フォトブース始めました♡

60915579_408899306632036_6765883260175824339_n
出典: Instagram @akoniwa_by_ton103

実は最近、フォトブース撮影会の運営を始めました♡

小物や飾りつけをしておうちで写真を撮るのって子供がいると案外大変で、しかもコストも割とかかってしまうので、みんなでフォトブースをシェアできないかと始めたのですが、子育て中のcomona読者のみなさんのお力にもなれないかな?と今回記事にしてみることにしました!

また、実際にフォトブースに採用している手作りの撮影小物やフォトブースを作る際のポイントもご紹介したいと思います。

私が始めたのは…

フォトブース?撮影会?具体的にはどんなもの?とピンと来ないママも多いですよね。どんなものか、簡単にご紹介させていただきます♡

ママによる我が子のためのフォトブース♡

61875764_655543248294577_8515680314841471195_n
出典: Instagram @akoniwa_by_ton103

我が家の次女「あこ」は写真屋さんが嫌いで七五三の前撮りをどうするかずっと悩んでいました。そこで思い付いたのが私が撮影する、という選択肢!

フォトブースをおしゃれに作れたら、素人の写真でもそれなりに撮れるのでは?そして同じようにお子さんの写真屋さん嫌いやイヤイヤ期で写真撮影を諦めているママもいるのでは?と考えたのがきっかけです♡

先日ついに念願かなってあこの七五三の前撮りらしい写真も撮れました♡

お問い合わせはこちら♡

59820374_369267857026556_5544485046010879545_n
出典: Instagram @akoniwa_by_ton103

行ってみたいな、気になるなーと思ってくださったら、ぜひ上のLINE公式アカウントか、下のInstagramアカウントからチェックしてみてくださいね♡
撮影会は関西中心に予定していて、六月は兵庫県西宮市で開催しています。

Instagramはこちら

フォトブースを作るなら

実際にフォトブースを作ってみて、私が感じた「まとまって見えるポイント」「撮るときれいな絵面になるコツ」をご紹介したいと思います!

奥行きを使う

61455327_1093161434214249_5451871712815349170_n
出典: Instagram @ton103

壁に飾りつけをしてその前に立って写真を撮る、というのは準備もしやすく写真にも撮りやすいですが、平面的な印象になりがちですよね。壁に沿って斜めから撮影するようにセットを配置したりして奥行きを作るとより「おうちフォト」っぽくないこなれ感のあるフォトブースが作れます♡

色味を揃える

61585613_326536011572124_6714193419315919719_n
出典: Instagram @akoniwa_by_ton103

小物や飾り付けも色味を揃えるだけでまとまりが出ます♡私が試して見た結果、「全く同じ色味」のものを散らして何ヵ所かに配置し、その色味の濃淡カラーを中心に小物を揃えるとごちゃつかなくなるように思います。
ちなみに完全に色を合わせるよりも少し別のカラーをお洋服で取り入れるとキッズの存在感が際立ちます♡

撮影小物はプチプラ手作りで♡

撮影するときに小物として準備するものを毎回購入していたらコストがかかって仕方ないですよね。前項でも書いた「色味を揃える」のも、手作りなら自由自在!

まるで木箱なペイントボックス♡

ton00
Photo by ライター ton103

色味を揃えるとはいっても、同じようなカラーのものをそんなに見つけられない…ということもありますよね。そんなときは色を塗ってしまうのが手っ取り早い!
こちらはお菓子の入っていた紙箱にDAISOの水性ニスを塗ったもの。刷毛のムラを生かして薄めに塗るとまるで木箱のような質感に仕上がりますよ♡

ペーパーファンは包装紙で!

ton01
Photo by ライター ton103

おうちフォトでもよくみなさん作られているペーパーファンですが、色画用紙などで作られている方が多いですよね。でもコストの面や折りやすさ(=作業効率)から考えると、ラッピングペーパーを使うのがベスト♡
包装紙を正方形にカットして蛇腹に折り、それを半分に折って扇子状にしたものを三つくっつけるだけなので、子供も一緒に作れますよ!

クレイケーキもハンドメイド♡

60883796_111113360142585_4960762431065883822_n
出典: Instagram @akoniwa_by_ton103

バースデーフォトでもよく見かけるクレイケーキも、自分で作るとオーダーして購入する物の半額以下で作れます!自分で作るなら飾り付けなども他の撮影小物と雰囲気を合わせて作れるのも嬉しい♡

作り方はこちらの記事でご紹介していますのでチェックしてみてくださいね!

ギフトボックスやリボンがあれば可愛くできる!【クレイケーキ】をつくろう♡

ちょっとの工夫で写真映え♡

これ使えそう!と思って購入したものの、なんだか写真に撮ると思ったようにならないということってありますよね。ちょっとの工夫でぐっと写真映え力がアップするので試してみてくださいね!

防草シートが背景に使える♡

61375143_1033593643695949_486752453560285279_n
出典: Instagram @ton103

写真を撮るときに一番悩むのが背景ですよね!今回黒背景を作りたくてあれこれ探してみたのですが、コスパ面と使い勝手からDAISOの「防草シート」を選びました!
175×300の大判で、100円というプチプラ♡壁から床に敷くことで壁と床の境目がわからなくなるのでフォトスタジオみたいな一枚が撮れますよ!

白床ならテーブルクロス!

61064560_531933390673713_5975239233103073686_n
出典: Instagram @coma_chu

色を合わせてフォトブースを作る時には、床の色はフローリングだとしても気になりますよね。そんなときにはテーブルクロスがおすすめです。
撥水加工がされているものも多いので、土足で撮影しても汚れたときにすぐ拭き取れて管理も楽ですよ♡写真のものもDAISO商品のテーブルクロス使用です。

フレームはガラスを抜いて

ton02
Photo by ライター ton103

手作りのポスターや飾りとしてフォトフレームを使うことがありますが、後で撮った写真を見返すと表面のガラスやプラスチックが反射してしまっていることってありますよね。
表面のガラスやプラスチックを抜いて、飾りたいイラストや写真を直接入れることで写真写りも良くなります♡

フォトブースでかわいく日常写真を!

58729931_2269084559884668_8802321853459087617_n
出典: Instagram @akoniwa_by_ton103

いかがでしたか?フォトスタジオでの特別な日の記念撮影はもちろん素敵ですが、気軽に撮れるフォトブースでなら気負いすぎない普段に近い子供の姿が残せますね♡

今回の記事を参考に、ぜひおうちフォトブースしてみてくださいね!

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!