簡単ルールのカードゲームおすすめ10選!小さい子供と一緒にPLAY!

カードゲームを子供と一緒に楽しもう


getty images
様々な種類が発売されているカードゲームを、上手に活用して楽しんでみませんか。小さな子供から大人まで気軽に盛り上がれるカードゲーム。雨の日やママの体調がすぐれない時のお家遊びとして利用したり。クリスマスやお正月でのパーティーゲームとしてもおすすめです。

子供と一緒に楽しめるカードゲームの選び方

プレイ人数で選ぶ

プレイ人数を具体的にイメージして選びましょう。家族や友達数人で行うなら少人数でもできるものを。クリスマスや、お正月など人が集まる場なら大人数向けのものを。場面によって適切に使い分けると、よりカードゲームを楽しむことができます。

プレイ時間で選ぶ

短時間で遊べるゲームは小さな子供も最後まで飽きずに楽しむことができますし、休憩もはさみやすくなります。ルールがわかりやすいものも多いので、おすすめです。

対象年齢で選ぶ

カードゲームのほとんどに対象年齢が記載されています。子供向けは、遊びながら学ぶことができるものもあるので、上手に活用すれば勉強に興味をもってくれるきっかけになるかもしれませんね。

子供と一緒に楽しめるカードゲームのおすすめ10選

comona編集部による子供と一緒に楽しめるカードゲームのおすすめをご紹介します。

謎の生き物が癖になる!名前をつけて早く呼ぶゲーム

謎の生き物・ナンジャモンジャ族の12種類の仲間に名前をつけて遊びます。つけた名前を覚えて、次にそのキャラクターが出てきたときに一番早く名前を呼ぶことのできた人がカードをゲット。より多くカードを集めた人が勝ちです。

個性的なキャラクターがかわいい!名前を付けるセンスと記憶力が問われるゲームです。大人も子供もいっしょになって盛り上がれちゃいます。

【ナンジャモンジャ・ミドリ】
プレイ人数:2~6人、所要時間:約15分、対象年齢:4歳以上
詳しくはコチラ

観察力が磨かれる!ドイツ生まれの傑作カードゲーム

同じ絵柄のカードを4枚集めるゲーム。手札を1枚隣の人に渡しながら、同じ絵柄が揃ったら他のプレイヤーに気が付かれないようにそっと伏せる。カードが揃わなくても、伏せているプレイヤーを見つけたら絵柄に関係なく伏せることができます。伏せるタイミングが一番最後になってしまった人が負け。

他のプレイヤーの動きをしっかり把握し、いかに気が付かれずにカードを伏せることができるかが重要。観察力の磨かれるゲームです。

【そっとおやすみ】
プレイ人数:3~7人、所要時間:約10~15分、対象年齢:5歳以上
詳しくはコチラ

シンプルなゲームで、年齢問わず盛り上がる!

1枚のカードにつき8つのマークがあり、55枚あるカードを2枚見比べると必ず1つだけ同じマークがあるように作られています。共通したマークを一番早く言い当てた人が勝ちとなるゲームです。他にも4種類のゲームが楽しめます。

ルールが「同じ絵柄を言うだけ」ととても簡単なので、小さな子供でもご年配の方でもすぐに遊べます。親戚の集まりや小さな子供が集まる時などに活用したいですね。

【カードゲーム ドブル】
プレイ人数:2~8人、所要時間:約15分、対象年齢:6歳以上
詳しくはコチラ

演技力が試される!ぷよぷよ開発者が考案したカードゲーム

今言った「はぁ」は、なんの「はぁ」? 感心してる時の 「はぁ」、怒りの「はぁ」、失恋の「はぁ」…。「はぁって言うゲーム」は与えられたお題に対して、各プレイヤーが割り当てられたシチュエーションを“声と表情だけ”で演技し、当て合うゲームです。

テレビゲーム「ぷよぷよ」の開発者が考案した、演技力が試されるパーティーゲーム!ルールがシンプルなので、年齢問わず楽しめます。

【はぁって言うゲーム】
プレイ人数:2~8人、所要時間:約15分、対象年齢:8歳以上
詳しくはコチラ

子供が料理に興味をもつきっかけに!

メニューカードに描かれている料理を完成させるゲーム。6種類の「ぐざいカード」を集めることで、料理の完成を目指します。必要な「ぐざい」を早く集めて、料理を完成させましょう。

ゲームをしながら、料理の名前や具材を覚えて興味をもってくれるかも。「和食料理編」「世界料理編」など、同じレシピシリーズのカードを混ぜて遊ぶこともできます。

【カードゲーム レシピ 定番料理編】
プレイ人数:2~4人、所要時間:約5分、対象年齢:4歳以上
詳しくはコチラ

2歳から遊べる!癒し系くまゲーム

ルールはとっても簡単!2組の同じ絵を見つけ出すゲームです。かわいいクマのカードを使うので、小さな子供でもわかりやすく、気軽に遊べるようになっています。

くまの絵は鏡絵になっているので絵の違いを発見する集中力も育てます。カードの長さは13.8cmと、小さな子供でも持ちやすいサイズ。紙は厚手で丈夫なので、小さな子供でも長く遊べます。

【テディ・メモリー】
対象年齢 :2才以上
詳しくはコチラ

ママに嬉しい献立付きカードゲーム

生姜焼き弁当やサンドイッチ弁当、おひなさま弁当にクリスマス弁当まで!54種類の献立が勢ぞろいしたカードがトランプになっています。トランプゲームはもちろん、「弁当ドロボウを探せ」「おべんとうダウト」など、オリジナルの4つのゲームが楽しめます。

このカードゲームにはママにも嬉しい点が。カードには一枚一枚簡単な献立がついていて、実際に作ることが可能。お弁当作りの参考にできちゃうんです。

【おべんとうトランプ】
対象年齢:6歳以上
詳しくはコチラ

小学校高学年向け!本格派の心理戦推理ゲーム

順番に山札から1枚受け取ります。この時、自分の数字は見ません。自分を含めた全員のカードの合計を予想して、その数字を超えないように言っていきます。前の順番の人が合計の数字を超えていると思ったら「ヨコーテ!」と言います。実際に超えていたら「ヨコーテ!」と言った人の勝ち。超えていなかったら負けになります。

ルールはシンプルですが、プレイヤーの表情を読みながら予想していく本格派の心理戦推理ゲーム。小学生高学年くらいの子供におすすめです。

【コヨーテ】
プレイ人数:2~10人、所要時間:約15~30分、対象年齢:10歳以上
詳しくはコチラ

運次第!小さな子供でも勝てるゲーム

頭・胴・しっぽのカラフルなカードを順番にめくって、みんなで一つのヘビを完成させるゲームです。ヘビの最後のカードを引き当ててヘビを完成させた人が勝ちになります。

100%運で勝敗が決まるゲームなので、大人が本気で戦っても小さな子供も勝てちゃう!知識や頭脳戦じゃなく、平等に勝敗が決まるのは子供も嬉しいはず。積極的に遊んでくれそうですね。

【虹色のヘビ】
プレイ人数:2~5人、所要時間:約15分、対象年齢:3歳以上
詳しくはコチラ

1人でも遊べる言葉遊びゲーム

ひらがなが1文字ずつ書かれたカードと、マスが描かれたシートの2つで構成されたカードゲーム。プレーヤーは手持ちのカードの中から、シートに置かれたカードと繋げて言葉になるものを選んでシートに置いていきます。言葉が作れなかった場合はカードをもう1枚引きます。それを繰り返して、最初に手持ちのカードがなくなった人が勝ちとなります。

ゲームをしながら言葉遊びができます。プレイ人数や所要時間の記載はありません。一人でも言葉探しゲームができますし、短い空き時間でも遊ぶことができるのが、「もじぴったん」のメリットです。

【メガハウス】
ことばのカードゲームもじぴったん
対象年齢:3歳以上
詳しくはコチラ

カードゲームの売れ筋ランキング

Yahoo売れ筋ランキング

Yahoo!

Amazon売れ筋ランキング

Amazon

楽天売れ筋ランキング

楽天

yukino

1歳の男の子ママです。初めての子育てに日々奮闘中! プチプラなおしゃれアイテムを見つけるのが趣味です。息抜きとして、気軽に見にきてください(^^)

プロフィール

ピックアップ記事