七五三にも♡浴衣にも♡つまみ細工で和風ヘアアクセを作ろう!

tumami01
出典: instagram @mas_0504

七五三の着物や浴衣といった、和装を着る機会がでてくる季節が近付いてきましたね!
そんな時にはママのハンドメイドの和風アクセサリーをつけると、子供も喜んでくれて、いい記念になりますよね!

知り合いでも、七五三のときにお母様が手作りされて使った髪飾りを、成人式の日にお母様からプレゼントされて、着けてきていた子がいました♡

そんな風に子供の成長を祝うママの気持ちをこめつつも、あくまでプチプラで手軽に作れるつまみ細工のヘアアクセサリーのつくり方をお教えします♡

つまみ細工って?

tukurizaiku01
出典: instagram @kyoto_kaoriya

正方形の小さな布をおりたたんで作った花びらをくっつけて作るもので、江戸時代から髪飾りなどに使われてきた技法です♡

細かい作業ですが、使うものは基本の形なら布とボンドとハサミのみ♡ピンセットなどでやると簡単にできますが、きっちり正確にしなくてもなんとなくでうまくいくので、子供と一緒に作業しても♡

メインとなる折り方は2種類で、上の写真の赤いまるっこいはなびらが丸つまみ、さきのとがった白い花びらが剣つまみです!

今回は、丸つまみをメインに作っていきたいとおもいます!

つくりたいデザインを考えよう♡

9c931dae5417675b3b2f29c3f2c69a31_s
出典: 写真AC

どんなデザインやどんな色のものを作るかによって材料選びが変わってきます♡まずはどんな風なものをつくるかイメージをするために、みんなのpostを見てみましょう♡

何色にする?

9545a7e8131cb87ce2b143cca2afce86_s
出典: 写真AC

シンプルな技法なので、色合わせがかなりイメージを左右します♡こんなふうに真っ白なつまみ細工だと、さきほどまでの写真のものとは全く違う雰囲気ですよね!これならドレスにも合いそうです!

花びらの数は?

2019-06-13 12.54.09
出典: instagram @rira24.10

こちらは中心にパールをつけた小さな4枚花のつまみ細工をたくさんくっつけてあじさいみたいに♡花びらの数でお花の形が変わるので、そういったところからイメージしていってもいいかもしれませんね!

垂れ下がるデザインも♡

206aa333fd86858ed25cbf30114b78be_s
出典: 写真AC

こちらは藤の花をイメージした垂れ下がるデザイン♡かんざしなどにつけると横顔美人になりそうですね♡このようなかんじで花の形にしなくても、はなびらをいくつか束ねて垂れ下がるデザインにするのも素敵です!

お花以外のかざりをつけても♡
例その①

chirimen04
出典: instagram @petit.princesse.an

こちらはラブリーなリボンやパールをあしらったもの♡ひとつひとつは作るのが簡単なものばかりですが、色やくみあわせ次第ではこんなにかわいいんです♡

七五三の衣装も、レースがついていたりするラブリーなものがたくさんでているので、これだとよく合いそうですね!

お花以外のかざりをつけても♡
例その②

chirimen01
出典: instagram @n.koubou43

こちらは水引のような飾りをつけたもの!お花だけよりも少し大人っぽくなりますね!色味もパープルベースでシックな雰囲気です♡

お花の真ん中になる部分も、パールビーズやストーンなどいろいろなものが使えるので、同じ布で中心を変えて雰囲気の違いを楽しむこともできますね♡

実際につくってみよう♡

さて、だいぶイメージはかたまってきたでしょうか??
私は娘の七五三の着物が赤なので、赤をベースに、大きさの違うお花をいくつかまとめることにしました♡

必要なものを揃えよう!

tsumami01

画像提供:ton103
  • ちりめん布
  • (私はダイソーで売っていたカットクロスを赤、ピンク、白地に赤の模様のものの三枚)

  • 花の中心にするもの
  • (私はダイソーでクルミボタンのキットをかいました!パールなどのビーズでもいいですね!)

  • フェルト 少し
  • (花の裏につけて、花どうしをくっつける目的なのですが、デザインによっては必要ありません!)

  • ボンド
  • はさみ
  • せんたくばさみやクリップ
  • 鉛筆
  • ヘアピンなどのパーツ

DAISOにはこんなつまみ細工のキットもありました!布の色や大きさなどに種類はないのですが、練習したい方にはいいかもしれませんね!

それではさっそく作っていきましょう!

  1. 布を切る
  2. tsumami02

    画像提供:ton103

    布を正方形に切ります♡正方形の一辺の長さが出来上がったお花の直径くらいの大きさになるので、自分のつくりたいお花の大きさで正方形をつくってください!
    この一枚が花びら一枚になるので、何枚花にするか考えて、花びらの枚数分切りましょう♡

    私はこの画像のものは3㎝の正方形を6枚つくりました!

  3. 折る
  4. tsumami03

    画像提供:ton103

    布を折り畳んで、はなびらをつくっていきます♡この行程を始めるまでに、ボンドをアルミホイルなどに少し出しておいて、つまようじを準備しておきましょう!

    1. 三角になるように正方形を半分におります。(わかりやすいように頂点を画像編集で色分けしてみました。)
    2. 黄色の端が赤の端にくっつくようにまたもう半分におります。
    3. 黄色の端を緑にくっつくように折り返します。布を反対に向けて、赤の端も折り返します。
    4. 黄色、赤、緑の頂点が一ヶ所にあつまりました。黄色と緑、赤と緑の頂点のところにつまようじでボンドをすこし塗り、クリップやせんたくばさみでとめて乾かします。

    tsumami04

    画像提供:ton103

    花びらの枚数分この作業をします♡
    そうしてるうちに、初めに作った花びらがかわいてきているかとおもいます!

  5. 花のかたちにする
  6. tsumami05

    画像提供:ton103

    乾いてきたら花のかたちになるように、花びら同士をくっつけます!
    こんな風に小分けにしてまずはくっつけておくと作業がらくですよ。

    tsumami06

    画像提供:ton103

    全部くっつけるとこんなかたちです!

  7. 中心をつける
  8. tsumami07

    画像提供:ton103

    中心はパールビーズなどなんでもいいのですが、今回は私はダイソーのクルミボタンキットでつくったくるみボタンをつけることにしました!

    ②でかわかしているあいだに、別のちりめんの布を、キットに付属されているピンクの丸い型紙にあわせてカットして、パッケージの裏にのっている通りにつくると、ちりめん布のボタンのできあがり♡

    このくるみボタンも、かわいくてすきな布で作れるので、いろんなことに使えそうですね!

    そのボタンを③でできあがったお花にボンドでくっつけます!

    tsumami08

    画像提供:ton103

    針などを使うことがなく、危ない作業がないので、今回は三歳の娘と全て一緒につくりました♡最後にはひとりで花びらを作れるようになっていましたよ!

    tsumami09

    画像提供:ton103

    同じ要領で作りたい花の数だけつくります。緑色でつくった花びら二枚をくっつけて、葉に見立てたものもつくりました♡

  9. ピンにつける
  10. tsumami10

    画像提供:ton103

    お花の配置をきめて、それにあわせてフェルトを切ります!あとからまた裏の写真をのせますが、ちょっとこのフェルトは小さすぎました。

    ただ、このフェルトはヘアピンなどのパーツをつけやすくするためのもので、お花の底の面が全部くっつく必要はありません!

    tsumami11

    画像提供:ton103

    そのフェルトに、ヘアピンなどをボンドでくっつけます!うちは子供が大人になってからも使ってもらえたらと思っているので、子供用のヘアピンではなく大人用のコームにしました!こちらも100円ショップのものです!

  11. 完成!
  12. tsumami12

    画像提供:ton103

自分もお手伝いをして思い入れがあるのか、かなりよろこんでいました♡
明日幼稚園にもつけていきたい!と言われてしまったほど・・・。

乾かす時間などもありますが、子供と作っても半日ほどでできました!
材料費は540円で、どれもかなり余っているので、まだまだたくさん作れそう!

うちはおそろいで次女の分も作りたいとおもいます!

特別な日にはママのてづくりアイテムを♡

chirimenn05
出典: instagram @coconosuke123

いかがでしたか?とってもプチプラで簡単なのにかわいく仕上がるつまみ細工♡
同じ手間で、いろいろなデザインのバリエーションが楽しめるのも魅力的ですね!

雨の日に、お子さんと一緒に作っても楽しいかもしれません♡

特別な日には、ママのてづくりアイテムでお子さんへの愛情を表現してあげちゃいましょう♡

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!