マフラー&ストールどう巻く?

ton1
出典: Instagram @k___uro

リングマフラーやスヌードなど手軽に巻けるネックアイテムをよく見かけるこの冬のキッズコーデ♡

そんな今だからこそ、おしゃれにマフラーやストールが巻けたらコーデの幅が広がると思いませんか??

今回はコーデのポイントになるマフラーやストールの巻き方をご紹介しちゃいます!

基本の巻き方

エディター巻き

ton2
提供: ton103

一番手軽に巻けるのがこのエディター巻き♡
大人ならくるっと首に一周すればいい長さになりますが、子供だと前に垂れる部分が長くなってしまいます。
でも、こんな風に何周か巻いてバランスを見てから前に垂らすのが、上手に巻ける秘訣です!

ワンループ巻き

ton3
提供: ton103

半分にたたみ、輪っかになった方にもう片方の端を入れるのがワンループ巻き!
こちらも簡単ですが、フリンジつきのマフラーならフリンジがきれいに見え、トラッドな雰囲気に仕上がります!

ポント

ton4
提供: ton103

子供がするなら、半分に折って巻いただけでは長すぎますよね。
このように半分に折ったものの輪になった部分を少し折り返して巻きます。
その輪にフリンジのついた方の端を入れると程よい長さに調整できます!

応用の巻き方

ポット巻き

ton5
提供: ton103

エディター巻きのように片側に垂らしてから首に一周巻きます。
輪の一つを緩くしもう片方には程よい長さで垂らせるくらいまで、くるくる首に巻きます!

ton6
提供: ton103

首のところで緩くした輪を持ち、手首を返して輪を作ります。

ton7
提供: ton103

その輪に垂らしていた両端を入れたら完成!

ton8
提供: ton103

ネクタイのように正面にマフラーの端が揃います!
普通に結んだりするよりも結び目に厚みがでないので、すっきりしたシルエットのコートを着るときにはいいですね♡

プレッツェル巻き

ton9
提供: ton103

半分に折り首に掛けます。
ワンループ巻きの時のように少し折り込んでから掛けても!

ton10
提供: ton103

輪になっていない方の端のうちの一本を輪の中に入れます!

ton16
提供: ton103

輪にこんな風に手を入れ、輪に通していない方の端をつかんで輪に引き入れたら完成!

ton12
提供: ton103

二つの結び目が出来て厚みが出るから、アウターの上から巻く時は首元ににボリュームが出ておしゃれに決まりそう!
きゅっと結ぶから、幅が広めのストールでも上手くまとまります♡

一手間アレンジ

ton14
提供: ton103

布端を首の後ろ側に回して、巻いている部分の中に入れ込みます。
結び目が活かせてコンパクト且つ厚みのある巻き方もできます!
ぐるぐる巻くだけよりもほどけにくいのもうれしい♡

コーデに合わせた巻き方を♡

ton15
出典: Instagram @tricottricottricot

いかがでしたか?巻き方次第で同じマフラーでもイメージが変わり、いろいろなコーデに合わせられそうですよね!

この冬にしたい上半身にボリュームをもたせたボトムスをすっきりさせるコーデにも、
マフラーやストールでトップスのボリュームを調整出来るとこれまでよりもバランス良く着こなせるかもしれません♡

ぜひ試してみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!