「手作り風鈴の作り方」簡単な材料で夏休みに親子で作ってみよう!

記事内画像出典:ライターkonotogaku

子供と一緒に!手作り風鈴を作ろう

日本の夏の風物詩「風鈴」。風に揺れて音がなる姿は風情がありますね。ガラスや南部鉄で作られている物をイメージしますが、実は身近な素材で作る事ができます。今回は子供と一緒に作れるペットボトル風鈴の作り方をご紹介します。

ペットボトル風鈴をつくろう

どこのご家庭にもあるペットボトル。サイズは色々ありますが、麻ひもを巻いて作るのであまり大きくない、500mlサイズがおすすめです。形はなだらかな方がひもが巻きやすく仕上がりがきれいです。お好みのペットボトルを探してみてくださいね。今回はペットボトルと麻紐を使った可愛い風鈴を作ります。

材料

ペットボトル(500ml)         1個
鈴                   1個
麻ひも                 適量
テグス(9号)             1巻き
ウッドビーズ              5個
短冊用飾り(流木・貝殻など)     お好みで
アクリル絵の具やペンキ        お好みの色
木工用ボンド)            1個

①ペットボトルをカットして、穴をあけます

飲み口側から約11cmでカットして、フタに目打ちで穴を開けます。穴は大きめにあけておきます。

②麻ひもをまきつけます


フタしっかり締めて、木工用ボンドを塗りながら、麻ひもをぐるぐると巻きつけていきます。ペットボトルを回すようにしながら下まで巻きつけて、ボンドをが乾くまでおいておきます。

③短冊部分を作ります

風鈴の下で風を受ける短冊部分を作ります。流木や貝殻をお好みで並べて、テグスを通します。間にウッドビーズを挟むときれいに配置できます。最後に鈴を通します。

④麻ひもに色をつけます

風鈴が乾いたら麻ひもにお好みの色を塗ります。今回はダイソーの「ナチュラルミルクペイント」のナチュラルベージュを塗りました。お好みで絵を描いたり、ミックスカラーにしても良いですね。

⑤風鈴にテグスを通します

80cm位にカットしたテグスが抜けないようにクリップを通し、端と端を合わせて風鈴のフタの上から中に向かって2本一緒に通します。さらにウッドビーズも通します。通したテグスは、2本一緒にしっかりと結びます。ほどけないよう2回結んで下さい。

⑥ウッドビーズを通す

フタ側のテグスを引っ張り、抜けない事を確認したら、クリップを外して、ウッドビーズを通します。ウッドビーズが抜けないように2回結びます。

⑦風鈴と短冊を結び完成です

風鈴と短冊をしっかりと結びます。ほどけないよう2回結んで下さい。爽やかな白い風鈴が完成しました。短冊部分は後で結んでいるので、別のデザインに変える事もできます。色々な素材を組み合わせて作ってみてくださいね。
 

色々な素材で作る風鈴

ガラス以外にもさまざまな素材で風鈴は作られています。子供でも簡単に作れる紙や、鉢、張り子の風鈴もありますよ。皆さんの素敵なアイデアを見てみましょう。

画用紙で


instagram @mari_watata

細くカットした画用紙を風鈴型にして作られたものがこちら。短冊の柄と風鈴のカラーがマッチしていてとても可愛らしい作品です。スイカやひまわり、あさがおなど夏のモチーフが涼しげで子供達も喜びそうですね。

ペットボトルとビーズ


instagram @ma_mi_rm

四角いペットボトルの形を活かして作られたポップな風鈴。カラフルなビーズや鮮やかなひも、貝殻もポイントですね。夏の思い出を風鈴に閉じ込めた素敵なアイデアです。ビーズをひもに通す事が出来れば、作る事が出来るので小さなお子さんでも楽しめそうですね。

プラバンで


instagram @maminca
プラバンで立体的につくられたもの。中心には鈴がつけられています。プラバン教室で作られたものだそう。透ける素材は涼しげで、丁寧に描かれたイラストもそれぞれ個性があってとっても素敵です。

maminca (マミンカ)さん販売

minne @maminca

委託販売
・TSURU CAFE (ツルカフェ) @tsurucafe.2014.2.6
・帽子と雑貨 販売修理 Dons @dons_sp
ハイネとミッケ

紙粘土の


instagram @naopii0617

風鈴キットを使って紙粘土で作られた作品。愛嬌のあるタコさんや、大きなくじらさんなど子供の好きなモチーフで可愛らしく作られています。紙粘土はKクレイのものを使用しているそう。キットの芯材にも付きやすく、ひび割れしにくい紙粘土だそうです。粘土の好きな子供達にぴったりの素材ですね。

張り子の風鈴


instagram @a.yumimi
ポコポコとしたクラフト感がとてもおしゃれな「張り子」の風鈴。型などに紙を糊で貼って重ねていき、乾燥後に着色をする「張り子」の技法で作られています。涼しげなブルーのラインと金魚の柄が夏を感じさせますね。小さなお子さんも一緒に手伝ってくれたそう。親子で作ると楽しさも広がりますね。

植木鉢を使って


instagram @mayumi_cocco
「夏」をテーマに筆で大胆に描かれたおしゃれな風鈴。とても植木鉢には見えません。水草と金魚や花火の様なお花のモチーフなど見ていて飽きない美しさです。お絵描きの好きな子供達!立体的な植木鉢に描く楽しさも体験させてあげたいですね。

身近な素材で楽しもう


instagram @naganatsu825

手軽に手に入る素材で作る事ができるので、夏休みの自由研究や工作にもおすすめです。ビーズやお花、リボンなどで飾っても素敵ですね。涼しげな風が通るたびに、ちらりと鳴る手作り風鈴でひと時、夏の暑さを忘れてみませんか。

konotogaku
konotogaku
転がり回る自由人の娘とサバイバルな毎日。
服飾パタンナーの経験を生かして今日がうるおう布小物のソーイングオペレーターをしています。 日々の制作はInstagramで更新中。
明日が楽しくなるちょっと良い話をお届けできたらと思います。

konotogaku

転がり回る自由人の娘とサバイバルな毎日。 服飾パタンナーの経験を生かして今日がうるおう布小物のソーイングオペレーターをしています。 日々の制作はInstag...

プロフィール

ピックアップ記事