新米ママ必見「抱っこ 紐 よだれ カバー」の作り方!赤ちゃんに優しい素材を選ぼう

記事内画像出典:ライターkonotogaku

たっぷり吸収のよだれカバーを作ろう

赤ちゃんと一緒のお出かけに便利な抱っこ紐。でも肩紐がよだれでべっとり、、。そんな時に活躍するのがよだれカバー。肩紐につけてよだれを吸収し、外して洗う事が出来るので、清潔にしてあげたい赤ちゃんにはぴったりのアイテムです。

各メーカーから販売されていますが、手作りなら、自分の持っている抱っこ紐に合わせて作る事ができますよ。

よだれカバーを作ってみよう

今回はよだれをよく吸収できるよう、ガーゼ生地の間にタオルを挟んで作りました。中に入ってしまうので、粗品のタオルでOK!お家で余っているタオルを有効活用しましょう。それでは材料と道具を見てみましょう。

材料

【広げた出来上がりサイズ 縦21cm×横23cm】
生地           (縦23cm×横48cm)×2枚
フェイスタオル        2枚
プラスチックスナップ 10~13mm×6組
(※作るサイズによってスナップボタンの数や大きさも変わるので合わせてご用意ください。)

作り方

①タオルを切ります

※よだれカバーは2つで1セットになります。今回は1個の作り方をご紹介します。同じ物をもう1つ作り、左右2個セットでお使い下さい。

タオルの上に、縦23cm×横48cmの生地をのせ、生地にあわせてタオルをカットします。

②角に丸く印をつけます


横23cmになるよう中心で半分にたたみ、上下の角にセロテープのカーブを合わせて丸く線を描きます。セロテープがなければ、直径8cm位のお皿など、丸い物をあてて、カーブを書きます。(左下はわかりやすいようにめくっていますが、広げて印をつけて下さい。)

③返し口をあけて周りを縫います

下の中心に5cm位の返し口を開けて周りを縫います。

④余分な生地をカットします

縫った線より7mm位残して、周りをカットします。少なめにカットすると、表に返した時にきれいに仕上がります。返し口から表に返します。

⑤周りにステッチをかけます

端にステッチをかけます。生地が何枚も重なるので、ミシンで縫うのが難しそうな場合は手縫いでもOK。大きめの「なみ縫い」で縫うとデザインのポイントにもなりますよ。

⑥プラスチックスナップをつけます

スナップの方向に注意しながらプラスチックスナップをつけます。スナップの位置はお好みで変えてください。
※プラスナップのつけ方はメーカーによって違います。購入した商品のつけ方をご確認ください。

⑦完成しました

タオルが2枚入ったふわふわで吸収力のあるよだれカバーができました。もう1つも同様に作り、2つで1セットとなります。今回はミシンで縫いましたが、手縫いでも縫う事が出来ます。その場合は全て「なみ縫い」で縫って下さい。

機能も充実!アイデア豊富なよだれカバー

日々使うアイテムだからこそデザインにはこだわりたい。でも赤ちゃんに使うものだから機能も捨てられない!そんな願いがかなう素敵な作品を作ってらっしゃる方々をご紹介します。

バイアスでくるんで


instagram @ikuyonyony_hm

よだれカバーの周りをバイアステープでくるんで作られたもの。ふわふわで縫いにくいよだれカバーは、周りをテープでくるんで作るとしっかりと周りが押さえらえれ、よれずに使えます。

生地は手ぬぐいを使っているそう。水分の吸収が良い手ぬぐいはぴったりの素材です。

フリル付き


instagram @michan4160

シンプルなよだれカバーもフリルをつけるとこんなラブリーな仕上がりに。刺繍生地と、ぴったりのデザインです。赤ちゃんを引き立てる白い生地は清潔感があり、たっぷりととられたフリルは高級感がありますね。

Mimi Babyさん販売はこちら

かわいい動物たち


instagram @ukku.tezukurikomono

こちらはキュートなアニマルフェイスがデザインされたもの。ほっこり優しい色合いに癒されます。ちょこんとついた蝶ネクタイのカラーは好きなものが選べるそう。だっこ紐に合わせてコーディネートするのもかわいいですね。

手づくり小物 ukku.さん販売はこちら
手づくり小物 ukku.さん連絡先

ギャザータイプ


instagram @n.a.m.i.n.a.m.i

大人気のミナペルホネンのファブリックを使用して作られたのがこちら。柄と無地の組み合わせがおしゃれです。ベビービョルンone用よだれカバーは、片側にゴムが入って、ずれにくいデザインです。ふんわりやさしい仕上がりに赤ちゃんもよろこびそうですね。

nami~namiさん販売はこちら

洗い替えもすぐできちゃう!簡単手作り


instagram @sa.s2.ki

毎日使うものなので頻繁に洗うのが難しい抱っこ紐。よだれが少ない赤ちゃんも外して洗えるよだれカバーで顔周りを清潔に保ってあげると安心ですね。すぐに出来るので、洗い替えも簡単に作れます。

自分好みの生地を探してよだれカバーを手作りしてみませんか?

友だち追加

konotogaku
konotogaku
転がり回る自由人の娘とサバイバルな毎日。
服飾パタンナーの経験を生かして今日がうるおう布小物のソーイングオペレーターをしています。 日々の制作はInstagramで更新中。
明日が楽しくなるちょっと良い話をお届けできたらと思います。

konotogaku

転がり回る自由人の娘とサバイバルな毎日。 服飾パタンナーの経験を生かして今日がうるおう布小物のソーイングオペレーターをしています。 日々の制作はInstag...

プロフィール

ピックアップ記事