乾かして切るだけ!お気に入りケースに入れて持ち運びも便利なマイ「ハンドソープ」を作ろう

簡単!!携帯ソープを作ってみよう


*CHISA*
外出先で手を洗うとき、石鹸が置いていない!なんて事はありませんか??

そんな時、マイ石鹸を携帯しておけば、いつでもどこでも、殺菌&消毒が出来て清潔ですよ☆

今回は携帯ソープについて紹介したいと思います。

紙石鹸を作ってみよう

市販の紙石鹸も売っていますが、今回は自宅で簡単に作れるので、お子様といっしょに挑戦してみてはいかがでしょうか??

普段は手洗いを嫌がるお子様も、自分で作った石鹸なら!洗いたがること間違いなし!さっそく紹介していきます。

材料はこちら


*CHISA*

  • トレイ(お盆やまな板でも可能)
  • ヘラ(シリコンやゴムベラなど柔らかいもの)
  • キッチンペーパー
  • ハンドソープ(泡用)
  • はさみ
  • ケース(出来上がった紙石鹸を入れる)

トレイは大きめがベスト


*CHISA*
トレイにキッチンペーパーを広げておきます。トレイが大きければカットせずに、そのまま置けますので、大きめのトレイがオススメです。

石鹸をキッチンペーパーに浸す


*CHISA*
あまりたくさんかけ過ぎず、全体が湿るぐらいにしましょう。

石鹸が多すぎると乾くまでに時間がかかる上、ベタベタしてしまいますので、様子を見ながら全体がある程度湿る程度に浸してください。

ヘラで均一にのばす


*CHISA*
石鹸がついていない箇所がないように、ヘラで均一に伸ばしていきます。破れないように優しく伸ばしましょう。

乾かす


*CHISA*
パリパリになるまで完全に乾かします。今の時期は乾燥しているので、暖房のきいた部屋に置いておけば2時間〜3時間で乾きます。

寒い部屋でも次の日には完全に乾いていると思います。

乾いたペーパーをカットする


*CHISA*
ハサミで使いやすい大きさにカットしましょう。キッチンペーパーは2枚重なっているので、1枚ずつに剥がします。

完成!!


*CHISA*
ちょうどいい入れ物をみつけて入れてみました。お菓子が入っていた、浅いスライド式のケースです。ジップロックやタッパー等でも良いですね。

このようにケースに入れ、手を洗う時に1枚だけ取り出し、ペーパーに水をつけてゴシゴシ洗うと泡立ち、紙石鹸のように使用できます。外出先でとても便利です。

実際に使ってみました


*CHISA*

流せるティッシュでも!


*CHISA*
キッチンペーパーは水に流せないので、捨てる場所がない時にはこちらがオススメ。

ティッシュは柔らかいので、広げずそのままハンドソープを染み込ませ、乾いてから広げてハサミで切りましょう。

固形石鹸を持ち歩こう!

なぜか沢山あった固形石鹸を上手く活用できないかと考えました。持ち歩きようの超簡単リメイク術を紹介したいと思います。

用意するのはこちら


*CHISA*

  • 固形石鹸
  • 受け皿
  • おろし金orスライサー
  • ケース(蓋がしまるもの)

石鹸をすりおろす


*CHISA*
石鹸をすりおろします。こちらは硬い石鹸だったので粉の様になりました!そんなに力を入れなくても、簡単に出来ましたよ!

ケースに入れる


*CHISA*
ケースに入れて完成です。これで外出先での手洗いの際は、振りかけるだけでOK!簡単ですね☆

こちらは100均で購入した『綿棒入れ』です。ミルク粉の容器や化粧品の容器等も使えそうですね!

石鹸の種類


*CHISA*
石鹸によって、すりおろした感じがだいぶ違いました。右の柔らかい石鹸はベタベタして、ふりかけの様には使用できなそうです。

100均にあるクリームを入れるケース等、つまんで出せるタイプの容器がいいですね!

スライサーで!


*CHISA*
こちらは、スライサーでポテトチップスの様になりました!これなら紙石鹸と同じような感じで使えますね!

更に細かく、自分好みのサイズにハサミでカットしてもいいですね!

携帯ソープで殺菌!


*CHISA*
いかがでしたか??今は、マスクや除菌シートが売り切れになるほど、みなさんウィルス対策は必須ですよね。

外出先だけでなく、キャンプやアウトドアでも活用できそう!簡単に作れるので、是非参考にしてみてください。

友だち追加

ピックアップ記事