動画で紹介「ママ インスタグラマー」から学ぶデイリーメイク術!

インスタでおススメ!お洒落ママの毎日メイクのご紹介♡


instagram @3214michan

今までと働き方や過ごし方がガラリと変わったり、まだまだ安定せずにストレスが溜まることも多いですよね。忙しいママもたまの休日は、お洒落なメイクをすると気分転換にもなりますよ。

そこで今回は、美容雑誌並に参考になると話題!美容系インスタグラマーママさんたちの、普段から使えるオススメのメイク術を特集いたします。お洒落なママさんたちのメイクを参考に気分を上げてみてはいかがでしょうか?

@yoshiko.sono 園 佳子さん


instagram @yoshiko.sono

シュウウエムラの元美容部員という経験を持ちながら、現在は舞妓体験処に勤務しているという、独特な経験を持つ園さん。繊細で高度な舞妓さんの化粧技術を活かしたデイリーに使えるメイクは必見です!

フワっと柔らかくみせられるリップメイク

▶︎▶︎スワイプして5枚目投稿を参照ください

毎日メイクで使える、フワッと柔らかく見せられるリップメイクのご紹介です。ティントなので、マスクにも付きにくく、マスクメイクにもオススメですよ。コンシーラーで唇周りのくすみをカバーすることで形を整えやすく、ティントなどのリップメイクも塗布しやすいのがポイント。

①口角と唇の山の部分にコンシーラーを塗ってくすみをカバーします。
②コンシーラーは乾きやすいのでブラシがベストですが、指で伸ばしてもOK。
③スポンジでなじませたら、ティントリップを塗ります。
④ティッシュオフします。
⑤内側にリップを足してグラデーションに。

失敗しないリキッドアイラインの引き方

これを見れば綺麗なアイラインが描けること間違いなし!リキッドアイライナーを使ったアイラインの引き方をご紹介。粘膜や目のキワなどラインの引き方など細かいポイントもチェック!

①目尻のハネから描いていきます。
ハネを先に描くことで途中から折れ曲がったりしにくくなります。
②目頭側から繋げて描いていきます。
皮膚が柔らかい部分なので、小刻みに筆を動かして描きます。まつ毛とまつ毛の隙間もしっかり埋めます。
③まつ毛の生え際内側の粘膜もアイライナーで埋めます。
粘膜が埋まっていないとまつ毛と黒目の間が白っぽく見えて引き締め効果減。また、アイラインの太さは二重幅に合わせて微調整して下さい。
④小鼻から眉尻まで繋げた範囲より出ないようにチェック。
目尻のハネが短いほどナチュラルで丸みのある可愛らしい目元になります。
⑤目頭側に目のラインの延長線上に少しラインを出して描きます。
離れ目さんや目頭の形が丸い人は切開ラインを入れるとより引き締まった目元に。
⑥切開ラインも目の際のラインの延長線上を意識します。
出したラインと目の際に描いたラインが繋がるように目頭の内側を埋めます。
⑦目頭からアイラインが途切れていないか最終チェック。

@3214michan 三ツ石佳央莉さん


instagram @3214michan

ウエディングヘアモデルやアパレルモデルなど、様々に活躍されている三ツ石佳央莉さん。韓国コスメやファッションがお好きだそうで、今話題の韓国コスメの紹介にも注目。ファッションもいつも素敵なのでメイクだけでなくヘアや洋服も含めてトータルで参考になります。

平行眉の描き方

眉毛の形がいつもナチュラルで美しい三ツ石さんの眉毛の描き方動画です。使用しているアイテムもプチプラなのでマネし易いですね。こちらを見れば簡単に平行眉が描けてしまいますよ!

①眉毛を描く
眉山から眉尻を、斜めにカットしてある筆の先で描いていきます。
②左右の眉毛を描く
逆の眉と見比べながら、角度や長さが同じになるように反対の眉を描いていきます。
③自然な眉になるようグラデーションする
次は丸いブラシの方を使い、眉山から真ん中まで。自然な眉にする為に眉尻は濃く、眉山は淡くグラデーションになる様に濃淡をつける。
④鼻筋を作る
真ん中から眉頭付近まで描いたら、眉頭付近から鼻筋を、ぼかすように描きます鼻頭までには入れず、途中でぼかし入れる。
⑤ペンシルで毛束感をプラス
は輪郭を整えるのと、一本一本毛を描き足すイメージで。下は平く、上は少しだけ丸みを持たせる様に描きます。
⑥眉ブラシでぼかしてふんわりさせます。
平行眉になるよう下は平らに上はふんわり少し丸みを持たす。
⑦眉毛マスカラをつける
最後は眉マスカラで髪色に近づけます。毛の流れに沿ったり、毛に逆らって塗り、最後は毛の生えている方向に整えると自然なカラーの眉毛になります。

形を意識して丸みを付けたりブラシを使ってぼかすだけで、ふんわりした柔らかい印象の平行眉毛ができますね!

つや肌のベースメイクレシピ

乾燥肌の人や普段艶っぽさを出すメイクをしたい方。これからの冬などの乾燥する季節にもオススメの、つや肌になれるベースメイクをご紹介します!たくさん塗らずに乗せずにできるベースメイクなので、マスクメイクにもおすすめですよ。

①化粧下地を顔全体に伸ばす
伸ばして馴染ませているうちにツヤに変わっていきますのでまんべんなく塗りすすめる。
②クマやシミなど気になる部分はコンシーラーで隠す
クマにはオレンジのコンシーラーがオススメなのだそうです。先に目元などに優しく叩き込んでおくと目立ちにくくなります。
③ファンデーションを全体になじませる
ファンデーションを最初は顔の中心から塗っていって、その残りのファンデを周りに向かって伸ばしていくと、顔が真っ白になりにくいです。この時、首まで塗っていきます。
④ファンで後に気になる赤みなどは再度コンシーラーを使用
クマや赤み、ニキビ跡など隠したい方はカバー力のあるコンシーラーを塗る良い。
⑤フェイスパウダーを顔全体になじませる
フェイスパウダー。つけすぎない為、筆にとったらトントンとしてから使います。満遍なく顔全体に優しくはけやブラシを使ってONしてください。

@saarariii Arisaさん


instagram @saarariii

スキンケアとメイク全般、お得意なArisaさん。

ヘアカラーもオレンジ、ピンク、パープルなどチャレンジしていたりと、様々な顔を見せてくださいます!お洒落なファッションセンスはもちろんアクセサリー、ネイルなど参考になるPOSTもたくさん!飾らない明るいキャラクターも多くの方々に支持されている理由ではないでしょうか!

ヨレない、可愛くみえるマスクメイク

▶︎▶︎スワイプして2枚目以降の投稿を順に参照ください

肌負担を抑えながら、メイク崩れを防止する。いかに薄く隠したいところを隠すか、をポイントに解説しています。

①化粧下地を薄く顔全体に伸ばしながら塗る
なるべく油分の高くないものを選んでみてください。
②くすみがちな目元を明るくする
明るめのコンシーラーで目元を明るくしていきます。スポンジやクッションで軽く叩くように載せていきます。こうすることでマスクしても暗い印象でなく明るい印象になります。吹出物の跡など気になるところはコンシーラーで隠すことにより、マスクを取った時にきちんとメイクしている感を出せます。
③パウダーをはたきます
マスクの蒸れなどによる化粧崩れが防げます。なるべく粒子の細かいものを選ぶと良いです。
④血色が良くみえるようチークを塗ります
マスクで完全に隠れてしまわないよう、上の方の位置に幅広く塗っていきます。

ファンデを何層にも重ねると、よれやすい事やマスクをするときの目元のファンデののせ方などマスク使用時のメイクのポイントも教えてくれています。薄く塗ってもカバーされた綺麗な肌感を失わないファンデーションメイクです。

元の眉が無くても自然な眉を作る方法

元の眉毛が薄い方や少ない方でも、フワっとした自然な眉毛が作れる方法をご紹介します!

①パウダーアイブロウパウダーで眉毛の形輪郭を描く
アイブロウパウダーの濃い色で、足りない部分を埋めていきます。その際、目の真ん中と眉の下の真ん中のラインが平行になるように描いていきます。眉頭の部分はあまりかきません。黒目の外側の延長線上、眉毛を上げた際にくぼみができる部分に山を描いていきます。
②アイブロウペンシルで、眉尻を描く
眉尻の方はグラデーションを意識してペンシルで描いていきます。眉の下側を足すように描くことで、柔らかい印象の眉に仕上がります。また、眉尻を長く描きすぎると目が小さく見えてしまうので注意!
③アイブロウマニキュアで毛束を描くように付け足す
眉が生えてない部分を一本一本描き足していきます。毛流れに沿って、毛が生えているかのように描くよう意識します。そうすることで立体的に仕上がります。スクリューブラシを使い、馴染ませます。
④眉頭をアイブロウパウダーでぼかして柔らかい印象に
アイブロウパウダーの1番薄い色で付属のブラシか指を使って眉頭を描きます。眉頭と鼻筋と繋げるように描きぼかすことで彫りが深く見えます。
⑤眉マスカラを塗って色をふんわりと仕上げる
眉マスカラを使用する前にティッシュオフしてから、ササっと塗り、完成です。

おうちでまったり♡自分磨き!


instagram @3214michan

いかがでしたでしょうか。
まだまだおうちにいる時間が以前より増えた方が多いのでは?と思います。

こういう時こそ、隙間時間や自分の時間にいつもと違うメイクをしてみると、あら不思議、気分もリフレッシュしちゃうんです!

この機会にお決まりだったメイクやスキンケアを見直して、新しい自分を見つけてみませんか?!きっと素敵な自分に出逢えるはず♡

cinnachoco

3歳の女の子のママです。 お洋服や小物、そして食べることが大好きです。 日々に色を添えられるような、素敵な情報をお届けできたらと思います*

プロフィール

ピックアップ記事