プチプレゼントにも!小さくなったクレヨンが簡単な材料で再生する「クレヨンリメイク方法」

ボロボロクレヨンの再生方法


Photo by ライター *CHISA*

子供達がお絵描きに使うクレヨン。家にクレヨンはあるけれど、折れてしまって持ちづらくなったり、汚くなったり、古くなって使わなくなってしまったというご家庭も多いと思います。

そのまま捨ててしまうのは勿体無いですよね。実は可愛く生まれ変わる方法があるんです。

今回は使わなくなったクレヨンを可愛く再利用する方法をご紹介します。

クレヨンを再生してみよう

小さな子供達は、力加減が難しく、買ったばかりのクレヨンを折ってしまった〜!なんて経験はありませんか??
そんなクレヨンをどう蘇らせるのか手順を見てみましょう。

材料


Photo by ライター *CHISA*

  • クレヨン(使わないもの、折れて短くなったものなど)
  • 容器(シリコン型、アルミ型)
  • ダイソーなどの100円ショップで手に入ります。可愛い型の方が、より見た目も楽しめます。

  • オーブン(5分〜15分以内なら使用可能)
  • レンジの場合は設定温度に気をつけてアルミ型などの素材は避ければ使用可能です。

下準備をしよう


Photo by ライター *CHISA*

まずは、クレヨンについている紙をきれいに取り省きましょう。

このままだと仕上がりが綺麗にならないので、できるだけ綺麗に取り除きます。この作業は子供達に手伝ってもらっても良いですね!

好きな型を選んで


Photo by ライター *CHISA*

シリコン容器の型に好きな色のクレヨンを入れます。大きいクレヨンは折って、細かくしてから型の中へ入れていきましょう。

型に入れたクレヨンを今回はオーブンを使って溶かしていきます。

取り出すときは火傷に注意


Photo by ライター *CHISA*

オーブンで、クレヨンが溶けるまで加熱します。火力にもよりますが、だいたい5〜10分程で溶けてくると思います。

今回は、オーブン1300wで4分で溶けました。取り出す際は火傷に注意し、ミトンやトングを使って取り出してください。

冷まそう


Photo by ライター *CHISA*

オーブンから取り出したら、トレイなどに入れて30分程冷ましましょう。きちんと固まるまで冷まさないと、きれいに剥がすことが出来ません。30分は触らずに放置してください。

また、容器やクレヨン自体が熱いのでお子様が触らないように気をつけましょう。

型から外して完成


Photo by ライター *CHISA*

ゆっくりと型からはずしたら、完成です!

可愛い形のクレヨンが出来上がりました。しっかり冷ましたので、綺麗に外せます。

プレゼントにも!


Photo by ライター *CHISA*

ラッピングをすれば、お友達へのプレゼントにもなりますね!可愛い形のクレヨンのプレゼントは気兼ねなく渡せるので、プレゼントのお礼や簡単なお返しなどにもおすすめです。

小さなお子様がいるご家庭は、間違えて食べないように気をつけてくださいね!

大人と一緒に挑戦してみよう


Photo by ライター *CHISA*

いかがでしたか?

子供だけでは少し危ないので、おうち方と一緒に楽しんではいかがでしょうか。作ったクレヨンが、また小さくなってしまった場合は、また集めて溶かせば、再利用できますよ!

お家遊びがマンネリした時や、プレゼントの作成にぴったりですね!是非親子で試してみてください。

友だち追加

ピックアップ記事