マスク不足を解消!洗って何度も使える簡単「マスクカバー」の作り方!

市販のマスクが繰り返し使える「マスクカバー」を作ろう


instagram @natural_camomille
マスク不足が続いていますね。お店でもなかなか購入できず、市販の不織布マスクを洗って再利用する方も多いです。そんな時に活躍するのが、「マスクカバー」です。マスクカバーを取り替えるだけで、市販のマスクが傷みにくく、何度も使えるようになりますよ。

今回は、10分あれば出来ちゃうマスクカバーの作り方をご紹介するので、マスクが無くて困っている方は参考にしてみてくださいね。

マスクカバーについて

マスクカバーとはどんな役割?どのように使用するのかなど、ご紹介します。

マスクカバーって何?


instagram @cu_biscuit

マスクカバーは、市販の使い捨てマスクの周りに装着して使います。マスクカバーが筒状になっているので、横から使い捨てマスクをスライドして入れるだけ。マスクを使った後は、マスクカバーを洗濯します。そして綺麗になったマスクカバーを再びマスクに付けます。

ゴムが伸び、マスク自体が使えなくなるまでは、マスクカバーを変えるだけで何回でも使用可能です。

マスクカバーを使うメリット


instagram @nyanyasan7

市販のマスクの毛羽立ち対策になる
市販のマスクには洗って使えるというものもありますが、基本的には不織布なので、洗うことで毛羽立ったり、機能性の低下につながります。また使い心地が肌荒れの原因になることんも。仮に毛羽立ってしまった市販のマスクもマスクカバーがあれば、肌触り良く着用することが出来ます。
外出時のマスク汚れ対策になる
外出時に、化粧品がマスクについてしまったり、子供がマスクに食べ物の汚れをつけてしまうことがありますよね。そんな時、替えのマスクカバーを持っていると取り換えるだけで簡単に清潔なマスクになります。

直線縫いで簡単!マスクカバーの作り方

マスクを作るよりも簡単に出来る、マスクカバーの作り方をご紹介します。

材料

好きな柄の布


ライターparuparu

サイズ
縦:マスクのプリーツを広げたときの長さの倍+2cm
横:マスクの横の長さ+2cm

肌触りの良い布がおすすめです。作りたいマスクの大きさに合わせてカットしてください。手縫いでもミシンでも大丈夫です!

手順

①生地を半分に折る


ライターparuparu
横長に置いた生地を半分に折ります。きちんと折り目をつけるため、アイロンをかけると良いです。

②プリーツを作る


ライターparuparu
①で折った線(黄色)を中心にして、左右にプリーツを作ります。山折り谷折りを繰り返して作りますが、この時もアイロンをかけておくとしっかり折り目がつきます。プリーツの数はお好みですが、装着したいマスクと同じ数のプリーツを作るとつかいやすいです。

プリーツを折った後は、左右それぞれのサイズがマスクよりひと回り大きくなるようにして縫い代を残します。

③上下を折ってアイロンをかける


ライターparuparu
写真のように生地を横長に置き、上下になるところを1cm程度折ります。プリーツの部分はとくに生地が戻ってしまいやすいので、アイロンをかけたあと、マチ針で止めるなどしてください。

④直線縫いする


ライターparuparu
③で折った部分を直線縫いします(ピンクの線)。プリーツ部分がずれてしまうときは、両端から中央に分けて縫うとずれにくくなります。

⑤半分に折り、縫い閉じる


ライターparuparu
写真のように、生地が中表になるように半分に折ります。その後、生地が開いているピンクの線のところを直線縫いをして閉じます。大体端から5mmくらいのところを縫います。

⑥裏返して完成!


ライターparuparu
⑤で縫ったものを裏返したら完成です。このようにマスクを入れて使います♡
 

プリーツもあるので快適


ライターparuparu
プリーツもあるので、マスクと同様に立体的に使用できます。しっかりガードしてくれて、息苦しさもありません。

みんなの手作りマスクカバー

皆さんの様々な手作りマスクカバーをご紹介します!

instagram @conakky
子供が好きなキャラクターの生地で作ってあげると、喜んで付けてくれそうですね♡シンプルなマスクもガラッと派手で可愛いマスクになります。

配色がお洒落なマスクカバー


instagram @haco_miu
お洒落感覚で毎日選ぶのが楽しくなりそうな配色のマスクカバー!無地と柄を合わせて作っているので、より柄が引き立ちます。これだと子供もマスクの上下がわかりやすく良いですね。

ギャザーが可愛いマスクカバー


instagram @atelier.nicoge
マスクカバーの端部分がギャザーになっていて、フェミニンなデザインに♡女の子が喜びそうなデザインのマスクカバーですね。

レースでエレガントなマスクカバー


instagram @cocoruban_

レースがついたマスクカバーは、シンプルなカラーでもエレガントさがありますね!これならファッションの一部としてお洒落にマスクをできそうです。

お気に入りデザインのマスクカバーを作ろう


instagram @cu_biscuit
いかがでしたか?直線縫いだけでとても簡単に作ることが出来るマスクカバー。何枚か作っておくと、市販のマスクを繰り返し使えるので活躍しますよ!汚れなどがついた時にもすぐに交換できるよう、外出の時も替えを持っておくと安心です。今回ご紹介した作り方を参考に、ぜひマスクカバー作りをしてみてくださいね。
 

paruparu
paruparucomonaライター
やんちゃボーイ2人の子育てに奮闘中のママです。
特技は、お得情報発信と家事の手抜き♡
ママ目線で子育てが楽しくなるような記事をたくさん書いていきたいです!

paruparu

やんちゃボーイ2人の子育てに奮闘中のママです。 特技は、お得情報発信と家事の手抜き♡ ママ目線で子育てが楽しくなるような記事をたくさん書いていきたいです!

プロフィール

ピックアップ記事