縁起の良いお花を飾る「正月花」飾りつけの方法やアレンジメントを紹介

お正月花で新年を迎えよう


instagram @ym86ttm

クリスマスが過ぎると、お正月の準備を始める方も多いのではないでしょうか。お正月飾りを飾るのも、新年を迎える大事な準備ですよね。

みなさんは「お正月花」を飾っていますか?定番の門松やしめ縄、鏡餅と合わせてお正月花を飾ると、とても華やかになります。今回はお正月に飾るのに最適な縁起の良いお花、「お正月花」についてご紹介します。

お正月にお花を飾ろう

お花には縁起の良い花言葉や意味を持っていることをご存知ですか?おうちに、縁起の良いお花を飾って新年を迎えられたら、気持ちもスッキリしますよね。ここでは、お正月に飾る縁起の良いお花の種類と飾りつけや始末方法をご紹介します。

お正月におすすめの縁起の良いお花


写真AC

「千両(せんりょう)」

千両の花言葉は「利益」や「富」という縁起の良い意味を持っています。「両」という江戸時代の通貨単位が付いていることから、金運の願掛けにもなっていたそうです。

「葉牡丹」

「祝福」などの花言葉を持つ葉牡丹。葉が紅白に染まることが日本では縁起が良いとされています。そして、葉が重なり合う様子から「めでたいことが重なる」という意味もあります。

「菊」

「菊を飾ると福が来る」とも言われるほど、縁起の良いお花です。菊は中国から不老長寿の花として伝わったことから、長生きの象徴という意味を持っています。

「松」

お正月は「松の節句」とも呼ばれており、昔から神様が降りてくるための目印とされました。一年中葉を落とさないことから、「生命力」や「長寿」を象徴する植物とされています。

「竹」

竹はまっすぐ早く成長することから、「生命」や「未来」の証とされてきました。また、竹の順序正しく出来る節目は、節操のある成長として意味を持っています。

「水仙」

水仙は、「水にある仙人」という意味を持つお花です。厳しい冬の寒さに耐えて美しい花を咲かせるので、縁起の良い花とされています。

「蘭」

花の女王とも呼ばれる蘭は、中国で縁起の良いお花を意味する「四君子」の一つです。かすかに香る蘭は、「品格」を表します。

正月花の飾り方と始末方法


写真AC

飾り付ける日

お正月飾りは、12月26日〜28日までにするのが好ましいとされています。29日は「二重苦」に繋がり、31日は「一夜飾り」と言われており、神様のお迎えする準備を前日に行うことは失礼にあたるので避けた方が良いです。飾りつけは、28日までか30日に行うと良いでしょう。

飾る期間

お正月花は1月7日までの「松の内」という神様が滞在する期間中に飾ります。「松の内」の期間は地域により異なり、関西地方などでは1月15日までとされています。この期間中に綺麗にお花を保つために、温度の上がる直射日光の当たる場所や乾燥しがちなエアコンの風が当たる場所は控えましょう。

飾りを始末する方法

神社やお寺、地域によっては田畑などの近所で行われる「どんど焼き」で焚き上げてもらいましょう。もし間に合わなかったり、行けない場合は自宅で処理することもできます。飾りを分解して塩を振り、古紙などに包んで袋に入れて燃えるゴミの日と一緒に出しましょう。

お正月らしさ満点の王道アレンジメント

華やかな紅白カラーが縁起良し


instagram @carrie_mri
 

紅白カラーが素敵なアレンジメントです。全体が縁起の良い紅白カラーで存在感を出しており、差し色の優しい緑色がとても映えていますね。

一緒に飾っている鏡餅飾りの色味とマッチしていて、隣り合わせで飾るとさらにお正月感が出て華やかです。定番のガラスのフラワーベースをお持ちの方は、こちらを参考にしてみてください。

銀雲竜がアクセント


ライター持ち込み画像
こちらは定番のお花を使ったアレンジメントに、銀雲竜でアクセントをつけています。銀雲竜を入れるだけで洗練されたイメージになるのでおすすめです。

千両を大きく飾っているので、どの角度から見ても華やかに見えます。定番アレンジなら、どのようなインテリアのお家でも取り入れやすいですね。

菊が主役のアレンジメント


instagram @jfarbe

こちらは様々な種類の菊を使ったアレンジメントです。ナチュラルなグリーンカラーベースにピンクの差し色が◎

菊だけでも色々な大きさやカラーのものを組み合わせればとても華やかになります。グリーンやホワイトを基調としてるので、洋風なインテリアでも良く合うのでおすすめです。

洋花を取り入れたアレンジメント

真紅のバラが主役


instagram @mnk27_room
 

一輪のバラが主役のアレンジメントです。一見正月花アレンジメントに見えないようですが、しっかり松や金柳がお正月感を引き出しています。

お部屋のインテリアが洋風であったり、和風アレンジメント飾りに飽きてきた方にはおすすめです。バラ以外のお好きな洋花にしてみても良いですね。

春カラーのカーネーションアレンジ


写真AC

長持ちすると人気なカーネーションを使用したアレンジメントです。全体がパステルピンクとイエローのお花で可愛らしいです。

可愛らしさの中に水引や後ろに松があり、ちょこんと千両もありますね。可愛らしいインテリアが好きな方も、さりげなくお正月花を入れるだけでも◎

春を感じさせるピンク基調アレンジ


instagram @fuwafuwapastel110
 

春の暖かさもイメージさせるような、柔らかいピンクカラーのアレンジメントです。縁起の良い菊も、全体の淡いピンクと揃えています。迎春のお飾りでしっかりお正月らしさが出ていますね。

こちらは松も短めにカットされていて、全体が少し低めのアレンジメントになっています。狭い空間やテーブルの上などにおすすめのアレンジメントです。

シンプルモダンなアレンジメント

フラワーベースをお正月仕様に


instagram @kanesana45
 

水仙が主役のアレンジメントです。あえて松を短くカットすることによって、スリムですらっとした水仙の存在感が出ていて素敵ですね。

フラワーベースをお持ちでない方やお花以外でもっとお正月感を出したいという方は、写真のように清潔な空き瓶などに水引を巻くだけでもお正月感が出せます。容器でお正月感を出すのも素敵なアイデアですね。

千両メインのシンプルアレンジ


instagram @yushosogetsu
 

松と鮮やかな千両がメインのアレンジメントです。シンプルですが松と千両で縁起が良く、お正月らしさがありますね。

種類は少なめですが、千両の鮮やかな赤色とまっすぐ伸びた松でしっかり存在感があります。門松がわりに玄関先に飾るのも◎。

こだわりの水仙とレース葉牡丹アレンジ


instagram @ikemeeen
 

水仙と葉牡丹のシンプルなアレンジメントです。こちらは越前水仙を使用しているので、良い香りまで楽しめます。

定番の水仙と葉牡丹のアレンジでも素敵ですが、香りにこだわった水仙やさらに華やかなレース葉牡丹でシンプルながら上品に映えます。

シンプルなインテリアが好みの方は、このような一工夫したアレンジメントがおすすめです。

新年に向けて縁起の良い正月花を飾ろう


instagram @usausa_mimitaro

お好みのお花はありましたか?色々な意味が込められている縁起の良いお花を知ると、実際に飾りたくなりますね。

アレンジメントに迷ってしまったら、フラワーショップの店員さんに聞くとアレンジのコツなどを教えてくれます。ネットなどで、すでにアレンジされているものを購入すれば、そのまま飾れるので便利ですよ。
お正月花を飾ったことがない方は是非、新年を迎える時に縁起の良いお花を飾ってみてください♪

友だち追加

comona編集部

こどもとの毎日をたのしく、おしゃれに。comona編集部です。

プロフィール

ピックアップ記事