをしよう

着替え
当日お子様のご機嫌などによっては着てくれないという事態が起こる可能性も。また、祈祷後の食事会の際は動きやすい服装に着替えるといいでしょう。
靴と靴下
草履で足が痛くなってしまうこともあるかと思います。その時に履き替えさせてあげられる普段の履き慣れた靴も準備をしておきましょう。
初穂料
参拝時、すぐに出せるようなところにしまって置きましょう。
カメラ・ビデオ
当日の姿を残しておく大事なアイテムです。充電とメモリーの確認を忘れずに。

当日の流れの確認


写真AC

当日、トラブルになったりスムーズにすませるためにも基本的な流れを、参加する方々と確認をしておきましょう。グループLINEで共有したり、スケジュール管理アプリなどの共有アプリで確認し合えると特によさそうです。

基本的には着付け・ヘアメイク→神社にて参拝・祈祷→記念写真撮影(当日に撮影する場合のみ)→食事会
の流れがスムーズだとされています。

おすすめ共有アプリ

タイムツリー

タイムツリー
開発元:TimeTree, Inc.
無料
posted withアプリーチ

よくある気をつけたい事!(注意点)

下の子がいる場合は下の子用の準備も
おもちゃや、一口サイズのおやつなどで下の子が退屈しない工夫を!
祈祷中はコートNG。ストールなどの寒さ対策を十分に
祈祷中は防寒着が着られません。子供のあったか小物などの準備もしておくと良いでしょう。
トイレの時に必要なものは持参を
トイレや水分補給で服が汚れてしまうことも。ストローや洗濯バサミなどを用意して対策を。

当日を楽しくスムーズに迎えよう


instagram @rinmio28

初めての七五三だったり、久しぶりの七五三だとなかなかと段取りや準備が分からずに焦る事も多いと思います。しかし、やることは決まっていますのでひとつずつ確実に準備していきましょう。2,3ヶ月前から準備をしておくと、ママの心のゆとりも生まれますし、急な不具合にもまだ対処できる期間ですのでおすすめです。

しっかりと準備をして当日楽しくお子様の大切な記念日を、迎えてくださいね。

友だち追加

mame53*

3歳の息子の子育て中です! 可愛いものやおしゃれなものが大好きです。子育てママたちに役立つものや、息抜きになるような素敵な情報をお届けできればと思います。

プロフィール

ピックアップ記事