• HOME
  • トップ
  • グッズ
  • コスパが良く節約になる暖房の選び方とは?冬におすすめタイプ別暖房器具比較

コスパが良く節約になる暖房の選び方とは?冬におすすめタイプ別暖房器具比較

暖房器具なにを使っていますか?


出典: 写真AC

寒さも本格的になって、すでに暖房器具は必須になってきましたね!

いろんな暖房器具がある中でみなさんはどのタイプの暖房器具を使っていますか?
電気代や、実用性面など様々な面からそれぞれの暖房器具を比較してみたいと思います!

よく使われている暖房器具は?

今回比較したいお子様のいるご家庭でよく使われている暖房器具をそれぞれどんな特徴があるのかご紹介したいと思います。

エアコン、ファンヒーター


出典: 写真AC

まずはエアコンです。ほとんどのご家庭に設置されているのではないでしょうか?

夏はクーラーとして使え、冬は暖房。1つで済むので便利でこちらのみという家庭も多いかもしれません。

ファンヒーターも羽なしのものやセラミックファンヒーターでは加湿の機能つきのものもありますよね!

特徴として、リビングなどの広い場所を暖めるのに適しています。空間全体を温風循環で暖めてくれますが、暖まるまでに時間がかかります。

オイルヒーター


出典: 写真AC

オイルヒーター。
薄型で場所を取らないことや、表面が熱くならないタイプもあることから、こちらもお子様のいる家庭では人気の暖房器具です。

本体の放熱によって起きる、空気の自然対流で暖めるので、強い温風を吹き出さないず乾燥を避ける事ができます。
空間全体を長時間暖めたい場合に向いていますが、暖まるまでに時間がかかります。

ホットカーペット


出典: 写真AC

こちらも使っている方が多いのではないでしょうか?ホットカーペットはお部屋の中で暖めたいところがほぼ決まっている場合に向いています。

メイン暖房をつけるまでもないけれど手足が寒い、もしくはメイン暖房の設定温度を下げて節約したい場合に向いています。

机の下にホットカーペットを敷いて、毛布をかけたりすればこたつがわりにもなり足がポカポカ。

それぞれの暖房器具の電気代はどれくらい?

先ほど紹介した暖房器具の中で電気代を抑えられるものは何でしょうか?
それぞれの電気代を比較します!

電気代比較


出典: 写真AC

(下記比較は、1kWhあたりの電力量料金を27円
8畳の部屋向けの機種とします。設定温度や強弱により変動あり)

  • エアコン▶︎2.8円〜39.9円/1時間
  • セラミックファンヒーター▶︎32.4円/時間
  • オイルヒーター▶︎12.7円/1時間
  • ホットカーペット▶︎約9.0円/1時間

このことから、ホットカーペットが一番電気代を抑えられることがわかります。またエアコンも温度設定により電力を抑えることができるので、上手に合わせて使うといいかもしれません。

用途によって使い分け


出典: 写真AC

寒いからといって、あらゆる暖房器具をとりあえず付けておくのではなく、お家の使いたい場所や、使いたい時に合わせて効率よく使い分けるのも節電対策になります。

たとえば、エアコンをつけるときもエアコンの温度は低めに空気を循環させる程度にしておいて、ホットカーペットやこたつなどで足元などは温めると
エアコンを高温度でフル稼働させるよりも電気代は抑えられ、効率よくお部屋を温めることができます。

オススメの暖房器具

省エネができたり、お値段がリーズナブルな暖房器具をいくつかご紹介ししたいと思います。

安く買いたい揃えたいならセラミックファンヒータ

見た目もオシャレなこちらのセラミックファンヒーターは4990円ととってもリーズナブル!

大きさもちょうどよく、持ち運びにも便利などでキッチンでの足元やリビングの机の下など温めたい場所に持ち運び可能。
部屋全体を暖めるほどではないときや、手足が冷える時に便利!

節電したいならホットカーペット

ホットカーペットはもともとの消費電力が少なく経済的!暖める場所を選べる機能が付いているものや、タイマー機能があるものがあればよりいいですよね。

こちらのホットカーペットも、暖める場所を切り替えられたり、自動off機能付き。節電モードで暖める強さを変えれたり、室温センサーも付いていて暖めすぎるということもありません。

つけっぱなし派には省エネ機能付きエアコン

エアコンなら日立の白くまくんがおすすめです!こちらは省エネ5つ星の節電ばっちりのエアコンです!

こまめな温度設定が面倒だったり、つけたままが多い方は省エネ機能付がおすすめです!
暖め機能はもちろんのこと、エアコン内部のクリーンシステムもばっちり!

賢く選んで節電も。


写真AC

寒い冬は暖房器具なしでは超えられませんが、やはり電気代もかさみますよね。

しかし、ご紹介したように上手に使い分けたり、消費電力の少ないものを見つけて使えば節電もできます!
ぜひ参考にしてみてくださいね♡

mame53*
mame53*comonaライター
もうすぐ1歳の男の子のママです♡ カメラ、ハンドメイド、カフェ巡り、かわいいモノ、おしゃれなモノがだいすきです*いろんなジャンルの"かわいい"や"おしゃれ"な情報をお届けできればと思います♡

ピックアップ記事