たんぽぽを使った可愛いアレンジ!お洒落な綿毛オブジェの作り方

おうち時間にオススメ!オシャレなお花アレンジ


instagram @sayu1114r

子どもの頃には誰もが1度は摘んだことのあるたんぽぽ。どこにでも咲いているこのたんぽぽを加工してお洒落なオブジェやインテリアにするアレンジをご存知でしょうか?
今回は@sayu1114rさんのたんぽぽを使ったお洒落なオブジェの作り方を紹介します。

たんぽぽを探そう

身近なたんぽぽは、子供にも見つけやすいと思います。家の周りを一緒に探してみましょう!

たんぽぽの蕾を選ぶ


instagram @sayu1114r

花が咲いているたんぽぽを使うのではなく、蕾の状態のたんぽぽを選んで摘みます。上の写真の様に先の方が黄色い蕾は、まだ綿毛になる前の段階です。
今回は綿毛の状態で使用したいので、黄色い蕾ではなく茶色い蕾を摘みましょう。

この状態のたんぽぽがおすすめ

instagram @sayu1114r

先の方が茶色くなっている蕾のたんぽぽを選びます。既に綿毛が開いてしまっているものは、持ち帰り時に綿毛が飛んだり抜けたりしてしまうので、後に綿毛が開いてくる蕾の状態のものを使用します。

たんぽぽの汚れを落とす


instagram @sayu1114r

茎についているゴミや土等の汚れを落とします。虫が入っていないかもチェック!水で優しく洗い流すと、茎がとってもキレイになります。

下準備をしよう

準備したたんぽぽを使って、オブジェにする作業を進めていきます。とても簡単なのでお子様と一緒に作ることができますよ!!

材料


instagram @sayu1114r

・たんぽぽ
・ワイヤー
・オアシス
・ドライモス(100均のもの)
・容器(透明の軽い容器)
・グルーガン
・ヘアスプレー

作り方

①たんぽぽにワイヤーを挿す


instagram @sayu1114r

たんぽぽの茎の下からワイヤーを挿します。茎を傷付けて穴が空かないよう慎重に挿しましょう!ガクの部分まで差し込みます。針金が下から2~3cm出る長さに調節します。

②オアシスに挿す


instagram @sayu1114r

綿毛が開いてくるので、少し間隔をあけて挿していきます。だんだんと綿毛が開いてきます。部屋が暖かいと2時間程度、寒いと次の日でもなかなか開かない場合もありますが、たんぽぽの綿毛がだんだん開いていく様子を見るのも楽しみです。

③開いた状態をキープ


instagram @sayu1114r

綿毛が開いたらスプレーで固めます。スプレーは、髪の毛を固めるときに使うヘアスプレーを使用します。ハードタイプだとしっかり固まるのでおすすめです。

飾り付けをしよう

綿毛の開いたたんぽぽをオシャレに飾り付けしていきます。

容器を選ぶ


instagram @sayu1114r

今回は瓶の中にたんぽぽを入れて飾り付けするアレンジをご紹介します。ガラス瓶がおすすめですが、子供達と気軽に使用するなら100均で売られているプラスチックなどの軽い容器でも作ることができますよ。

土台作り


instagram @sayu1114r

オアシスを容器に入る大きさに小さく切ります。グルーガンを付けて容器の底に貼ります。

ドライモスを詰める


instagram @sayu1114r

オアシスが隠れるように、割り箸やピンセットを使ってモスをギュっと詰めていきます。
今回使用したのは左がDAISOのグリーンモス、右がSeriaのドライモスです。

隙間がないよう埋める


instagram @sayu1114r

instagram @sayu1114r

オアシスの周りにドライモスを詰め、さらにオアシスが隠れるように上にもドライモスを乗せてグリーンの土台を作ります。

飾りを入れて雰囲気作り


instagram @sayu1114r

ミニチュアオブジェを加えると雰囲気もガラっと変わります!100均に色々売っていますのでお好みの物を選んでくださいね。

たんぽぽを挿す


instagram @sayu1114r

最後にバランスを見ながら、瓶底に貼ったオアシスにたんぽぽを挿します。今回は2輪のたんぽぽを挿しました。可愛らしいたんぽぽオブジェの完成です!

おうち時間にチャレンジしてみよう


instagram @sayu1114r

身近なたんぽぽを使って、オシャレで可愛いインテリアが簡単にできました。中身のアレンジも色々と出来そうですね!おうち時間の息抜きに、子どもと一緒に挑戦してみてはいかがでしょうか?ぜひ参考にしてみてください。

友だち追加

*CHISA*

ハンドメイドが好きで、子ども服やイベントの装飾、小物、消しゴム判子…等色々作っています!!あっという間に終わってしまう子育て。一緒に楽しみましょう☆

プロフィール

ピックアップ記事