ダイソーのレジンと材料があれば作れる!子供と一緒にできる簡単ヘアアクセ・ピアスの作り方

ぷっくり艶やかなレジンアクセサリーを作ろう


写真AC

ぷっくり艶々な質感のレジンアクセサリーをご存知ですか?最近では100円ショップでも手作りレジンアイテムがたくさん並ぶようになり、手軽に手に入るようになりました。

その為、レジンアクセサリーをお好みのデザインで手作りされる方が増えていますよ。今回はそんなレジンアクセサリーの魅力と簡単なアクセサリーの作り方をご紹介します。

レジンアクセサリーってどんなもの?

レジンとは何なのか、どんな魅力があるのかをご紹介します!

レジンアクセサリーとは


写真AC

レジンアクセサリーはUVレジンという、日光やUVライトなどの紫外線に当たると固まる液体状の透明樹脂を使って作ります。

型に流し込んで、UVライトをあてることで、ピアスやイヤリング、ペンダントトップなど、アクセサリー作りが可能になります。素材感はクリアなので、アレンジしやすいのが、レジンの最大の魅力です。好みのテイストに合わせて作品作りができますよ。

レジン液の選び方


写真AC
レジンアクセサリー作りのメインの材料がレジン液です。『ハードタイプ』『ソフトタイプ』『グミータイプ』の3種類ありますが、レジンアクセサリーを作る際はハードタイプがおすすめです。固める時間が一番短く、硬くて強度があるため、アクセサリーにぴったりです。

簡単!レジンヘアゴムとピアスの作り方

ダイソーでも購入できるレジン液を使ってつくる、簡単なヘアゴムとピアスの作り方をお教えします!

シェルフレークで大人可愛いヘアゴムの作り方


ライターparuparu
赤と黒のシェルフレークを使って色味をつけ、さらにゴールドのパーツで大人可愛くしました。

材料

ライターparuparu

レジン液
今回はダイソーの速乾、ハードタイプを使用
UVライト
レジン液を硬化させる為の紫外線またはLEDライトのこと
シリコンモールド
レジンを流し込んで固めるだけで可愛い形にできるシリコン素材の型のこと。紫外線を通す透明な素材でライトが当たりやすく、また作業中に裏側からも配置の確認ができる。
ヘアゴム土台付き
こちらもダイソーで購入可能
お好きなパーツ
レジン液に埋め込むお好きなパーツ今回はシェルフレークと三角のメタルパーツを使用

この他ピンセットや楊枝があると作業しやすいのでおすすめです♡

手順

①シリコンモールドに⅓程のレジン液を流し込む


ライターparuparu
シリコンモールドにレジン液容器の先をつけるようにして流していきます。すると気泡が出来にくくなります。パーツを入れるので⅓程入れます。

②楊枝で気泡を無くす


ライターparuparu
楊枝の先で気泡を潰すようにしてなくします。気泡がないほうが出来上がりがクリアで綺麗になります。

③先端に入れたいパーツを入れる


ライターparuparu
今回は丸いモールドを使用しています。その先端部分に入れたいパーツがある場合はこのタイミングで入れます。

④UVライトで2分程照射して固める


ライターparuparu
UVライトに入れてレジン液を固め、パーツも固定します。照射時間は使用するレジン液により異なりますので、それぞれご確認ください。

⑤さらにモールドが⅔ほど埋まるようにレジン液を流し込む


ライターparuparu
つぎに、④で固まった上からモールドの⅔が埋まるくらいレジン液を流し込みます。この時も容器の先をモールドにつけながら気泡が出来ないようにそっと流し込んでください。

⑥シェルフレークを入れて楊枝で馴染ませる


ライターparuparu
シェルフレークを入れて楊枝で馴染ませます。気泡が出来ていないことを確認してください。その後UVライトで2分程照射し、固めます。

⑦ヘアゴム土台にレジン液を垂らし、⑥を乗せる


ライターparuparu
⑥で固めたレジンをモールドから取り外します。
ヘアゴム土台にレジン液を写真のように1〜2滴垂らし、固めたレジンを乗せます。
このままUVライトに入れて2分程照射したら完成です!

出来上がりはこんな感じ♡


ライターparuparu
ぷっくり艶々のレジンのなかで、パーツやシェルフレークが綺麗に見えます。色味やパーツのアレンジ次第で、ママも子供も使えますね!

ムーン型ピアスの作り方


ライターparuparu
小さめの型なので、はっきりした色味をつけても派手になりません。アレンジ次第でいろいろな雰囲気を楽しめますよ。基本の材料はヘアゴムと同じです。

①土台(クリアファイルなど)の上にムーン型を乗せてレジン液を流し込む


ライターparuparu

写真のように土台(クリアファイルでOK)の上にムーン型を乗せます。流れでないように1滴ずつレジン液を流し込みます。気泡ができてしまったら、先程と同様に楊枝で潰します。この時に入れたいシェルフレークやラメなどの材料を入れ込みます。

②2分程UVライトで照射します


ライターparuparu
クリアファイルの土台ごとUVライトに入れて、2分程照射します。この移動する時に、レジン液が流れでないように、気をつけてください。

③さらにレジン液をぷっくりするくらい流し込みます


ライターparuparu
②で固めた上からさらにレジン液を流し込みます。横から見てぷっくりしているくらい流し込むと出来上がりが可愛らしくなります。流し込んだら再び2分程照射します。

④最後に土台から外し、ピアスパーツをつけて完成です!


ライターparuparu
照射して固まったら、土台から外します。穴の部分にピアスパーツをつけたら完成です!今回はムーン型ですが、星やハートなど様々な型が販売されているのでいろいろ楽しめますよ。

今回クリアファイルで代用した土台はダイソーでも購入出来ます


ライターparuparu
ダイソーでシリコン製のレジン用マットが販売されています。シリコンなので、滑りにくいので使いやすくなっています。

レジンで作れるアイテムの参考本もダイソーに♡


ライターparuparu
ダイソーでこんな本も売っていました♡レジンを使って作れるアイテムがいろいろ載っていたり、デザインの参考にもなります!100円で手軽に手に入るので、初心者の方にもおすすめです。

UVライトはこちら





詳しくはこちら





照射スペースも大きくて、ジェルネイルにも使えるUVライトはいちだいあると活躍します。

簡単なのに見た目は本格的なレジンアクセサリーを作ろう


ライターparuparu
いかがでしたか?見た目は本格的でお洒落なものが作れるのに、材料は意外と手軽なものが多いレジンアクセサリー。

これなら、挑戦しやすいのではないでしょうか。アレンジ次第で作品の幅も広がります!ママも子供も使えるレジンアクセサリーをぜひ作ってみてくださいね。

paruparu

やんちゃボーイ2人の子育てに奮闘中のママです。 特技は、お得情報発信と家事の手抜き♡ ママ目線で子育てが楽しくなるような記事をたくさん書いていきたいです!

プロフィール

ピックアップ記事