子供向けポンチョは安全で目立つことが大事!

雨の日や登山などで大活躍する子供向けポンチョです。特に雨の日は視界が悪くなり、車や自転車などとの衝突事故などが起きる可能性が高くなります。そのような事故に巻き込まれないためにも、子供向けポンチョは目立つ色を選ぶことが大切です。手足の動きがしっかりと確保され、反射板などが付いたものはより安全です。

子供向けポンチョの選び方のポイント

サイズで選ぶ

サイズが小さいと雨風をしのぐことができません。また、サイズが大きすぎると、手足を動かしづらくなって危険なので、ぴったりサイズを選びましょう。

デザインで選ぶ

子供向けポンチョには、カラフルなものやキャラクターが描かれたものなど可愛いデザインがたくさんあります。子供が着ていて楽しくなるものを選ぶのがおすすめです。

シーンに合わせて選ぶ

ポンチョには、レインコートの役割をするものや、寒さをしのぐための服の役割をするものがあります。使用するシーンに合わせて、種類を選ぶようにしましょう。

子供向けポンチョのおすすめ10選

comona編集部による子供向けポンチョのおすすめをご紹介します。

約2歳まで使用可能!MIKIHOUSE(ミキハウス)の ベビーバスポンチョ


くまの顔がデザインされた、お風呂上がりに使えるバスポンチョです。これ1つあれば体が冷えることなく、同時に髪の毛や体の水滴を拭き取ることができるので、とても便利。新生児から約2歳ごろまで使用できる大きさです。
詳しくはコチラ

タオル素材!D BY DADWAY(ディーバイダッドウェイ)のタオルポンチョ


タオル素材で作られた、デリケートな赤ちゃんの肌にも優しいポンチョです。お風呂上がりや、肌寒いときにすぐに着ることができます。脇腹部分にはスナップボタンで固定できるようになっているので、動いても脱げにくくなっています。
詳しくはコチラ

高い防水性が大人気!Kiu(キウ)のポンチョ


高い防水性が特徴的な商品です。そのため、雨の日だけでなく雪やレジャーなどにぴったり。動物のデザインや迷彩柄など、カラフルで可愛いデザインなので、子供に大人気です。
詳しくはコチラ

レインコートとしても使える!Boa sorte(ボアソルチ)のキッズポンチョ


ポンチョ型になったレインコートなので、雨の日に重宝する商品です。ポリエステル素材で作られ、防水加工が施されているので、しっかりと水をはじきます。ポンチョ全体が動物をモチーフにして作られていて、フード部分には動物の耳が付いているのでとてもかわいいです。
詳しくはコチラ

ダブルガーゼの生地を使用!NAOMI ITO(ナオミイトウ)のわたガーゼバスポンチョ


67×108cmサイズの子供向けポンチョです。表面の生地にはダブルガーゼ、内側の生地にはパイル素材が使われているため、赤ちゃんや子供の肌を優しく包み込みます。プールで遊んだ後のバスタオルとしても使いやすいです。
詳しくはコチラ

収納袋が付いてお得!サンアローの魔女の宅急便ポンチョ


世代を超えてもずっと人気なジブリの映画「魔女の宅急便」のレインポンチョ。主人公キキのリボンを思わせる赤の色に、可愛い猫のジジがプリントされています。収納袋も付いているので、雨があがった後など濡れたポンチョも入れられます。
詳しくはコチラ

ポリエステル素材を使用!ポンチョ


表の生地は綿100%、肌が当たる部分にはポリエステル素材を使用しているので、保温性に優れていながらしっかりと水を吸収します。冬の時期のお出かけにもぴったりな商品です。
詳しくはコチラ

薄くて軽い!キッズレインポンチョ


低温や雨風に強いEVA素材で作られたポンチョ型のレインコートです。薄くて軽いですが、しっかりと雨水をはじいてくれます。小物などを収納できるちいさなポケットもついているので、便利です。
詳しくはコチラ

梅雨のシーズンにぴったり!レインポンチョ


ポリエステルを100%使用して作られた、丈夫で水に強い商品です。雨風をしっかりと防いでくれるため、梅雨の時期などの、防寒対策におすすめです。フード部分が透明になっているため、雨の日でも安全です。ミニーマウスのキャラクターが描かれているため、可愛いとママ達から人気です。
詳しくはコチラ

通園や通学に大人気!Petit Angelina(プチアンジェリーナ)のポンチョ


雲や花柄、蝶々など小さな子供が好きな絵柄をモチーフにして作られた、子供向けポンチョです。フードにはゴムが入っているため、調節可能です。比較的小さい年齢からも着用可能なサイズなので、出産祝いなどでのプレゼントとしてもおすすめです。
詳しくはコチラ

友だち追加

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcomonaOfficialをフォローしよう!