「冷感マスクの作り方」縫い方のコツや様々な素材のアイデアマスクをご紹介!

記事内画像出典:ライターkonotogaku

伸びる素材もコツをつかめば簡単!冷感素材でマスクを手作りしよう

本格的な夏が始まり、今欲しいのは涼しい夏マスク。市販のマスクもあるけれど冷感素材は意外と高い…。そんな時は冷感マスク手作りしてみませんか。冷感素材は伸びる生地が多いので、伸縮素材を縫うコツもあわせてご紹介します。

冷感マスクを縫ってみよう

ひも部分も生地で作るデザインはスタイリッシュな雰囲気。今回は冷感生地の中でも有名な「ニトリのひんやりルームウエア」を使って作ります。ニット素材の中でも張りがあり、縫いやすいので初心者の方にもおすすめです。

材料

【サイズ・大人用Mサイズ】
冷感生地      ニトリのひんやりルームウエア          
ニット用糸       
スティックのり       

※今回はニトリのキッズ用「ひんやりルームウェア ワンピース(コットン ホシ130)」を使用しました。他社のものでも代用できます。

※「布用の仮止めのり」も販売されていますが、今回は市販の文房具用スティックのりを仮止めに使います。

作り方

①型紙を作ります


紙に図の通り型紙を書いて、赤い線でカットします。この型紙を1枚用意します。(型紙は縫い代が入っています。)

②生地をカットします

ワンピースを裏返して、ひも用に縦2cm×横68cmの印をつけてカットします。マスクは4枚カットします。
※解りやすいように製図を2枚用意していますが、1枚の製図をずらして使って下さい。

③中心を縫います

4枚カットしたマスクの生地を2枚ずつ合わせて2セット縫っていきます。生地の表を中側にして合わせて、中心を縫います。

伸縮素材は普通の糸を使うと生地を伸ばした時に、糸が切れてしまいます。ニット用の伸びる糸を使い、縫い目をいつもより少し大きく縫います。縫いはじめは糸をしっかりと押さえ、2セットゆっくりと縫い始めましょう。

④横を縫います

中心を縫ったマスクを開いて、2枚重ね縫っていきます。生地の表を中側にして合わせて、横を縫います。

⑤上、下の端を仮止めします

縫っていない上下の端を、スティックのりで仮止めします。柔らかくまち針でとめにくい伸縮素材はのりで仮止めをします。薄くのりを塗り、生地を重ねてしっかりと手で押さえます。のりが乾くと少し硬くなり、縫いやすくなります。

⑥ひもを仮止めします

下端の中心から、ひもを右周りにスティックのりで仮止めしていきます。耳にかける部分は13cmにします。そのまま続けて上端をくるんで反対側も13cmを耳にかける部分にします。のりが乾くまで少し待ちます。

⑦ひもを縫います

ひもの端を縫います。使う時に伸ばす部分は、斜めに入った縫い目が生地の伸びにも負けず、糸が切れにくいジグザグミシンで縫います。ジグザグミシンの縫い目もいつもより少し大きくすると伸縮素材も縫いやすくなります。

⑧完成しました

ひもも布で出来たおしゃれなマスクが完成しました。のりを使って仮止めすると生地が硬く伸びにくくなるので縫うのが簡単です。伸縮素材は縫うのが難しそう…と思っている方もぜひやってみてくださいね。

完成後はしっかりと洗ってのりを落としてからお使い下さい。

他にこんな素材でも!冷感素材を使った手作りマスク

 
触るとひやっと感じる接触冷感生地を使った商品は、100均からワークブランドまで様々なお店で発売されています。そんな冷感素材を使ってマスクを作られている方をご紹介します。

冷感タオルで


instagram @juncocochan

カラフルな冷感タオルをアレンジして作られているのがこちら。フィルターポケットもついた機能的なマスクです。濡らして冷やす事も出来るそう。顔に合わせた立体的なシルエットは安心感がありますね。明るい色合いは夏のコーデにも映えそう!

冷感のマフラーも


instagram @yucaizm

水につけた後、絞って使うとひんやり冷たくなる素材のマフラーをアレンジして作られたマスクです。かわいいブルーと花柄が見た目も爽やかですね。ぬるくなってきたら、振ると冷感がもどってくるそう。長い間つける時には重宝しそうです。

汗で冷感cool coreから


instagram @naonao.1004

表はカープのユニフォーム、裏にcool coreを使用したもの。cool coreは水分を吸い上げ、蒸発する時の気化熱を利用して冷却する素材。様々なブランドから発売されています。通気性が良いユニフォームと合わせると高機能なマスクに変身です。カープのロゴがきれいに入ってファンにはたまらない作品ですね。

高機能生地エアロシルバー


instagram @monaca65

銀イオンが含まれた機能性素材「エアロシルバー」で作られた作品。冷感、抗菌、速乾、消臭
などの機能が半永久的に続くそう。切りっぱなしでもほつれず、伸びが良いので、中心を縫って耳をかける部分をくり抜いたシンプルな形で作られています。つるりとした生地とスタイリッシュな形がおしゃれですね。

夏はひんやり涼しく!機能的なマスクで過ごそう


instagram @atelier__baroque
ATELIER’baroque’さん販売

minne

ミシンで仕立てていますが手縫いでもOK!手縫いの場合はすべてなみ縫いで仕上げます。伸びる素材の縫い方のコツを押さえて、ぜひチャレンジしてみてくださいね。スタイリッシュでひんやり涼しいマスクで夏を乗り切りましょう。

※こちらで紹介しているものは個人のアイデアであり、強く推奨するものではありません。夏のマスク着用には十分気をつけましょう。

友だち追加

konotogaku
konotogaku
転がり回る自由人の娘とサバイバルな毎日。
服飾パタンナーの経験を生かして今日がうるおう布小物のソーイングオペレーターをしています。 日々の制作はInstagramで更新中。
明日が楽しくなるちょっと良い話をお届けできたらと思います。

konotogaku

転がり回る自由人の娘とサバイバルな毎日。 服飾パタンナーの経験を生かして今日がうるおう布小物のソーイングオペレーターをしています。 日々の制作はInstag...

プロフィール

ピックアップ記事