即席!キャンディーポシェットを作ろう♡


Photo by ライター ton103

ハロウィンも近づき、コスチュームの準備も整ったお家も多いのではないでしょうか?でも、ハロウィンのお菓子を入れるポーチは準備できていますか??

実は我が家、すっかり忘れていました…。ということで簡単に作れる「キャンディーポシェット」の作り方をご紹介したいと思います。

材料はこちら!


Photo by ライター ton103

  • てぬぐい
  • マジックテープ
  • リボン

今回は全て100均にあるもので作りました!こちらの材料全て購入しても400円で、この材料で2つ作れます!

マジックテープは縫って付けるものではなく、シールのようにくっつける接着タイプを使いました。余裕があれば縫い付ける方がもちろん強度はアップします。
紐はショルダー紐にするものなのですが、リボンでも綿紐でも好きなもので。

作り方♡

作り方は至極簡単!1つあたり10分ほどで作れます。もし裁縫が得意なママなら、裏地をつけたり布端の処理をしたり、マジックテープをファスナーにしたりしてもOKです♡

  1. てぬぐいを切る

  2. Photo by ライター ton103

    てぬぐいの長さを半分に切ります。今回はこのうちの1枚しか使わないので、もう1枚を使うともう1個同じものが作れますよ♡兄弟姉妹でのお揃いや、お友達へのプレゼントにもいいですね!

  3. 左右に印つけ

  4. Photo by ライター ton103

    てぬぐいの端から8cmのところに印をつけます。印部分は後でリボンを巻くので見えなくなるため、私は油性マジックでつけています!写真では右端から8cmのところに印をつけていますが、左右両方同じように、布の端から8cmで印をつけてください。

  5. マジックテープを付ける

  6. Photo by ライター ton103

    でつけた2つの印の間にマジックテープを貼ります。まず印と印の間を測ります。その長さ-1cmの長さにマジックテープの長さをカットし、幅は2cmくらいにします。バリバリの方と、ふわふわの方が対になっているので、その2枚を同じ大きさにカットします。

    で切ったてぬぐいの辺を表側向きに1cm折返し、そこを押さえるようにマジックテープの1枚を貼ります。マジックテープのもう1枚は写真のようにてぬぐいの短い辺の裏側の、↑で貼ったマジックテープとくっつくあたりに貼ります。2枚のマジックテープがくっつくと、てぬぐいは輪のようになります。

  7. 左右を縫う

  8. Photo by ライター ton103

    マジックテープをくっつけた状態で、上から下まで端から8cmの線を引きます。(またしても油性マジックです)その線の上を、1.5cmほどの針目で並縫いします。

    最初はたま結び、最後は糸を長めに残して玉止めをせずに糸を切ります。左右どちらも端から8cmのところを縫ってしまいます。

  9. ぎゅぎゅ!

  10. Photo by ライター ton103

    で縫った糸の、長く残した縫い終わりの糸を引っ張って、こんな風にぎゅきゅっとしわをよせます。そのあと糸をくるくるっと巻いて、糸を針に通し、シワの部分に一針刺してから玉止めをします。
    左右両方この作業をするとキャンディーっぽい形になります!

  11. 紐を付ける

  12. Photo by ライター ton103

    の糸の結び目を隠すように、紐を結びます。子供につけてみて、大体の長さを決めてからするといいですよ!紐はベロアのリボンや革紐などにしてもかわいいですね♡

    ちなみに、このバッグは中に何も入っていないと写真のようにぺったんこです。中身を入れるとフレキシブルに丸みがでるので安心してくださいね。

  13. リボンを付ける

  14. Photo by ライター ton103

    の紐の結び目を隠すように、リボンを結びます。私はハロウィンのリボンにしましたが、100均でもかなり豊富な種類のリボンが販売されているので子供に選んでもらうのもいいかもしれません。

    リボン結びをした後は、結び目がほどけないようにつまようじなどで結び目にボンドをつけておくと安心です。ちなみに我が家はハロウィンが終わったら普通のリボンに付け替える予定で、ボンドはつけていません。

完成!


Photo by ライター ton103

これで完成です!今回は即席、早く簡単にできる、というのを重視した作り方にしましたが、そうでなければもっとかわいく裏地をつけたりマジックテープを縫製用のものにしたりすることも可能です!

布の端は本来ならほつれてくるので、ジグザグミシンや三つ折りにして縫わないといけないのですが、その手間を省くためにマジックテープの粘着面で貼り付けてしまっています。裁縫が上手なママで、端の処理をする場合は表側向きに折り返す必要はありません。

また、先程も書いたとおり、このバッグは中に何も入っていないとぺったんこです。お菓子を入れてキャンディー部分をどんどん膨らませてあげてくださいね!

ハッピーハロウィンの準備はばっちり♡


Photo by ライター ton103

いかがでしたか?簡単ながらハロウィンらしくてかわいく仕上がるキャンディーポシェット♡すぐにできちゃうので、色違いや紐の素材を変えていろんなポシェットを作りたくなりますね!

ちなみに今回のポイントは…
  • マジックテープはの行程で-1cmにしておかないとの行程でぎゅきゅっと引っ張ることができません。
  • 紐の長さは調整できないので、子供に合わせておいてから結ぶのが安心。
  • 中身が入っていないとぺったんこですがわりと内容量は大きいのでたくさん入れられます。
  • の行程の並み縫いでは、で折り返した1cmの部分を押さえる役目もあります。縫っているうちに1cmの折り目がまっすぐに伸びてしまわないようにしましょう。

と、こんな風にポイントをあげましたが、特にあれこれ深く考えなくてもかわいくできるくらい簡単です!ぜひ一度試してみてくださいね!

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!